一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)Chlamydia trachomatis性器感染・・・

MMWR抄訳

rss

2014/09/26Vol. 63 / No. 38

MMWR63(38):834-838
Prevalence of Chlamydia trachomatis Genital Infection Among Persons Aged 14–39 Years — United States, 2007–2012

Chlamydia trachomatis性器感染症の14~39歳における有病率 ― アメリカ、2007~2012年

クラミジア(Chlamydia trachomatis)感染症は、アメリカにおいて最も報告数の多い性感染症である。男性では尿道、女性では尿道および子宮頸部に感染し、骨盤内炎症性疾患を経て不妊症や子宮外妊娠の原因となる可能性がある。性器クラミジア感染症は全数把握疾患であるが、無症候性に経過することが多く、診断、報告数は実数より少ないと考えられる。CDCはNational Health and Nutrition Examination Survey (NHANES)において、問診と尿検査により性器クラミジア感染症を診断し、14~39歳の有病率をモニタリングしている。最新の調査期間である2007~2012年、14~39歳の計8,827名に問診し、8,330名の尿検体を検査した。その結果、1.7%に感染が認められ、全国で約180万人が感染していると推計された。有病率は年齢や人種/民族によって異なり、非ヒスパニック系黒人(5.2%)で最も高く、非ヒスパニック系白人の約7倍であった。性的に活動的な人では、過去1年間の性的パートナーが1名の場合(1.4%)は、複数の場合(3.2%)より有病率が低かった。性的に活動的な14~24歳の女性の有病率は4.7%で、年齢に従い有意に低下し、人種/民族別でも有意差が認められた[非ヒスパニック系黒人(13.5%)、メキシコ系アメリカ人(4.5%)、非ヒスパニック系白人(1.8%)]。性器クラミジア感染症は通常は無症候性のため、U.S. Preventive Services Task Forceは性的に活動的な25歳未満の女性に対して毎年のスクリーニング検査を推奨している。さらにCDCは、肛門性交を行う男性に対しても毎年の検査を推奨している。クラミジアの治療はシンプルかつ効果的であるが、再感染も多く、性的に活動的な人では毎年のスクリーニング検査と正しい治療が重要である。

References

  • Stamm WE. Chlamydia trachomatis infections in the adult. In: Holmes KK, Sparling PF, Stamm WE, et al (eds). Sexually transmitted diseases. 4th edition. New York, NY: McGraw-Hill; 2008:595–606.
  • LeFevre ML. Screening for chlamydia and gonorrhea: U.S. Preventive Services Task Force recommendation statement. Ann Intern Med 2014; September 23 [Epub ahead of print].
  • CDC. Sexually transmitted disease surveillance 2012. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2013. Available at <http://www.cdc.gov/std/stats12/default.htm>.
  • Mohllajee AP, Curtis KM, Martins SL, Peterson HB. Hormonal contraceptive use and risk of sexually transmitted infections: a systematic review. Contraception 2006;73:154–65.
  • Marrazzo JM, Celum CL, Hillis SD, Fine D, DeLisle S, Handsfield HH. Performance and cost-effectiveness of selective screening criteria for Chlamydia trachomatis infection in women. Implications for a national Chlamydia control strategy. Sex Transm Dis 1997;24:131–41.
  • Hoover KW, Leichliter JS, Torrone EA, Loosier PS, Gift TL, Tao G. Chlamydia screening among females aged 15–21 years—multiple data sources, United States, 1999–2010. MMWR 2014;63:80–8.
  • Datta SD, Sternberg M, Johnson RE, et al. Gonorrhea and chlamydia in the United States among persons 14 to 39 years of age, 1999 to 2002. Ann Intern Med 2007;147:89–96.
  • Datta SD, Torrone E, Kruszon-Moran, et al. Chlamydia trachomatis trends in the United States among persons 14 to 39 years of age, 1999–2008. Sex Transm Dis 2012;39:92–6.
  • CDC. Sexually transmitted diseases treatment guidelines, 2010. MMWR 2010;59(No. RR-12).
  • Batteiger BE, Tu W, Ofner S, et al. Repeated Chlamydia trachomatis genital infections in adolescent women. J Infect Dis 2010;201:42–51.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ