一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)エボラウイルス病のサーベイランスと対応準備 ― ニ・・・

MMWR抄訳

rss

2014/10/17Vol. 63 / No. 41

MMWR63(41):934-936
Surveillance and Preparedness for Ebola Virus Disease — New York City, 2014

エボラウイルス病のサーベイランスと対応準備 ― ニューヨーク市、2014年

2014年7月、エボラウイルス疾患(Ebola)はギニア、リベリア、シエラレオネにて流行が拡大し、空路にてナイジェリアに持ち込まれ、また、2名のアメリカ人医療従事者が西アフリカにてEbolaと診断され、アメリカの病院に搬送された。ニューヨーク市(NYC)は西アフリカからの旅行者や移民が多く、エボラウイルスが持ち込まれる可能性が高い。9月30日にはテキサス州にてエボラ被災国から帰国した男性の感染が確認されているため、NYC保健局(DOHMH)はEbola患者への対処および感染防止対策を地域の病院および医師、非政府組織、市、州および連邦機関とともに準備し、サーベイランスシステムを確立した。CDCの要検査奨励(PUI)基準(症状の発現前21日以内にエボラ被災地域を旅行し、熱が38.5℃を超え、重度の頭痛、筋肉痛、嘔吐、下痢、腹痛または原因不明の出血を伴う)を満たす患者は全てDOHMHに報告、DOHMHは地域病院のPUIまたはEbola確診例の隔離および治療計画を援助、また、CDCのリスク分類に従い、24時間体制で医師または病院からの問い合わせに対応する。十分に対応できない場合は他の病院へ搬送、診断の確定はCDCの検査に基づいて行う。入院の必要がないと判断された場合は自宅で隔離、症状が改善するまで伝染病の専門医が毎日電話でモニタリングを行う。10月6日の時点でDOHMHには88例の照会があり、うち49例(56%)は症状の発現前21日以内に被災地域への渡航歴がなく、28例(32%)は渡航歴はあるが臨床基準を満たしていなかった。11例(12%)はPUI基準を満たすが、全例、ハイリスクまたはローリスク曝露因子がなく、8例がマラリア、1例が腸チフスと診断された。また、9月3日の電子健康警告では発熱を認める患者に関する全ての渡航歴を入手する必要性が強調されている。

References

  • New York City Department of Health and Mental Hygiene. 2014 Alert #22: Evaluating patients for Ebola virus disease in New York City. Available at <https://a816-health29ssl.nyc.gov/sites/nychan/lists/alertupdateadvisorydocuments/nyc%20dohmh%20ebola%20health%20alert__8_11_14%20final.pdf>.
  • New York City Department of Health and Mental Hygiene. 2014 Ebola virus disease evaluation algorithm. Available at <http://www.nyc.gov/html/doh/downloads/pdf/cd/ebola-eval-algorithm.pdf>.
  • CDC. Ebola (Ebola virus disease): signs and symptoms. US Department of Health and Human Services, CDC, 2014. Available at <http://www.cdc.gov/vhf/ebola/symptoms/index.html>.
  • CDC. 2014 Ebola outbreak in West Africa - outbreak distribution map. US Department of Health and Human Services, CDC, 2014. Available at <http://www.cdc.gov/vhf/ebola/outbreaks/2014-west-africa/distribution-map.html>.
  • New York City Department of Health and Mental Hygiene. 2014 Alert #27: Update: Ebola virus disease outbreak in West Africa. Available at <https://a816-health29ssl.nyc.gov/sites/nychan/lists/alertupdateadvisorydocuments/nyc%20dohmh%20ebola%20 health%20alert__9_3_14%20w%20algorithm.pdf>.
  • New York State Department of Health. 2014. Revised NYS NYC laboratory guidelines for handling specimens from cases or suspected cases of Ebola virus disease. Available at <http://www.nyc.gov/html/doh/downloads/pdf/cd/ebola-lab-guidelines.pdf>.
  • CDC. Emerging infectious diseases: detection of notifiable diseases through surveillance for imported plague—New York, September–October 1994. MMWR 1994;43:805–7.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ