一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)ハリケーン・サンディ襲来1週間以内に受けた非致死的・・・

MMWR抄訳

rss

2014/10/24Vol. 63 / No. 42

MMWR63(42):950-954
Nonfatal Injuries 1 Week After Hurricane Sandy — New York City Metropolitan Area, October 2012

ハリケーン・サンディ襲来1週間以内に受けた非致死的外傷 ― ニューヨーク都市圏、2012年10月

2012年10月29日、ニューヨーク都市圏の人口密集地域をハリケーン・サンディ(サンディ)が直撃した。浸水域はニューヨーク市(NTC)市内132平方キロにおよび、43名が死亡した。NTC市民のうち2001年9月11日に発生したワールドトレードセンター(WTC)崩壊事件の経験者はWTC Health Registryに登録され、2003~2012年に3回の健康調査を実施している。サンディに関連した外傷とリスク因子の評価のため、NTC Department of Health and Mental HygieneはWTC経験者のうちニューヨーク州、ニュージャージー州、コネチカット州の浸水域および非浸水域の住民を対象に調査を行い、それぞれ2,224名、1,950名から回答を得た。NYCの浸水域では約500軒の住居が破壊され、26,000軒の住居および商業施設で修繕が必要となった。浸水域の回答者のうち42.1%が浸水被害を受け、48.9%はサンディ襲来前後に避難し、19.2%は住居が居住不可あるいは破壊され、10.4%はサンディ襲来1週間以内に何らかの外傷を被った。非浸水域の回答者では各数値は低く、浸水被害は7.6%、避難は13.8%、外傷は3.4%であった。浸水域における外傷受傷者231名では、71.4%が2カ所以上、平均3.1カ所を受傷しており、最も多かったのは腕/手の切傷(116名)、次いで腰部挫傷/捻挫(113名)および脚部切傷(74名)であった。男性では腕/手の切傷が多く(102名)、女性では脚の捻挫が多かった(23名)。受傷者の25.1%は病院や救急外来、医院で治療を受けた。水中を歩行あるいは泳いで避難した避難者の39.3%が受傷した。受傷率は住居の浸水深度と相関があり、浸水が91cm以上の受傷率は避難の有(26.1%)無(25.3%)に関わらず高かった。住居が破壊あるいは浸水被害を受けた人では、住居の片付けあるいは修繕作業中の受傷(166名)が最も多かった。以上より、ハリケーン通過一週間以内の外傷は、避難時と被災住居の片付け、修繕に関連しており、これらの予防に関する公衆衛生情報の発布が必要であることが示唆された。

References

  • NYC Special Initiative for Rebuilding and Resiliency. A stronger, more resilient New York. New York, NY: NYC Special Initiative for Rebuilding and Resiliency, City of New York; 2013. Available at <http://www.nyc.gov/html/sirr/html/report/report.shtml>.
  • Federal Emergency Management Agency Modeling Task Force. FEMA MOTF-Hurricane Sandy impact analysis. Washington, DC: US Department of Homeland Security, Federal Emergency Management; 2014. Available at <http://www.arcgis.com/home/item.html?id=307dd522499d4a44a33d7296a5da5ea0>.
  • Testimony of Caswell F. Holloway, Deputy Mayor for Operations, City of New York, before the Subcommittee on Emergency Management, Intergovernmental Relations, and the District of Columbia of the U.S. Senate Committee on Homeland Security and Governmental Affairs (November 6, 2013). Available at <http://www.hsgac.senate.gov/download/?id=c9ca4629-9a89-481d-a218-34dbbb561bb3>.
  • Gibbs L, Holloway C. NYC Hurricane Sandy after action report: report and recommendations to Mayor Michael R. Bloomberg. New York, NY: City of New York; 2013. Available at <http://www.nyc.gov/html/recovery/downloads/pdf/sandy_aar_5.2.13.pdf>.
  • CDC. Surveillance for illness and injury after Hurricane Katrina—New Orleans, Louisiana, September 8–25, 2005. MMWR 2005;54:1018–21.
  • Miller JA, Gregory KD, Proescholdbell SK. Surveillance of injuries in Eastern North Carolina following Hurricane Irene using emergency department data. N C Med J 2013;74:272–8.
  • Sullivent EE, 3rd, West CA, Noe RS, Thomas KE, Wallace LJ, Leeb RT. Nonfatal injuries following Hurricane Katrina—New Orleans, Louisiana, 2005. J Safety Res 2006;37:213–7.
  • Subaiya S, Moussavi C, Valesquez A, Stillman J. A rapid needs assessment of the Rockaway Peninsula in New York City after Hurricane Sandy and the relationship of socioeconomic status to recovery. Am J Public Health 2014;104:632–8.
  • Faul M, Weller N F, Jones J A. Injuries after Hurricane Katrina among Gulf Coast evacuees sheltered in Houston, Texas. J Emerg Nurs 2011;37:460–8.
  • City of New York. Health department issues safety recommendations for cleaning up homes after Hurricane Sandy [Press release]. New York, NY: City of New York; 2012. Available at <http://www.nyc.gov/html/doh/em/html/pr/pr034-12.shtml>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ