一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)バイタルサイン:子宮頸がんの発症率、死亡率、スクリ・・・

MMWR抄訳

rss

2014/11/07Vol. 63 / No. 44

MMWR63(44):1004-1009
Vital Signs: Cervical Cancer Incidence, Mortality, and Screening — United States, 2007–2012

バイタルサイン:子宮頸がんの発症率、死亡率、スクリーニング検査 ― アメリカ、2007~2012年

子宮頸がんのスクリーニング検査はがん予防において多大な貢献をしているが、いまだに一部の女性では子宮頸がんを発症し、それにより死亡している。そのため、子宮頸がんの発症率、死亡率、現在のスクリーニング検査率、高発症率と死亡率に関連する因子、不適切なスクリーニング検査について、最近の動向を調査した。2012年のBehavioral Risk Factor Surveillance System survey(BRFSS)において、女性の回答者に「(子宮頸がん発見のための)Papテストをしたことがあるか?」および「最近実施したのはいつか?」を質問し、過去5年間に子宮頸がんのスクリーニング検査を受けていない女性の割合を推定した。United States Cancer StatisticsおよびNational Center for Health Statisticsからデータを使用し、2011年の州別の子宮頸がん発症率および死亡率を算出した。2007~2011年の発症率と死亡率および年間のパーセンテージ変化を、州および国勢調査地域により算出した。2012年のBRFSS調査では、非子宮摘出の21~65歳の女性133,851人がPap試験に関して回答し、アメリカの女性70,462,535人に該当するものとした。7000万人中、820万人(11.4%) が過去5年間にスクリーニング検査を受けていないと推定され、年代別では23~29歳(13.4%)および60~65歳(12.6%)、人種/民族ではアジア/太平洋諸島系(19.7%)およびアメリカ先住民/アラスカ先住民(16.5%) の割合が多かった。また、スクリーニング検査を受けていない割合は、健康保険非加入者(23.1%)およびかかりつけの医療機関のない場合(25.5%) で多かった。2007~2011年に国内で子宮頸がんを認めたのは62,150例、年齢で調整した発症率は全体で低下し(1年あたり1.9%)、アリゾナ州、カリフォルニア州、ジョージア州、ニューヨーク州、ロードアイランド州では最大で年間9.9%低下した。同時期の子宮頸がんによる死亡は19,969人で、全体の年齢で調整した死亡率に変化はなかったが、ノースカロライナ州とバージニア州では有意に減少していた。他の地域と比較して、南部では発症率(人口10万人あたり8.5)、死亡率(人口10万人あたり2.7)、スクリーニング検査を受けていない割合(12.3%)が多かった。公衆衛生機関は女性のスクリーニング検査の利用しやすさを拡大し、異常ありの結果には経過観察を適時にすることが重要である。

References

  • Moyer VA. Screening for cervical cancer: U.S. Preventive Services Task Force recommendation statement. Ann Intern Med 2012;156:880–91.
  • Howlader N, Noone AM, Krapcho M, et al, eds. SEER cancer statistics review, 1975–2011. Bethesda, MD: National Cancer Institute; 2013. Available at <http://seer.cancer.gov/csr/1975_2011>.
  • Saslow D, Solomon D, Lawson HW, et al. American Cancer Society, American Society for Colposcopy and Cervical Pathology, and American Society for Clinical Pathology screening guidelines for the prevention and early detection of cervical cancer. Am J Clin Pathol 2012;137:516–42.
  • Freeman HP, Wingrove BK. Excess cervical cancer mortality: a marker for low access to health care in poor communities. Rockville, MD: National Cancer Institute, Center to Reduce Cancer Health Disparities; 2005.
  • Leyden WA, Manos MM, Geiger AM, et al. Cervical cancer in women with comprehensive health care access: attributable factors in the screening process. J Natl Cancer Inst 2005;97:675–83.
  • Brown ML, Klabunde CN, Cronin KA, White MC, Richardson LC, McNeel TS. Challenges in meeting healthy people 2020 objectives for cancer-related preventive services, NHIS, 2008–2010. Prev Chronic Dis 2014;11:130174.
  • CDC. Methodologic changes in the Behavioral Risk Factor Surveillance System in 2011 and potential effects on prevalence estimates. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2012;61:410–3.
  • Tiwari RC, Clegg LX, Zou Z. Efficient interval estimation of age-adjusted cancer rates. Stat Methods Med Res 2006;15:547–69.
  • Benard VB, Watson M, Castle P, Saraiya M. Cervical carcinoma rates among young females in the United States. Obstet Gynecol 2012;120:1117–23.
  • Horner MJ, Alterkruse SF, Zou J, Wideroff L, Katki HA, Stinchomb DG. US geographic distribution of pre-vaccine era cervical cancer screening, incidence, stage, and mortality. Cancer Epidemiol Biomarkers Prev 2011;20:591–9.
  • Watson M, Saraiya M, Benard V, et al. Burden of cervical cancer in the United States, 1998–2003. Cancer 2008;113(Suppl):2855–64.
  • US Department of Health and Human Services Coverage of certain preventive services under the Affordable Care Act: final rules. 45 CFR Parts 147 and 156. July 19, 2010. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2010.
  • Scarinci IC, Garcia FAR, Kobetz E, et al. Cervical cancer prevention: new tools and old barriers. Cancer 2010;116:2531–42.
  • Markowitz LE, Dunne EF, Saraiya M, et al. Human papillomavirus vaccination: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices. MMWR Morb Mortal Recomm Rep 2014;63(No. RR-5).
  • Elam-Evans LD, Yankey D, Jeyarajah J, et al. National, regional, state, and selected local area vaccination coverage among adolescents aged 13–17 years—United States, 2013. MMWR Morb Mortal Wkly Rep 2014;63:625–33.
  • Goldhaber-Fiebert JD, Stout NK, Salomon JA, Kuntz KM, Goldie SJ. Cost-effectiveness of cervical cancer screening with human papillomavirus DNA testing and HPV-16, 18 vaccination. J Natl Cancer Inst 2008;100:308–20.
  • Rositch AF, Nowak RG, Gravitt PE. Increased age and race-specific incidence of cervical cancer after correction for hysterectomy prevalence in the United States from 2000 to 2009. Cancer. 2014;120:2032–8.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ