一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)バイタルサイン:アメリカの学齢児童におけるナトリウ・・・

MMWR抄訳

rss

2014/09/12Vol. 63 / No. 36

MMWR63(36):789-797
Vital Signs: Sodium Intake Among U.S. School-Aged Children — 2009–2010

バイタルサイン:アメリカの学齢児童におけるナトリウム摂取量 ― 2009~2010年

Healthy People 2020では、心臓疾患および脳卒中の主な原因である高血圧の予防を促進するために、平均ナトリウム摂取を1日あたり2,300mgまで減少することを目標としている。今回、アメリカの学齢児童におけるナトリウム摂取に寄与する主な要因を調査するため、2009~2010年のNational Health and Nutrition Examination Surveyの食事摂取部門の「What We Eat in America」の調査を完遂した6~18歳の2,266人のデータを使用し、ナトリウムの平均摂取量、カロリーあたりの摂取量、食品カテゴリーによる摂取割合、食品の入手場所、食事の時間帯別で評価した。その結果、ナトリウムの総摂取量は1日あたり平均3,279mgで、1000kcalあたりでは1,638mgであった。年齢別・性別にみた総摂取量は、14~18歳(3,672mg/日)が6~10歳(2,903mg/日)や11~13歳(3,672mg/日)に比べ、男児が女児に比べて(3,672mg/日 vs 2,672mg/日)有意に高かった。ナトリウムのおよそ43%は10種類の食品カテゴリー:1)ピザ、2)パン、3)冷凍/保存肉、4)スナック菓子、5)サンドウィッチ、6)チーズ、7)鶏肉のパテ/ナゲット/ささ身、8)パスタ料理、9)メキシコ料理(ブリート、タコスなど)、10)スープから摂取されていた。食品の入手場所別によるナトリウム摂取の割合は、食料品店(スーパーマーケット、ディスカウントストアなど):65.1%、ファストフード店/ピザ店:13.0%、給仕人のいるレストラン:4.9%、学校のカフェテリア:9.1%、その他:7.8%であった。14~18歳では、総ナトリウム摂取量の15.5%をファストフード店/ピザ店で摂取しており、6~10歳(10.9%)や11歳~13歳(10.8%)に比べて有意に多かった。調査日に学校給食を食べた児童では、ナトリウム摂取量の26%を学校のカフェテリアにて摂取していた。食事の時間帯別によるナトリウム摂取量は、夕食(39.2%)、昼食(29.5%)、間食(16.4%)、朝食(14.9%)の順に多かった。学齢児童のナトリウム摂取は推奨量をかなり上回っており、新しい国民栄養基準では、学校給食のナトリウム含量を2022年までに25~50%まで減量することが計画されている。児童が学校給食で摂取するナトリウムを考慮すると(他の食事からの置き換えのない場合)、ナトリウム摂取量は全体で75~150mg/日、学校給食を食べる日には約220~440mgの減量が必要だろう。

References

  • Yang Q, Cogswell ME, Flanders WD, et al. Trends in cardiovascular health metrics and associations with all-cause and CVD mortality among US adults. JAMA 2012;307:1273–83.
  • Coxson PG, Cook NR, Joffres M, et al. Mortality benefits from US population-wide reduction in sodium consumption: projections from 3 modeling approaches. Hypertension 2013;61:564–70.
  • Rosner B, Cook NR, Daniels S, Falkner B. Childhood blood pressure trends and risk factors for high blood pressure: the NHANES experience 1988–2008. Hypertension 2013;62:247–54.
  • Allen NB, Siddique J, Wilkins JT, et al. Blood pressure trajectories in early adulthood and subclinical atherosclerosis in middle age. JAMA 2014;311:490–7.
  • Li Z, Snieder H, Harshfield GA, et al. A 15-year longitudinal study on ambulatory blood pressure tracking from childhood to early adulthood. Hypertens Res 2009;32:3404–10.
  • Chen X, Wang Y. Tracking of blood pressure from childhood to adulthood. A systematic review and meta-regression analysis. Circulation 2008;117:3171–80.
  • Aburto N, Ziolkovska A, Hooper L, Elliott P, Cappuccio FP, Meerpohl JJ. Effect of lower sodium intake on health: systematic review and meta-analyses. BMJ 2013; 346:f1326.
  • Mennella JA. Ontogeny of taste preferences: basic biology and implications for health. Am J Clin Nutr 2014;99(Suppl): 704S–11.
  • CDC. Trends in the prevalence of excess dietary sodium intake—United States, 2003–2010. MMWR 2013;62:1021–5.
  • Institute of Medicine. Strategies to reduce sodium intake in the United States. Washington, DC: The National Academies Press; 2010.
  • CDC. Vital signs: food categories contributing the most to sodium consumption—United States, 2007–2008. MMWR 2012;61:92–8.
  • Kakarala M, Keast DR, Hoerr S. Schoolchildren’s consumption of competitive foods and beverages, excluding a la carte. J Sch Health 2010;80:429–35.
  • Briefel RR, Wilson A. Gleason PM. Consumption of low-nutrient, energy-dense foods and beverages at school, home, and other locations among school lunch participants and non-participants. J Am Diet Assoc 2009;109(Suppl 2):S79–80.
  • He FJ, Pombo-Rodrigues S, MacGregor GA. Salt reduction in England from 2003–2011: its relationship to blood pressure, stroke and ischaemic heart disease mortality. BMJ Open 2014:4:e004549.
  • Cummings PL, Welch SB, Mason M, Burbage L, Kwon S, Kuo T. Nutrient content of school meals before and after implementation in five school districts across two U.S. counties. Preventive Medicine 2014;pii: S0091–7435(14)00090-5.
  • Lewington S, Clarke R, Qizibash N, Peto R, Collins R. Prospective studies collaboration. Age-specific relevance of usual blood pressure to vascular mortality: a meta-analysis of individual data for one million adults in 61 prospective studies. Lancet 2002:360:1903–13.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ