一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)新規に糖尿病と診断された民間保険加入者における糖尿・・・

MMWR抄訳

rss

2014/11/21Vol. 63 / No. 46

MMWR63(46):1045-1049
Diabetes Self-Management Education and Training Among Privately Insured Persons with Newly Diagnosed Diabetes — United States, 2011–2012

新規に糖尿病と診断された民間保険加入者における糖尿病セルフマネジメント教育およびトレーニング ― アメリカ、2011~2012年

糖尿病は疾患管理に患者の積極的な関与が必要な複雑な慢性疾患である。糖尿病セルフマネジメント教育およびトレーニング(DSMT)は、前糖尿病および糖尿病のセルフケアに必要な知識、技術、能力を得るために行うプロセスで、総合的な糖尿病治療の重要な要素であり、疾患管理のために必須の介入である。多くの場合、DSMTのカリキュラムには、糖尿病の経過と治療選択枝、健康的なライフスタイル、血糖値のモニタリング、糖尿病合併症の予防、発見、治療、意思決定のための個別の戦略の形成が含まれている。アメリカ糖尿病協会は、最初に糖尿病と診断された時が最も介入を受け入れやすいため、新規に糖尿病と診断された患者にDSMTを提供することを推奨しているが、DSMTに参加した患者の割合は明らかではない。このため、CDCはMarketscanの民間保険データを使用し、2009~2012年に新規に糖尿病と診断され、1年以内にDSMTに参加した成人の被保険者(18~64歳)の割合を、保険請求データを基に推定した。新規に糖尿病と診断されたのは95,555人で、このうち、25.6%は抗糖尿病薬が処方されておらず、6.8%はインスリンを処方されていた。2011~2012年では、診断から1年以内にDSMTに参加した新規の糖尿病患者は6.8%であった。DSMTの調整された参加率は、高齢者(45~64歳、7.2%)、血糖コントロールためのインスリンが処方された人(14.2%)、診療ごとの個別支払いプランの加入者(7.0%)、大都市統計圏居住者(7.1%)、中北部居住者(9.2%)のグループで他のグループと比べ有意に上昇した。各サブグループのDSMTの調整された参加率は5.1~14.2%であった。これらのデータは、推奨されたガイドラインと実際の診療の間に大きな乖離があることを示唆している。新規に糖尿病に診断された患者のDSMT参加率を増加させるために、個人レベルの介入とともに、DSMTへのアクセスの改善のような健康システムレベルの介入が必要である。

References

  • American Diabetes Association. Standards of medical care in diabetes—2014. Diabetes Care 2014;37(Suppl 1):S14–S80.
  • Haas L, Maryniuk M, Beck J, et al. National standards for diabetes self-management education and support. Diabetes Care 2013;36(Suppl 1):S100–S108.
  • Beeney LJ, Bakry AA, Dunn SM. Patient psychological and information needs when the diagnosis is diabetes. Patient Educ Couns 1996;29:109–16.
  • Norris SL, Lau J, Smith SJ, Schmid CH, Engelgau MM. Self-Management education for adults with type 2 diabetes: a meta-analysis of the effect on glycemic control. Diabetes care 2002;25:1159–71.
  • Rachmani R, Slavacheski I, Berla M, Frommer-Shapira R, Ravid M. Treatment of high-risk patients with diabetes: motivation and teaching intervention: a randomized, prospective 8-year follow-up study. J Am Soc Nephrol 2005;16(Suppl 1):S22–S26.
  • Duncan I, Birkmeyer C, Coughlin S, Li QE, Sherr D, Boren S. Assessing the value of diabetes education. Diabetes Educ 2009;35:752–60.
  • CDC. Age-adjusted percentage of adults aged 18 years or older with diagnosed diabetes ever attending a diabetes self-management class, United States, 2000–2010. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services; 2014 . Available at <http://www.cdc.gov/diabetes/statistics/preventive/fy_class.htm>.
  • Maine Center for Disease Control and Prevention. Diabetes self-management education barrier study. Augusta, ME: Maine Department of Health and Human Services; 2006. Available at <https://www.maine.gov/dhhs/mecdc/phdata/non-dhp-pdf-doc/diabetes-self-managment-education-barrier-study-september-.pdf>.
  • Carpenter DM, Fisher EB, Greene SB. Shortcomings in public and private insurance coverage of diabetes self-management education and support. Popul Health Manag 2012;15:144–8.
  • Saydah SH, Geiss LS, Tierney ED, Benjamin SM, Engelgau M, Brancati F. Review of the performance of methods to identify diabetes cases among vital statistics, administrative, and survey data. Ann Epidemiol 2004;14:507–16.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ