一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)家庭内禁煙ルールの普及率 ― アメリカ、1992~・・・

MMWR抄訳

rss

2014/09/05Vol. 63 / No. 35

MMWR63(35):765-769
Prevalence of Smokefree Home Rules — United States, 1992–1993 and 2010–2011

家庭内禁煙ルールの普及率 ― アメリカ、1992~1993年および2010~2011年

アメリカにおけるタバコの受動喫煙(SHS)への曝露による死亡者は毎年約41,000名、早期死亡による生産性損失は約56億ドル/年と推定されている。現在、地域や州の法律により全ての屋内公共施設や職場は禁煙となったが、自宅など禁煙法がカバーしない場所ではSHSへの曝露のリスクは継続している。今回、CDCはTobacco Use Supplement to the Current Population Surveyのデータから、家庭内禁煙ルールの増加について分析した。その結果、国内における家庭内禁煙ルールの普及率は1992~1993年:43.0%から2010~2011年:83.0%に有意に増加し、州別では1992~1993年:25.6%(ケンタッキー州)~69.4%(ユタ州)から2010~2011年:69.0%(ウエストバージニア州)~93.6%(ユタ州)に増加していた。成人の喫煙者がいない世帯での普及率は1992~1993年:56.7%から2010~2011年:91.4%と有意に増加し、州別では1992~1993年:39.2%(ケンタッキー州)~82.8%(ユタ州)から2010~2011年:82.9%(ウエストバージニア州)~97.3%(ユタ州)であり、成人の喫煙者がいる世帯では1992~1993年:9.6%から2010~2011年:46.1%に有意に増加、州別では1992~1993年:3.6%(ケンタッキー州)~20.9%(ユタ州)から2010~2011年:27.2%(ウエストバージニア州)~68.4%(ユタ州)に増加していた。以上、家庭内禁煙ルールはこの20年間に増加しており、非喫煙者のSHSへの曝露が減少していることが示唆された。

References

  • US Department of Health and Human Services. The health consequences of involuntary exposure to tobacco smoke: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2006. Available at <http://www.surgeongeneral.gov/library/secondhandsmoke/report/fullreport.pdf>.
  • US Department of Health and Human Services. The health consequences of smoking—50 years of progress: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. Available at <http://www.surgeongeneral.gov/library/reports/50-years-of-progress>.
  • CDC. State Activities Tracking and Evaluation (STATE) System. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. Available at <http://apps.nccd.cdc.gov/statesystem/default/default.aspx>.
  • American Nonsmokers’ Rights Foundation. Chronological table of U.S. population protected by 100% smokefree state or local laws. Available at <http://www.no-smoke.org/pdf/EffectivePopulationList.pdf>.
  • CDC. Vital signs: nonsmokers’ exposure to secondhand smoke—United States, 1999–2008. MMWR 2010;59:1141–6.
  • King BA, Travers MJ, Cummings KM, Mahoney MC, Hyland AJ. Secondhand smoke transfer in multiunit housing. Nicotine Tob Res 2010;12:1133–41.
  • Cheng KW, Okechukwu CA, McMillen R, Glantz SA. Association between clean indoor air laws and voluntary smokefree rules in homes and cars. Tob Control 2013. Epub ahead of print.
  • Spencer N, Blackburn C, Bonas S, Coe C, Dolan A. Parent reported home smoking bans and toddler (18–30 month) smoke exposure: a cross-sectional survey. Arch Dis Child 2005;90:670–4.
  • King BA, Dube SR, Homa DM. Smokefree rules and secondhand smoke exposure in homes and vehicles among US adults, 2009–2010. Prev Chronic Dis 2013;10:E79.
  • King BA, Babb SD, Tynan MA, Gerzoff RB. National and state estimates of secondhand smoke infiltration among U.S. multiunit housing residents. Nicotine Tob Res 2013;15:1316–21.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ