一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)帯状疱疹ワクチンの使用に関する推奨の最新情報

MMWR抄訳

rss

2014/08/22Vol. 63 / No. 33

MMWR63(33):729-731
Update on Recommendations for Use of Herpes Zoster Vaccine

帯状疱疹ワクチンの使用に関する推奨の最新情報

帯状疱疹ワクチン(Zostavax、Merck社)は2006年に認可され、Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP)は2008年、60歳以上を対象に帯状疱疹および合併症の発症予防のため接種を推奨している。帯状疱疹は50歳以上にて発症率が上昇し、帯状疱疹後神経痛(PHN)や入院、日常活動の障害を来す。FDAは2011年、大規模試験により安全性および有効性が確認されたため50~59歳に対する使用を認可し、これを受けてACIPはこの年齢層に対する使用を考慮したが、Zostavaxの供給不足および長期安全性データがないことから、推奨することを見送った。50~59歳22,439例を対象としたプラセボ対照試験では、平均追跡期間1.3年における発症予防の有効率は69.8%であり、60歳以上を対象とした帯状疱疹予防試験(SPS)では38,546例を接種後4.9年(中央値:3.1年)まで追跡し、帯状疱疹発症予防の有効率51.3%、PHN発症予防の有効率66.5%と報告され、SPSに参加し、接種後4~7年経過した14,270例を追跡した短期継続試験(STPS)では、帯状疱疹に対し39.6%、PHNに対し60.1%の有効率が報告されている。長期継続試験は接種後7~10年経過した6,687例を対象に現在進行中である。また、ACIPは2013年、費用対効果を検討した試験の結果について検討し、現在の60歳以上を対象とした接種の推奨を変更していない。この試験では60歳での接種による発症予防が最も効果的であり(100万人あたり26,147例)、次いで70歳での接種(21,269例)、50歳での接種(19,795例)と続き、PHN予防は70歳での接種が最も有効であり(100万人あたり6,439例)、60歳での接種(2,698例)、50歳での接種(941例)と続いた。また、70歳、60歳、50歳での接種による医療費削減はそれぞれ37,000ドル/QALY、86,000ドル/QALY、287,000ドル/QALYであった。

References

  • Harpaz R, Ortega-Sanchez IR, Seward JF. Prevention of herpes zoster: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR 2008;57(No. RR-5).
  • CDC. Update on herpes zoster vaccine: licensure for persons aged 50 through 59 years. MMWR 2011;60:1528.
  • Yawn BP, Saddier P, Wollan PC, St Sauver JL, Kurland MJ, Sy LS. A population-based study of the incidence and complication rates of herpes zoster before zoster vaccine introduction. Mayo Clin Proc 2007;82:1341–9.
  • Lin F, Hadler JL. Epidemiology of primary varicella and herpes zoster hospitalizations: the pre-varicella vaccine era. J Infect Dis 2000;181:1897–905.
  • Schmader KE, Johnson GR, Saddier P, et al. Effect of a zoster vaccine on herpes zoster-related interference with functional status and health-related quality-of-life measures in older adults. J Am Geriatr Soc 2010;58:1634–41.
  • Hoyert DL, Xu JQ. Deaths: preliminary data for 2011. Natl Vital Stat Rep 2012;61:26.
  • Kanaras J. Customer letter. Merck Sharp & Dohme Corp.; February 2012.
  • Schmader KE, Levin MJ, Gnann JW Jr, et al. Efficacy, safety, and tolerability of herpes zoster vaccine in persons aged 50–59 years. Clin Infect Dis 2012;54:922–8.
  • Oxman MN, Levin MJ, Johnson GR, et al. A vaccine to prevent herpes zoster and postherpetic neuralgia in older adults. N Engl J Med 2005;352:2271–84.
  • Schmader KE, Oxman MN, Levin MJ, et al. Persistence of the efficacy of zoster vaccine in the shingles prevention study and the short-term persistence substudy. Clin Infect Dis 2012;55:1320–8.
  • Merck Sharp & Dohme Corp. Zostavax: European public assessment reports—product information. London, UK: European Medicines Agency; 2013. Available at <http://www.ema.europa.eu/docs/en_GB/document_library/EPAR_-_Product_Information/human/000674/WC500053462.pdf>.
  • Ragozzino MW, Melton LJ III, Kurland LT, Chu CP, Perry HO. Population-based study of herpes zoster and its sequelae. Medicine 1982;61:310–6.
  • Leung J, Harpaz R, Molinari NA, Jumaan A, Zhou F. Herpes zoster incidence among insured persons in the United States, 1993–2006: evaluation of impact of varicella vaccination. Clin Infect Dis 2011;52:332–40.
  • Hales CM, Harpaz R, Joesoef MR, Bialek SR. Examination of links between herpes zoster incidence and childhood varicella vaccination. Ann Intern Med 2013;159:739–45.
  • Ortega-Sanchez IR. Decision and cost-effectiveness analyses of herpes zoster vaccination in adults 50 years of age and older. [Presentation] Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2013. Available at <http://www.cdc.gov/vaccines/acip/meetings/downloads/slides-oct-2013/04-hzv-redacted-ortega-sanchez.pdf>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ