一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)世界的な定期予防接種率、2013年

MMWR抄訳

rss

2014/11/21Vol. 63 / No. 46

MMWR63(46):1055-1058
Global Routine Vaccination Coverage, 2013

世界的な定期予防接種率、2013年

1974年にWHOは、すべての子供たちが通常推奨されるワクチン接種を受けることを確実にするために予防接種拡大計画を設立した。それ以降、4つの主要なワクチン、すなわち結核予防のためのBCGワクチン、ジフテリア・破傷風・百日咳ワクチン(DTP)、ポリオワクチン、麻疹ワクチンの世界的な接種率は<5%から≧84%に上昇し、追加のワクチンが推奨スケジュールに追加された。生後12カ月までの3回のDTPワクチン(DTP3)の接種率は予防接種実行の主要な指標であり、2013年では84%と推定され、地域ごとでは75%(WHOアフリカ地域)~96%(西太平およびヨーロッパ地域)であった。約2180万人の子供が3回の接種を完遂しておらず、1220万人(56%)は初回の接種を受けていなかった。BCGワクチン、3回のポリオワクチン、初回の麻疹ワクチンの接種率は、各90%、84%、84%であった。2013年中の国内DTP3接種率はWHO加盟国194カ国のうち、129カ国で≧90%を達成し、≧80%:56カ国、80~89%:31か国、70~79%:16か国、<70%:18カ国であった。また、3DTPを受けていない2180万人の子供のうち、50%はインド(31%)、ナイジェリア(13%)、パキスタン(6%)に住んでいた。国家的な予防接種プログラムに導入される追加のワクチンは増加しており、2013年末までで、B型肝炎ワクチンは183か国(94%)で定期予防接種導入されており、93カ国(58%)では生後24時間以内に投与された。世界的な3回のB型肝炎ワクチン接種率は、81%で、地域ごとでは74%(南東アジア地域)~92%(西太平洋地域)であった。風疹ワクチンの定期予防接種への導入は137カ国(71%)で、世界的な接種率は44%と推定された。2013年までで3回のB型インフルエンザワクチンは189か国(97%)で導入され、世界的な接種率は52%、地域ごとでは18%(西太平洋地域)~90%(アメリカ地域)であった。ロタウイルスワクチンおよび肺炎球菌ワクチンはそれぞれ52カ国(27%)および103カ国(53%)で導入され、世界的な接種率は各14%、25%であった。麻疹含有ワクチンの2回の定期接種(MCV2)は、2013年までに148カ国(76%)に導入され、世界的な接種率は、2歳末までは35%、年長のグループを含めた場合は53%であった。予防接種事業へのアクセスおよび利用の公平性の改善は、すべての子供たちがワクチン接種により予防可能な疾患から保護されることを確実にするのに役立つと考えられる。

References

  • Bland J, Clements J. Protecting the world’s children: the story of WHO’s immunization programme. World Health Forum 1998;19:162–73.
  • CDC. Global routine vaccination coverage, 2010. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2011;60:1520–2.
  • Burton A, Monasch R, Lautenbach B, et al. WHO and UNICEF estimates of national infant immunization coverage: methods and processes. Bull World Health Organ 2009;87:535–41.
  • Burton A, Kowalski R, Gacic-Dobo M, Karimov R, Brown D. A formal representation of the WHO and UNICEF estimates of national immunization coverage: a computational logic approach. PLoS One 2012;7:e47806.
  • World Health Organization. WHO/UNICEF coverage estimates. Available at <http://www.who.int/immunization/monitoring_surveillance/en>.
  • United Nations Children’s Fund. Statistics by topic (child health/ immunization). Available at <http://data.unicef.org/child-health/immunization>.
  • World Health Organization and United Nations Children’s Fund. WHO/ UNICEF global and regional immunization profile. Available at <http://www.who.int/immunization/monitoring_surveillance/data/gs_gloprofile.pdf?ua=1>.
  • Bejon P1, Lusingu J, Olotu A, et al. Efficacy of RTS,S/AS01E vaccine against malaria in children 5 to 17 months of age. N Engl J Med 2008;359:2521–32.
  • Metcalf CJE, Tatem A, Bjornstad ON, et al. Transport networks and inequities in vaccination: remoteness shapes measles vaccine coverage and prospects for elimination across Africa. Epidemiol Infect 2014; August 14 [Epub ahead of print].

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ