一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)全国、州、一部地域における19~35カ月児の予防接・・・

MMWR抄訳

rss

2014/08/29Vol. 63 / No. 34

MMWR63(34):741-748
National, State, and Selected Local Area Vaccination Coverage Among Children Aged 19–35 Months — United States, 2013

全国、州、一部地域における19~35カ月児の予防接種率 ― アメリカ、2013年

1994~2013年にアメリカで出生した乳幼児の予防接種は、生涯にわたり3億2,200万例の罹患、2,100万件の入院、73万2,000例の死亡を予防すると推計される。全国予防接種調査(NIS)は1994年から19~35カ月児の予防接種率をモニタリングしている。本報告では2013年のNISの結果から、2010年1月~2012年5月に出生した幼児の予防接種率についてまとめた。2013年、麻疹・おたふく風邪・風疹混合ワクチン(MMR) 1回以上(91.9%)、B型肝炎ワクチン(HepB) 3回以上(90.8%)、ポリオウイルスワクチン3回以上(92.7%)、水痘ワクチン1回以上(91.2%)の各接種率は、Healthy People 2020の目標値である90%を上回った。一方、目標値を下回ったものは、ジフテリア・破傷風・百日咳三種混合ワクチン(DTaP) 4回以上(83.1%、目標90%)、肺炎球菌ワクチン(PCV) 4回以上(82.0%、目標90%)、インフルエンザ菌b型ワクチン(Hib)全シリーズ(82.0%、目標90%)、A型肝炎ワクチン(HepA) 2回以上(54.7%、目標85%)、ロタウイルスワクチン(72.6%、目標80%)およびHepB出生時接種(74.2%、目標85%)であった。各接種率は2012年と同程度であったが、HepB出生時接種、ロタウイルスワクチン、HepA 1回以上接種率は若干向上した。連邦貧困水準未満世帯の幼児は、水準以上の幼児と比べ複数のワクチンの接種率が低く、特にDTaP (8.2%ポイント)、Hib (9.5%ポイント)、PCV (11.6%ポイント)、ロタウイルス(12.6%ポイント)で差が大きかった。人種/民族別では、黒人が白人と比較しDTaP、Hib、PCV、ロタウイルスの接種率が低く、貧困率補正後でも有意差が認められた。州により接種率に広く差が認められ、MMR接種率は17州で90%を下回っていた。ワクチンで予防可能な疾病を防ぐには、高接種率の維持と新たに推奨されたワクチンの接種率向上が必要である。NISを利用し、地域的、社会経済学的理由からワクチン未接種となっている全ての幼児を適切に予防しなければならない。

References

  • Whitney CG, Zhou F, Singleton J, Schuchat A. Benefits from immunization during the Vaccines for Children program era—United States, 1994–2013. MMWR 2014;63:352–5.
  • Community Preventive Services Task Force. Increasing appropriate vaccination. In: The Guide to Community Preventive Services. Atlanta GA: Community Preventive Services Task Force; 2014. Available at <http://www.thecommunityguide.org/vaccines/index.html>.
  • Akinsanya-Beysolow I, Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP), ACIP Child/Adolescent Work Group, CDC. Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP) recommended immunization schedules for persons aged 0 through 18 years—United States, 2014. MMWR 2014;63:108–9.
  • Gastañaduy PA, Redd SB, Fiebelkorn AP, et al. Measles—United States, January 1–May 23, 2014. MMWR 2014;63:496–9.
  • CDC. Progress in immunization information systems—United States, 2012. MMWR 2013;62:1005–8.
  • CDC. Vaccination coverage among children in kindergarten—United States, 2012–13 school year. MMWR 2013;62:607–12.
  • CDC. County-level trends in vaccination coverage among children aged 19–35 months—United States, 1995–2008. MMWR 2011;60(No. SS-4).
  • CDC. National, state, and local area vaccination coverage among children aged 19–35 months—United States, 2012. MMWR 2013;62:733–40.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ