一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)重症複合免疫不全症候群の移民小児におけるワクチン接・・・

MMWR抄訳

rss

2014/08/22Vol. 63 / No. 33

MMWR63(33):721-724
Vaccine-Associated Paralytic Poliomyelitis and BCG-osis in an Immigrant Child with Severe Combined Immunodeficiency Syndrome — Texas, 2013

重症複合免疫不全症候群の移民小児におけるワクチン接種による麻痺性ポリオおよびBCG感染症 ― テキサス州、2013年

アメリカではワクチン関連性麻痺性ポリオ(VAPP)を引き起こす可能性があるため、2000年に経口ポリオウイルスワクチン(OPV)の使用を中止しているが、現在もポリオ根絶が進められている一部の地域ではOPVが使用されている。また、BCGはウシ型結核菌(Mycobacterium bovis)の生ワクチン株であり、結核の感染拡大および疾病負荷を防止するために接種されるが、アメリカでは使用されていない。2013年7月上旬、テキサス州サンアントニオにおいて、7カ月齢の男児が救急外来に搬送された。患者はインドからの移民であり、6週間前から間欠熱とBCGワクチンの接種部位である左三角筋に排膿性皮膚病変を認めていた。急性リンパ節炎と診断され、トリメトプリム/スルファメトキサゾールが処方され帰宅した。その後、易刺激性増大と左足の運動低下により再度救急外来を受診し、検査のため入院した。インドにてOPVの2回の追加接種歴からVAPPが疑われ、便の培養検査にて1型免疫不全関連性ワクチン由来ポリオウイルス(iVDPV1)が検出された。また、腋窩リンパ節生検では急性および慢性炎症のエビデンスとなるマクロファージを認め、血液培養検査にてM.bovisが検出されたことからBCG感染症(播種性BCG感染症)と診断された。男児はその後、呼吸窮迫が増悪し、医師や家族により治療が中止され、まもなく死亡した。アメリカへ移住する小児に関しては、包括的な病歴を把握すること、また、アメリカとは受ける予防接種が異なることを認識することが重要であることが示唆された。

References

  • CDC. Poliomyelitis prevention in the United States. Updated recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR 2000;49(No. RR-5).
  • CDC. Imported vaccine-associated paralytic poliomyelitis—United States, 2005. MMWR 2006;55:97–9.
  • Alexander JP, Ehresmann K, Seward, et al. Transmission of imported vaccine-derived poliovirus in an undervaccinated community in Minnesota. J Infect Dis 2009;199:391–7.
  • DeVries AS, Harper J, Murray A, et al. Vaccine-derived poliomyelitis 12 years after infection in Minnesota. N Engl J Med 2011;364:2316–23.
  • CDC. Update on vaccine-derived polioviruses—worldwide, April 2011–June 2012. MMWR 2012;61:741–6.
  • Jorba J, Campagnoli R, De L, Kew O. Calibration of multiple poliovirus molecular clocks covering an extended evolutionary range. J Virol 2008;82:4429–40.
  • Galal NM, Bassiouny L, Nasr E, Abdelmequid N. Isolation of poliovirus shedding following vaccination in children with antibody deficiency disorders. J Infect Dev Ctries 2012;6:881–5.
  • de Silva R, Gunasena S, Ratnayake D, et al. Prevalence of prolonged and chronic poliovirus excretion among persons with primary immune deficiency disorders in Sri Lanka. Vaccine 2012;30:7561–5.
  • Driss N, Ben-Mustapha I, Mellouli F, et al., High susceptibility for enterovirus infection and virus excretion features in Tunisian patients with primary immunodeficiencies. Clin Vaccine Immunol 2012;19:1684–9.
  • Jacob John T, Vashishtha VM. Eradicating poliomyelitis: India’s journey from hyperendemic to polio-free status. Indian J Med Res 2013;137:881–94.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ