一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)アルコールが関与したオピオイド鎮痛薬およびベンゾジ・・・

MMWR抄訳

rss

2014/10/10Vol. 63 / No. 40

MMWR63(40):881-885
Alcohol Involvement in Opioid Pain Reliever and Benzodiazepine Drug Abuse–Related Emergency Department Visits and Drug-Related Deaths — United States, 2010

アルコールが関与したオピオイド鎮痛薬およびベンゾジアゼピン系薬物依存関連の救急外来受診と薬物関連死 ― アメリカ、2010年

近年、オピオイド鎮痛薬(OPR)およびベンゾジアゼピン系薬物の依存症に関連する救急外来(ED)受診件数および薬物関連死亡数は急激に増加している。アルコールの過剰摂取は薬物依存者に共通して見られるが、OPRやベンゾジアゼピンにアルコールを併用摂取すると、中枢神経抑制が増強され、薬物過剰摂取のリスクが増大する。アルコールが関与する薬物関連ED受診および薬物関連死の実態把握と予防策策定のため、FDAおよびCDCはSubstance Abuse and Mental Health Services Administrationが運用するDrug Abuse Warning Networkの2010年データを用いて13州について解析した。2010年、OPR依存症に関連して438,718件、ベンゾジアゼピン系薬物依存症に関連して408,021件のED受診があり、そのうちそれぞれ81,365件(18.5%)、111,165件(27.2%)にアルコールが関与していた。また、OPR関連死3,883件のうち860件(22.1%)、ベンゾジアゼピン関連死1,512件のうち324件(21.4%)にアルコールが関与していた。ED受診率は、OPRおよびアルコール関連で30~44歳(20.6%)および45~54歳(20.0%)が高く、ベンゾジアゼピンおよびアルコール関連では45~54歳(31.1%)が最も高かった。また、男性が女性より高く、OPR関連(22.9% vs 13.5%)、ベンゾジアゼピン関連(30.6% vs 24.1%)であった。アルコールが関与するOPR関連死は40~49歳(25.2%)および50~59歳(25.3%)で高く、ベンゾジアゼピン関連死は60歳以上(27.7%)の年齢層で高かった。関連薬物が一種類の場合のアルコール関与率は、ベンゾジアゼピンがOPRに比較して高く、ED受診率(34.1% vs 13.8%)、薬物関連死(72.1% vs 26.1%)ともにベンゾジアゼピンにおいてアルコールの影響が強く表れた。以上の結果から、OPRおよびベンゾジアゼピン関連のED受診および薬物関連死にアルコールが強く関与していることが明らかになった。アルコールおよびこれらの薬物への依存を低減する介入が必要である。

References

  • Substance Abuse and Mental Health Services Administration, Drug Abuse Warning Network, 2010: national estimates of drug-related emergency department visits. HHS publication no. (SMA) 12-4733, DAWN series D-38. Rockville, MD: Substance Abuse and Mental Health Services Administration, 2012.
  • Jones CM, Mack KA, Paulozzi LJ. Pharmaceutical overdose deaths, United States, 2010. JAMA 2013;309:657–9.
  • Kanny D, Liu Y, Brewer RD, Lu H. Binge drinking—United States, 2011. In: CDC health disparities and inequalities report—United States, 2013. MMWR 2013;62 (Suppl 3):77–80.
  • Substance Abuse and Mental Health Services Administration. Results from the 2012 National Survey on Drug Use and Health: summary of national findings, NSDUH Series H-46, HHS Publication No. (SMA) 13-4795. Rockville, MD: Substance Abuse and Mental Health Services Administration, 2013.
  • Koski A, Ojanperia I, Vuori E. Interaction of alcohol and drugs in fatal poisonings. Hum Exp Toxicol 2003;22:281–7.
  • Substance Abuse and Mental Health Services Administration, Drug Abuse Warning Network, 2010: area profiles of drug-related mortality. HHS publication no. (SMA) 12-4699, DAWN Series D-36. Rockville, MD: Substance Abuse and Mental Health Services Administration, 2012.
  • Hall AJ, Logan JE, Toblin RL, et al. Patterns of abuse among unintentional pharmaceutical overdose fatalities. JAMA 2008;300:2613–20.
  • White AM, Hingson RW, Pan IJ, Yi HY. Hospitalizations for alcohol and drug overdoses in young adults ages 18–24 in the United States, 1999–2008: results from the Nationwide Inpatient Sample. J Stud Alcohol Drugs 2011;72:774–86.
  • McKnight-Eily LR, Liu Y, Brewer RD, et al. Vital signs: communication between health professionals and their patients about alcohol use—44 states and the District of Columbia, 2011. MMWR 2014;63:16–22.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ