一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)成人の加糖飲料摂取 ― 18州、2012年

MMWR抄訳

rss

2014/08/15Vol. 63 / No. 32

MMWR63(32):686-690
Sugar-Sweetened Beverage Consumption Among Adults — 18 States, 2012

成人の加糖飲料摂取 ― 18州、2012年

加糖炭酸飲料や加糖果汁飲料といった加糖飲料(SSB)の日常的摂取は、肥満や、糖尿病、循環器疾患などの慢性疾患と関連する。2009~2010年の推計では、アメリカ人成人は1日平均151 kcalをSSBから摂取していた。成人のSSB摂取についてより詳細に調べるため、CDCは18州(カリフォルニア州、デラウェア州、ジョージア州、ハワイ州、アイオワ州、カンザス州、メリーランド州、ミネソタ州、ミシシッピ州、モンタナ州、ネブラスカ州、ネバダ州、ニューハンプシャー州、ニュージャージー州、ニューヨーク州、オクラホマ州、サウスダコタ州、テネシー州)における2012年のBehavioral Risk Factor Surveillance System (BRFSS)のデータを解析した。BRFSSは18歳以上の成人を対象とした無作為抽出の州ごとの電話調査で、2012年にはSSB摂取に関する質問が追加され、18州の成人計113,391名から回答を得た。2012年、1日1回以上SSBを摂取していたのは、回答者の26.3% (炭酸飲料:17.1%、果汁飲料:11.6%、または両方)であった。摂取率は州ごとにばらつきがあり、ミシシッピ州(41.4%)およびテネシー州(39.2%)で高く、ハワイ州(20.4%)で低かった。炭酸飲料はミシシッピ州(32.4%)およびテネシー州(30.2%)、果汁飲料はネバダ州(18.7%)、ミシシッピ州(17.0%)およびテネシー州(16.5%)で高かった。18州の総計では、若年層(18~34歳、炭酸飲料および果汁飲料の摂取率: 24.5%および16.6%)、男性(21.0%および12.3%)、非ヒスパニック系黒人(20.9%および21.9%)、ヒスパニック系(22.6%および18.5%)で摂取率が高かった。今回、地域、年齢、人種/民族的偏りの原因については分析できなかったが、地域におけるマーケティング、若年層成人の行動様式(外食、味の好み、広告の影響)、SSBのカロリーや肥満や慢性疾患との関連性についての知識の差が寄与していると考えられる。追加的な砂糖摂取の低減は、2010年のDietary Guidelines for Americansの勧告や、Healthy People 2020の目標として提言されている。州や保健衛生関係者は、教育的キャンペーンを通してより健康的な飲料(水、無糖紅茶、無脂肪乳)の摂取を促進すべきである。

References

  • Welsh JA, Sharma AJ, Grellinger L, Vos MB. Consumption of added sugars is decreasing in the United States. Am J Clin Nutr 2011;94:726–34.
  • Malik VS, Popkin BM, Bray GA, Despres JP, Hu FB. Sugar-sweetened beverages, obesity, type 2 diabetes mellitus, and cardiovascular disease risk. Circulation 2011;121:1356–64.
  • Han E, Powell LM. Consumption patterns of sugar-sweetened beverages in the United States. J Acad Nutr Diet 2013;113:43–53.
  • Kit BK, Fakhouri TH, Park S, Nielsen SJ, Ogden CL. Trends in sugar-sweetened beverage consumption among youth and adults in the United States: 1999-2010. Am J Clin Nutr 2013;98:180–8.
  • Martin-Biggers J, Yorkin M, Aljallad C, et al. What foods are US supermarkets promoting? A content analysis of supermarket sales circulars. Appetite 2013;62:160–5.
  • McCabe-Sellers BJ, Bowman S, Stuff JE, Champagne CM, Simpson PM, Bogle ML. Assessment of the diet quality of US adults in the Lower Mississippi Delta. Am J Clin Nutr 2007;86:697–706.
  • Zoellner J, Krzeski E, Harden S, Cook, E, Allen K, Estabrooks PA. Qualitative application of the theory of planned behavior to understand beverage behaviors among adults. J Acad Nutr Diet 2012;112:1774–84.
  • Park S, Onufrak S, Sherry B, Blanck HM. The relationship between health-related knowledge and sugar-sweetened beverage intake among US adults. J Acad Nutr Diet. 2014;114:1059–66.
  • Zoellner J, You W, Connell C, et al. Health literacy is associated with healthy eating index scores and sugar-sweetened beverage intake: findings from the rural lower Mississippi delta. J Am Diet Assoc 2011;111:1012–20.
  • Tate DF, Turner-McGrievy G, Lyons E, et al. Replacing caloric beverages with water or diet beverages for weight loss in adults: main results of the Choose Healthy Options Consciously Everyday (CHOICE) randomized clinical trial. Am J Clin Nutr 2012;95:555–63.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ