一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)研究室職員における致死的な髄膜炎菌性疾患 ― カリ・・・

MMWR抄訳

rss

2014/09/05Vol. 63 / No. 35

MMWR63(35):770-772
Fatal Meningococcal Disease in a Laboratory Worker — California, 2012

研究室職員における致死的な髄膜炎菌性疾患 ― カリフォルニア州、2012年

2012年4月27日夜、カリフォルニア州にて25歳の微生物学者が頭痛、発熱、頸部痛および硬直を発症し、翌朝、勤務先である病院Aの救急外来に搬送された。病院に向かう途中、意識を失い、到着時には点状出血を認め、髄膜炎菌性疾患が疑われた。セフトリアキソンが投与されたが呼吸は停止、到着から約3時間後に死亡が確認された。死亡した患者は病院Aの研究室でNeisseria meningitidisワクチンの研究を行っていたことから、病院Aは患者が死亡した日に地域の保健所とCalifornia Department of Public Health (CDPH)に髄膜炎菌性疾患の可能性があると連絡、翌29日にはCalifornia Division of Occupational Safety and Health (CalOSHA)とOccupational Safety and Health Administration (OSHA)に報告、同時に救急外来および研究室のスタッフに患者との接触、髄膜炎菌性疾患の症状の有無を調査し、研究室は30日には自主的に閉鎖した。調査の結果、救急外来および研究室には感染例はなく、地域の保健所により他に接触が疑われる人に曝露後化学予防が行われた。患者は死亡する前日までN. meningitidis血清型B分離菌の作業を行っており、患者の血液および組織検体から検出されたN. meningitidisは血清型Bであった。CalOSHA、OSHA、CDPHは研究室の査察の結果、N. meningitidisをオープンの作業台で操作するなどの違反が指摘され、作業時の防護用具の装着が推奨された。

References

  • CDC. Laboratory-acquired meningococcal diseaseUnited States, 2000. MMWR 2002;51:141–4.
  • CDC, National Institutes of Health. Biosafety in microbiological and biomedical laboratories. 5th edition. Washington, DC: US Department of Health and Human Services, CDC, National Institutes of Health; 2009. Available at <http://www.cdc.gov/biosafety/publications/bmbl5>.
  • California Division of Occupational Safety and Health. Aerosol transmissible diseases. Title 8 C.C.R. Section 5199 (2009). Available at <http://www.dir.ca.gov/title8/5199.html>.
  • CDC. Prevention and control of meningococcal disease: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices. MMWR 2013;62(No. RR-2).
  • CDC. Epidemiologic notes and reports: laboratory-acquired meningococcemia—California and Massachusetts. MMWR 1991;40: 46–7,55.
  • Boutet R, Stuart JM, Kaczmarski ER, Gray SJ, Jones DM, Andrews N. Risk of laboratory-acquired meningococcal disease. J Hosp Infect 2001;49:282–4.
  • Sejvar JJ, Johnson D, Popovic T, et al. Assessing the risk of laboratory-acquired meningococcal disease. J Clin Microbiol 2005;43:4811–14.
  • CDC. Guidelines for safe work practices in human and animal medical diagnostic laboratories. MMWR 2012;61(Suppl).
  • Kimman TG, Smit E, Klein MR. Evidence-based biosafety: a review of the principles and effectiveness of microbiological containment measures. Clin Microbiol Rev 2008;21:403–25.
  • California Division of Occupational Safety and Health. Respiratory protection. Title 8 C.C.R. Section 5144 (1974). Available at <https://www.dir.ca.gov/title8/5144.html>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ