一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)肺炎球菌結合型ワクチン使用に関連した2歳未満児の肺・・・

MMWR抄訳

rss

2014/11/07Vol. 63 / No. 44

MMWR63(44):995-998
Declines in Pneumonia Hospitalizations of Children Aged <2 Years Associated with the Use of Pneumococcal Conjugate Vaccines — Tennessee, 1998–2012

肺炎球菌結合型ワクチン使用に関連した2歳未満児の肺炎による入院の減少 ― テネシー州、1998~2012年

アメリカでは2000年に7価肺炎球菌結合型ワクチン(PCV7)が小児の定期予防接種に追加されて以降、2歳未満の幼児の肺炎は2009年までに43%減少した。2010年にはPCV7に替わり、新しく13価肺炎球菌結合型ワクチン(PCV13)が導入された。PCV13導入以降の2歳未満児の肺炎による入院の変化について、1998~2012年のテネシー州の入院データを用いて検証した。予防接種の状況により、1998年1月~1999年12月をpre-PCV期、2001年1月~2009年6月をPCV7期、2010年7月~2012年12月をPCV13期とした。2歳未満児の肺炎による入院は、pre-PCV期には年間2,000例を超えていたが、2010~2012年は1,000例未満となった。月別の入院率は冬季に上昇する季節性のパターンをとりつつPCV7導入後から低下した。小児1,000人あたりの肺炎による入院は、pre-PCV期の14.5例からPCV13期の4.1例と、PCVの導入により72%減少した。PCV7期からPCV13期は27%低下し、小児1,000人あたり1.5例の減少となった。肺炎の原因を肺炎球菌とコードした症例数も83%減少した。以上により、テネシー州における2011年および2012年の2歳未満児の肺炎による入院は年間1,300例、PCV導入後の12年で計約11,000例が予防されたと推計され、PCVプログラムの有効性が示された。また、肺炎による入院の減少は主に肺炎球菌性肺炎の減少を表していると考えられるため、小児の肺炎の現在の原因および肺炎マネジメントについては再評価が必要であることが示唆された。

References

  • Griffin MR, Zhu Y, Moore MR, Whitney CG, Grijalva CG. U.S. hospitalizations for pneumonia after a decade of pneumococcal vaccination. N Engl J Med 2013;369:155–63.
  • Bartlett JG. Diagnostic tests for agents of community-acquired pneumonia. Clin Infect Dis 2011;52(Suppl 4):S296–S304
  • Pelton SI, Hammerschlag MR. Overcoming current obstacles in the management of bacterial community-acquired pneumonia in ambulatory children. Clin Pediatr (Phila) 2005;44:1–17.
  • Hansen J, Black S, Shinefield H, et al. Effectiveness of heptavalent pneumococcal conjugate vaccine in children younger than 5 years of age for prevention of pneumonia: updated analysis using World Health Organization standardized interpretation of chest radiographs. Pediatr Infect Dis J 2006;25:779–81.
  • Grijalva CG, Nuorti JP, Arbogast PG, Martin SW, Edwards KM, Griffin MR. Decline in pneumonia admissions after routine childhood immunisation with pneumococcal conjugate vaccine in the USA: a time-series analysis. Lancet 2007;369:1179–86.
  • Grijalva CG, Griffin MR. Population-based impact of routine infant immunization with pneumococcal conjugate vaccine in the USA. Expert Rev Vaccines 2008;7:83–95.
  • Jardine A, Menzies RI, McIntyre PB. Reduction in hospitalizations for pneumonia associated with the introduction of a pneumococcal conjugate vaccination schedule without a booster dose in Australia. Pediatr Infect Dis J 2010;29:607–12.
  • Weinberger DM1, Givon-Lavi N, Shemer-Avni Y, et al. Influence of pneumococcal vaccines and respiratory syncytial virus on alveolar pneumonia, Israel. Emerg Infect Dis 2013;19:1084–91.
  • Koshy E, Murray J, Bottle A, Sharland M, Saxena S. Impact of the seven-valent pneumococcal conjugate vaccination (PCV7) programme on childhood hospital admissions for bacterial pneumonia and empyema in England: national time-trends study, 1997–2008. Thorax 2010;65:770–4.
  • Simonsen L, Taylor RJ, Schuck-Paim C, Lustig R, Haber M, Klugman KP. Effect of 13-valent pneumococcal conjugate vaccine on admissions to hospital 2 years after its introduction in the USA: a time series analysis. Lancet Respir Med 2014;2:387–94.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ