一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)小児てんかんにおける早期死亡 ― サウスカロライナ・・・

MMWR抄訳

rss

2014/11/07Vol. 63 / No. 44

MMWR63(44):989-994
Premature Deaths Among Children with Epilepsy — South Carolina, 2000–2011

小児てんかんにおける早期死亡 ― サウスカロライナ州、2000~2011年

てんかんは小児に多くみられる神経性疾患であり、2007年、アメリカでは0~17歳のてんかん症例はおよそ45万人であった。小児てんかん症例における早期死亡リスクについて、サウスカロライナ州における入院、救急外来受診、病院提携の外来クリニック、死因の各データから分析した。2000~2011年、てんかんを認めた0~18歳の計13,099例を38カ月間(中央値)追跡調査した。死亡例447例(3.4%)の追跡期間中央値は17カ月であった。死亡率(1,000人/年あたり)は8.8であり、年間死亡リスクは同年齢の非てんかん小児が0.22%であるのに対し、てんかん小児は0.84%であった。死亡例の原死因は発達障害(先天性奇形、染色体異常、知的障害、脳性麻痺) および心循環器疾患が併せて30%と多く、次いで故意でない災害による外傷が11%であった。てんかん発作重責状態等のてんかん特異的死因による死亡例は約8%であった。てんかん児のうち死亡例と非死亡例で診断時年齢、性別、人種/民族、居住地に相違は認められなかった。一方、非ヒスパニック系黒人は州人口の29.0%であるが、小児てんかん例では38.0%、死亡例の41.4%を占めた。また、死亡はメディケア加入者(死亡例8.7% vs 非死亡例3.1%)に多く、医療保険未加入者(同5.8% vs 12.2%)に少なかった。死亡率は、非ヒスパニック系白人では6~12歳の5.7と比較し0~5歳が9.8と有意に高く、非ヒスパニック系黒人では0~5歳の7.4と比較し13~18歳が12.4と有意に高かった。年齢補正後の年間死亡率は検出率の上昇に伴い、2000~2008年にかけ増加しているが、2008年から減少に転じた。減少の理由については今後のデータ解析が必要である。今回、行政データを用いることにより、多数の症例の追跡および詳細な分析が可能となった。小児てんかん、特に合併症を有する症例に対する適時的確な医療および社会サービスの提供によって、早期死亡リスクの低減が可能である。医療および社会サービス提供者、支援者グループらが共同することが小児てんかん症例の転帰改善に重要と考える。

References

  • Russ SA, Larson K, Halfon N. A national profile of childhood epilepsy and seizure disorder. Pediatrics 2012;129:256–64.
  • Pastor PN, Reuben CA, Kobau R, Helmers SL, Lukacs S. Functional difficulties and school limitations of children with epilepsy: findings from the 2009–2010 National Survey of Children with Special Health Care Needs. Disabil Health J 2014 (September 16); Epub ahead of print.
  • Kenney MK, Mann M. Assessing systems of care for US children with epilepsy/seizure disorder. Epilepsy Res Treat 2013 (October 21); Epub ahead of print.
  • Berg AT, Nickels K, Wirrell EC, et al. Mortality risks in new-onset child epilepsy. Pediatrics 2013;132:124–31.
  • Council on Children with Disabilities and Medical Home Implementation Project Advisory Committee. Patient- and family-centered care coordination: a framework for integrating care for children and youth across multiple systems. Pediatrics 2014;133:e1451–60.
  • Berg AT, Baca CB, Loddenkemper T, Vickrey BG, Dlugos D. Priorities in pediatric epilepsy research: improving children’s futures today. Neurology 2013;81:1166–75.
  • American Academy of Pediatrics. The Coordinating Center on Epilepsy. Elk Grove Village, IL: American Academy of Pediatrics; 2014. Available at <http://www.aap.org/en-us/advocacy-and-policy/aap-health-initiatives/coordinating-center-on-epilepsy/pages/default.aspx>.
  • Weis MA, Bradberry C, Carter LP, Ferguson J, Kozareva D. An exploration of human services system contacts prior to suicide in South Carolina: an expansion of the South Carolina Violent Death Reporting System. Inj Prev 2006;12(Suppl 2):ii17–21.
  • Jette N, Reid AY, Quan H, Hill MD, Wiebe S. How accurate is ICD coding for epilepsy? Epilepsia 2010;51:62–9.
  • Morgenstern H, Kleinbaum DG, Kupper LK. Measures of disease incidence used in epidemiologic research. Int J Epidemiol 1980;9:97–104.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ