一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)妊婦におけるインフルエンザワクチン接種率 ― アメ・・・

MMWR抄訳

rss

2014/09/19Vol. 63 / No. 37

MMWR63(37):816-821
Influenza Vaccination Coverage Among Pregnant Women — United States, 2013–14 Influenza Season

妊婦におけるインフルエンザワクチン接種率 ― アメリカ、2013~2014年インフルエンザシーズン

妊婦および乳児はインフルエンザ関連合併症のリスクが高いため、Advisory Committee on Immunization PracticesおよびAmerican College of Obstetricians and Gynecologistsは2004年から、インフルエンザシーズンに妊娠または妊娠を望む全ての女性に対し、ワクチンの接種を推奨している。今回、CDCは2014年3月31日~4月11日に実施したインターネットパネル調査のデータを分析し、2013~2014年インフルエンザシーズンにおける妊婦のインフルエンザワクチン接種率を推定した。回答者1,619名において52.2%が2013年7月1日以降にワクチンを接種しており(妊娠前:17.6%、妊娠中:34.6%)、2012~2013年シーズン:50.5%と同等、2011~2012年シーズン(46.4%)および2010~2011年シーズン(44.0%)から増加していた。人種別では非ヒスパニック系白人:52.0%、ヒスパニック系:56.7%、非ヒスパニック系および他の人種:61.9%に比べ、非ヒスパニック系黒人にて低く(42.7%)、年齢別では18~24歳:45.6%、25~34歳:56.5%、35~49歳:53.0%であり、大学卒未満の学歴、未婚、医療保険未加入、未就労、貧困層、合併症のリスクの低い状態にて接種率が低い傾向が認められた。医師から接種を推奨され、接種の提案を受けた場合の接種率は70.5%と高く、推奨のみの場合(32.0%)、推奨も提案もない場合(9.7%)は低かった。また、ワクチンの接種を受けた主な理由として、乳児への感染を予防するため(31.1%)、自分自身の感染を予防として(23.3%)、医師から接種を勧められた(14.8%)などが挙げられ、受けなかった理由としては、接種によりインフルエンザに感染するのではないかが心配(16.8%)、接種により乳児にリスクがあるのではないか心配(14.4%)、接種の必要はない(12.2%)などが挙げられた。

References

  • CDC. Prevention and control of influenza with vaccines: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP), United States, 2013–14. MMWR 2013;62(No. RR-07).
  • American Congress of Obstetricians and Gynecologists Committee on Obstetric Practice. ACOG committee opinion no. 468: influenza vaccination during pregnancy. Obstet Gynecol 2010;116:1006–7.
  • CDC. Influenza vaccination coverage among pregnant women—United States, 2012–13 influenza season. MMWR 2013;62:787–92.
  • Ahluwalia IB, Ding H, Harrison L, et al. Disparities in influenza vaccination coverage among women with live born infants, PRAMS surveillance during the 2009–10 influenza season. Public Health Rep 2014;129:408–16.
  • Lu PJ, O’Halloran A, Bryan L, et al. Trends in racial/ethnic disparities in influenza vaccination coverage among adults during the 2007–08 through 2011–12 seasons. Am J Infect Control 2014;42:763–9.
  • Hurley LP, Bridges CB, Harpaz R, et al. U.S. physician’s perspective of adult vaccine delivery. Ann Intern Med 2014;160:161–70.
  • Johnson DR, Nichol KL, Lipczynski K. Barriers to adult immunization. Am J Med 2008;121(7B):S28–S35.
  • CDC. Surveillance of influenza vaccination coverage—United States, 2007–2008 through 2011–12 influenza seasons. MMWR 2013;62(No. SS-04).
  • Panda B, Stiller R, Panda A. Influenza vaccination during pregnancy and factors for lacking compliance with current CDC guidelines. J Matern Fetal Neonatal Med 2011;24:402–6.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ