一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)メディケイドに登録されている妊婦に対する破傷風、ジ・・・

MMWR抄訳

rss

2014/09/26Vol. 63 / No. 38

MMWR63(38):839-842
Vaccination with Tetanus, Diphtheria, and Acellular Pertussis Vaccine of Pregnant Women Enrolled in Medicaid — Michigan, 2011–2013

メディケイドに登録されている妊婦に対する破傷風、ジフテリア、無細胞百日咳ワクチンの接種 ― ミシガン州、2011~2013年

2011年10月に、Advisory Committee on Immunization Practicesは百日咳から乳児を守るための戦略として、妊娠中の破傷風、ジフテリア、無細胞百日咳ワクチン(Tdap)の定期接種を初めて推奨した。この推奨は過去にTdap未接種の女性が対象で、ワクチン接種の最適な時期は妊娠第2期または第3期(妊娠期間20週後)である。妊婦のワクチン接種により、百日咳に高リスクの乳児は子宮内で母体由来抗体から受動免疫を得ることができる。ミシガン州では、メディケイドが出生の約40%の妊娠費用を負担しているが、メディケイドに登録されている乳児は個人の保険に加入している乳児よりも全原因死亡率が高く、影響を受けやすい集団である。このため、ミシガン州の公的資金を受けた保険プログラムに登録された妊婦間の予防接種率を調査した。2011年11月~2013年2月に出生した乳児の母親について、メディケイドの診療報酬請求および州全体の予防接種情報システムデータを分析した。対象となったのは15,181例(出産時の年齢の中央値:21歳)で、白人は59.3%、黒人は29.6%であった。約65.5%の乳児は満期(39週以上)で出生した。対象集団の半数以上が、中等度(37.6%)または不適切(37.5%)の妊婦健診を受けていた。対象集団のうち、妊娠中にTdap接種を受けたのは14.3%で、人種/民族における接種率は、白人:17.6%、黒人:8.4%、アジア系:11.9%、ネイティブアメリカン:21.9%、ヒスパニック系:15.3%、アラブ系:6.8%であった。出産時の母体の年齢および在胎期間は、Tdap接種の有意な予測因子であったが、妊婦健診の適切さは関連しなかった。すべての乳児が母体の予防接種による百日咳の予防を受けられるように、医師、両親、家族への啓蒙のような努力を強化する必要がある。

References

  • CDC. Updated recommendations for use of tetanus toxoid, reduced diphtheria toxoid and acellular pertussis vaccine (Tdap) in pregnant women and persons who have or anticipate having close contact with an infant aged
  • Gall SA, Myers J, Pichichero M. Maternal immunization with tetanus-diphtheria-pertussis vaccine: effect on maternal and neonatal serum antibody levels. Am J Obstet Gynecol 2011;204:334.e1–e5.
  • Hardy-Fairbanks AJ, Pan SJ, Decker MD, et al. Immune responses in infants whose mothers received Tdap vaccine during pregnancy. Pediatr Infect Dis J 2013;32:1257–60.
  • Healy CM, Rench MA, Baker CJ. Importance of timing of maternal combined tetanus, diphtheria, and acellular pertussis (Tdap) immunization and protection of young infants. Clin Infect Dis 2013;56:539–44.
  • Michigan League for Human Services. Right Start in Michigan and its counties, 2011. Lansing, MI: Michigan League for Human Services; 2011. Available at <http://www.milhs.org/wp-content/uploads/2011/07/RightStartJuly2011.pdf>.
  • CDC. Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP) recommended immunization schedules for persons aged 0 through 18 years and adults aged 19 years and older—United States, 2013. MMWR 2013;62(Suppl 1).
  • Kotelchuck M. An evaluation of the Kessner Adequacy of Prenatal Care Index and a proposed Adequacy of Prenatal Care Utilization Index. Am J Public Health 1994;84:1414–20.
  • Williams WW, Lu P-J, O’Halloran A, et al. Noninfluenza vaccination coverage among adults—United States, 2012. MMWR 2014;63:95–102.
  • CDC. Influenza vaccination coverage among pregnant women—United States, 2012–13 influenza season. MMWR 2013;62:787–92.
  • Kharbanda EO, Parker ED, Nordin JD, Hedblom BD, Rolnick SJ. Influenza and pertussis vaccination coverage among privately insured women of reproductive age. Matern Child Health J 2013;17:1631–7.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ