一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)HIV感染症と診断されたヒスパニック/ラテン系:C・・・

MMWR抄訳

rss

2014/10/10Vol. 63 / No. 40

MMWR63(40):886-890
Hispanics or Latinos Living with Diagnosed HIV: Progress Along the Continuum of HIV Care — United States, 2010

HIV感染症と診断されたヒスパニック/ラテン系:Continuum of HIV Careに沿った一連のHIVケアの進展― アメリカ、2010年

毎年、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)感染症と診断されるヒスパニック/ラテン系は、非ヒスパニック系白人の約3倍に達する。Continuum of HIV Care Initiativeに沿ってNational HIV/AIDS Strategyの目標[2015年までに、HIV感染症と新規診断されたヒスパニック/ラテン系の医療機関受診率を85%、治療継続率を80%とし、ウイルス抑制率(ウイルス量200copies/mL未満)を20%増とする]を達成するには、このグループにおけるHIVケアレベルおよびウイルス抑制率の向上が必要である。CDCはNational HIV Surveillance Systemの2010年のデータからHIV感染症の新規診断数および治療継続率を、Medical Monitoring Projectのデータから抗レトロウイルス薬(ART)処方率およびウイルス抑制率を解析した。2010年、19管轄区に居住する13歳以上のヒスパニック/ラテン系で新規にHIV感染症と診断された2,992例のうち、2,402例(80.3%)が診断後3カ月以内に医療機関を受診した。2009年末までにHIV感染症の診断を受けた13歳以上のヒスパニック/ラテン系70,213例のうち、2010年末までの治療継続率は54.4%であった。2010年末、アメリカおよびプエルトリコにおける18歳以上のヒスパニック/ラテン系172,536例のうち、ART処方率は44.4%、ウイルス抑制率は36.9%であった。新規受診率、ART処方率およびウイルス抑制率に男女間で相違はなかったが、治療継続率は男性(52.7%)が女性に(59.7%)比べ低かった。ヒスパニック/ラテン系におけるHIV感染経路は、注射薬物使用および男性間性交渉による感染が最も多い。また、注射薬物使用者は新規受診率、治療継続率、ART処方率およびウイルス抑制率のいずれも異性間性交渉または男性間性交渉による感染者と比較して低い。HIV care continuumの各ステップの向上のためには、ヒスパニック/ラテン系の注射薬物使用者に対する重点的な介入が必要であり、具体的にはシリンジ交換プログラムなどのサービスも有効であると考える。

References

  • Office of National AIDS Policy. National HIV/AIDS strategy for the United States. Washington, DC: Office of National AIDS Policy; 2010. Available at <http://aids.gov/federal-resources/national-hiv-aids-strategy/nhas.pdf>.
  • Office of the Press Secretary. Accelerating improvements in HIV prevention and care in the United States through the HIV Care Continuum Initiative. Washington, DC: Office of the Press Secretary, The White House; 2013. Available at <http://www.whitehouse.gov/the-press-office/2013/07/15/fact-sheet-accelerating-improvements-hiv-prevention-and-care-united-stat>.
  • CDC. Diagnoses of HIV infection in the United States and dependent areas, 2011. HIV surveillance report. Vol. 23. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2013. Available at <http://www.cdc.gov/hiv/library/reports/surveillance/2011/surveillance_report_vol_23.html>.
  • CDC. Monitoring selected national HIV prevention and care objectives by using HIV surveillance data: United States and 6 U.S. dependent areas—2011. HIV surveillance supplemental report, 2013. Vol. 18, No. 5. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2013. Available at <http://www.cdc.gov/hiv/pdf/2011_monitoring_hiv_indicators_hssr_final.pdf>.
  • Hall HI, Frazier EL, Rhodes P, et al. Differences in human immunodeficiency virus care and treatment among subpopulations in the United States. JAMA Intern Med 2013;173:1337–44.
  • Gray KM, Cohen SM, Hu X, Li J, Mermin J, Hall HI. Jurisdiction level differences in HIV diagnosis, retention in care, and viral suppression in the United States. J Acquir Immune Defic Syndr 2014;65:129–32.
  • Moore RD. Epidemiology of HIV infection in the United States: implications for linkage to care. Clin Infect Dis 2011;52(Suppl 2):S208–13.
  • CDC. Geographic differences in HIV infection among Hispanics or Latinos–46 states and Puerto Rico, 2010. MMWR 2012;61:805–10.
  • Mugavero MJ, Amico KR, Horn T, Thompson MA. The state of engagement in HIV care in the United States: from cascade to continuum to control. Clin Infect Dis 2013;57:1164–71.
  • CDC. Integrated prevention services for HIV infection, viral hepatitis, sexually transmitted diseases, and tuberculosis for persons who use drugs illicitly: summary guidance from CDC and the U.S. Department of Health and Human Services. MMWR 2012;61(No. RR-5).

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ