一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)ミドルおよびハイスクールの生徒の喫煙 ― アメリカ・・・

MMWR抄訳

rss

2014/11/14Vol. 63 / No. 45

MMWR63(45):1021-1026
Tobacco Use Among Middle and High School Students — United States, 2013

ミドルおよびハイスクールの生徒の喫煙 ― アメリカ、2013年

アメリカでは若者における紙巻たばこの喫煙率は低下しているが、他のタバコ製品の使用は増加しており、喫煙者の約半数は2種類以上のタバコ製品を使用している。今回、CDCは2013 National Youth Tobacco Surveyデータからミドルスクール(6~8年生)およびハイスクール(9~12年生)におけるタバコ製品の使用状況について分析した(分析対象:187校、18,406名)。2013年におけるハイスクール生の現喫煙率(30日以内に1日以上タバコ製品を使用)は22.9%(12.6%は2種類以上を使用)であり、製品別では紙巻たばこ:12.7%、葉巻:11.9%、無煙たばこ:5.7%、水たばこ:5.2%、電子たばこ:4.5%、パイプたばこ:4.1%、スヌース:1.8%、クレテック:0.8%、ビディ:0.6%、溶解性たばこ:0.4%の順であった。男女別では男性:27.2%、女性:18.5%、人種/民族別では非ヒスパニック系白人:24.0%、ヒスパニック系:23.9%、非ヒスパニック系黒人:21.0%、その他:14.8%であった。また、喫煙歴のあるハイスクール生は46.0%(31.4%は2種類以上)であり、紙巻たばこ:34.7%、葉巻:30.5%、水たばこ:14.3%、無煙たばこ:13.4%、電子たばこ:11.9%が多かった。ミドルスクール生の現喫煙率は6.5%(2.9%は2種類以上を使用)であり、葉巻:3.1%、紙巻たばこ:2.9%、パイプたばこ:1.9%、無煙たばこ:1.4%、電子たばこ、水たばこ:各1.1%の順であり、喫煙歴は17.7%(9.4%は2種類以上)、紙巻たばこ:12.7%、葉巻:8.9%、パイプたばこ:4.1%、無煙たばこ:3.6%、電子たばこ、水たばこ:各3.0%の順であった。製品を可燃性(紙巻たばこ、葉巻、パイプたばこ、ビディ、クレテック、水たばこ)、非可燃性(無煙たばこ、スヌース、溶解性たばこ)および電子たばこに分けた場合、ハイスクール生では可燃性:20.7%(可燃性のみ:13.5%、可燃性+非可燃性:3.4%、可燃性+電子たばこ:2.7%、可燃性+非可燃性+電子たばこ:1.1%)、ミドルスクール生では可燃性:5.4%(可燃性のみ:4.0%、可燃性+非可燃性:0.8%、可燃性+電子たばこ:0.4%、可燃性+非可燃性+電子たばこ:0.2%)であり、電子たばこのみはハイスクール:0.6%、ミドルスクール:0.4%と少なかった。

References

  • US Department of Health and Human Services. The health consequences of smoking—50 years of progress. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. Available at <http://www.cdc.gov/tobacco/data_statistics/sgr/50th-anniversary/index.htm>.
  • US Department of Health and Human Services. Preventing tobacco use among youth and young adults. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2012. Available at <http://www.cdc.gov/tobacco/data_statistics/sgr/2012/index.htm>.
  • CDC. Electronic cigarette use among middle and high school students—United States, 2011–2012. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2013;62:729–30.
  • Arrazola RA, Kuiper NM, Dube SR. Patterns of current use of tobacco products among U.S. high school students for 2000-2012: findings from the National Youth Tobacco Survey. J Adolesc Health 2014;54:54–60.e9.
  • CDC. Key outcome indicators for evaluating comprehensive tobacco control programs. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2005. Available at <http://www.cdc.gov/tobacco/tobacco_control_programs/surveillance_evaluation/key_outcome>.
  • Family Smoking Prevention and Tobacco Control Act, Pub. L. No. 111- 31, H.R. 1256 (2009). Available at <http://www.gpo.gov/fdsys/pkg/PLAW-111publ31/html/PLAW-111publ31.htm>.
  • Cobb CO, Weaver MF, Eissenberg T. Evaluating the acute effects of oral, non-combustible potential reduced exposure products marketed to smokers. Tob Control 2010;19:367–73.
  • Apelberg BJ, Corey CG, Hoffman AC, et al. Symptoms of tobacco dependence among middle and high school tobacco users: results from the 2012 National Youth Tobacco Survey. Am J Prev Med 2014;47(2 Suppl 1):S4–14.
  • Food and Drug Administration. Deeming tobacco products to be subject to the federal Food, Drug, and Cosmetic Act, as amended by the Family Smoking Prevention and Tobacco Control Act; regulations on the sale and distribution of tobacco products and required warning statements for tobacco products. Fed Regist 2014;79(80). Available at <http://www.gpo.gov/fdsys/pkg/FR-2014-04-25/pdf/2014-09491.pdf>.
  • CDC. Best practices for comprehensive tobacco control programs, 2014. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. Available at <http://www.cdc.gov/tobacco/stateandcommunity/best_practices/index.htm>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ