一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)成人に推奨される臨床的予防サービスの利用における収・・・

MMWR抄訳

rss

2014/08/08Vol. 63 / No. 31

MMWR63(31):666-670
Relationship of Income and Health Care Coverage to Receipt of Recommended Clinical Preventive Services by Adults — United States, 2011–2012

成人に推奨される臨床的予防サービスの利用における収入と健康保険との関連性 ― アメリカ、2011~2012年

アメリカではU.S. Preventive Services Task ForceおよびAdvisory Committee for Immunization PracticesがHIV検査、禁煙相談、インフルエンザワクチン接種、肺炎球菌ワクチン接種、破傷風ワクチン接種および帯状疱疹ワクチン接種の6種類の臨床的予防サービスを実施しており、これら推奨される臨床的予防サービスを受けた場合、毎年約10万人の死亡を防ぐことができると推定されている。CDCは今回、2011~2012年のNational Health Interview Surveyより、18歳以上の成人におけるこれらのサービスの利用状況について調査した。19歳以上での10年以内の破傷風ワクチンの接種は全体で62.0%、65歳以上を対象とした肺炎球菌ワクチン接種は61.4%、18歳以上での1年以内の禁煙相談は52.0%、18~65歳におけるHIV検査は41.7%、18歳以上での1年以内のインフルエンザワクチン接種は39.4%、60歳以上での帯状疱疹ワクチン接種は17.9%が受けていた。医療保険の有無による相違については、有りの患者で破傷風:63.7%、肺炎球菌:61.7%、禁煙:59.1%、インフルエンザ:44.2%、HIV:41.5%、帯状疱疹:18.4%、無しの患者でそれぞれ53.7%、18.1%、32.7%、14.7%、43.1%、6.3%とHIVを除いた5種類については医療保険の加入者にて高かった。また、世帯収入が200%FPL(連邦貧困水準)を超える場合は破傷風:65.0%、肺炎球菌:64.4%、禁煙:53.5%、インフルエンザ:42.8%、HIV:40.2%、帯状疱疹:21.4%、200%FPL以下の場合はそれぞれ56.6%、56.2%、50.4%、33.4%、44.6%、11.3%であり、HIV検査率は200%FPL以下にて高かった。また、民間の医療保険の加入者では肺炎球菌:66.1%、破傷風:65.7%、帯状疱疹:20.4%が非加入者よりも高く(非加入者それぞれ56.9%、57.9%、15.7%)、禁煙:55.3%、HIV:38.6%、インフルエンザ:42.4%は非加入者よりも低かった(それぞれ65.8%、53.0%、48.9%)。以上、これらの予防ケアサービスと医療保険との関連性が示唆されるが、他の要因の関与も示唆され、今後の分析が待たれる。

References

  • National Commission on Prevention Priorities. Preventive care: a national profile on use, disparities, and health benefits. Washington, DC: Partnership for Prevention, National Commission on Prevention Priorities; 2007. Available at <http://www.prevent.org/data/files/initiatives/ncpppreventivecarereport.pdf>.
  • CDC. Use of selected clinical preventive services among adults—United States, 2007–2010. MMWR 2012;61(Suppl).
  • Frieden TR. Six components necessary for effective public health program implementation. Am J Public Health 2014;104:17–22.
  • Kaiser Family Foundation; Health Research and Educational Trust. Employer health benefits: 2011 annual survey. Menlo Park, CA: Kaiser Family Foundation; Chicago, IL: Health Research and Educational Trust; 2011. Available at <http://kaiserfamilyfoundation.files.wordpress.com/2013/04/8225.pdf>.
  • Kaiser Family Foundation; Health Research and Educational Trust. Employer health benefits: 2012 annual survey. Menlo Park, CA: Kaiser Family Foundation; Chicago, IL: Health Research and Educational Trust; 2012. Available at <http://kff.org/report-section/ehbs-2012-section-13>.
  • Reed ME, Graetz I, Fung V, Newhouse JP, Hsu J. In consumer-directed health plans, a majority of patients were unaware of free or low-cost preventive care. Health Aff (Millwood) 2012;31:2641–8.
  • Congressional Budget Office. Insurance coverage provisions of the Affordable Care Act—CBO’s February 2014 baseline. Washington, DC: Congressional Budget Office; 2014. Available at <http://www.cbo.gov/sites/default/files/cbofiles/attachments/43900-2014-02-ACAtables.pdf>.
  • Kaiser Family Foundation; Health Research and Educational Trust. Employer health benefits: 2013 annual survey. Menlo Park, CA: Kaiser Family Foundation; Chicago, IL: Health Research and Educational Trust; 2013. Available at <http://kaiserfamilyfoundation.files.wordpress.com/2013/08/8465-employer-health-benefits-20131.pdf>.
  • Rasmussen PW, Collins SR, Doty MM, Garber T. In states’ hands: how the decision to expand Medicaid will affect the most financially vulnerable Americans. Issue Brief (Commonw Fund) 2013;23:1–8.
  • Sommers BD. Why millions of children eligible for Medicaid and SCHIP are uninsured: poor retention versus poor take-up. Health Aff (Millwood) 2007;26:w560–7.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ