一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)労働者の熱中症と熱死― アメリカ、2012~201・・・

MMWR抄訳

rss

2014/08/08Vol. 63 / No. 31

MMWR63(31):661-665
Heat Illness and Death Among Workers — United States, 2012–2013

労働者の熱中症と熱死― アメリカ、2012~2013年

熱への曝露や暑い環境下での労働は熱ストレスから熱中症を来すリスクがあり、死に至る場合もある。今回、2012~2013年のOccupational Safety and Health Administrationの基準[第5項(a)]に基づき、熱中症を来した20件の分析が行われた。20件のうち13件は単独で発症し、熱への曝露により全例が死亡した。7件では複数例が熱中症の症状を来した。また、8件はAmerican Conference of Governmental Industrial Hygienistsで定義される重労働、12件は中等度の労働であった。7件は屋内施設での洗濯設備や燃焼機器への機械熱曝露であり、2件がクリーニング店、5件は屋内の機械または他の熱源のある場所であった。屋外の労働場所はゴミ収集:2件、郵便配達:2件、屋外(船舶修理、造園、屋根工事、ガソリンスタンドなど):9件であり、いずれも熱指数が29.0~41.0℃の日に発生しており、直射日光下では報告された値よりもさらに8.3℃高かった。雇用者は従業員に対して熱中症の予防対策を十分に行っておらず、12社は全く対策を講じておらず、7社は水分補給を適切に行わず、13社は日陰の休憩場所を確保していなかった。1社のみが気温、湿度、労働状況に応じた休憩サイクルを実施していたが、環境順化は行われていなかった。死亡した13例中4例は新しい仕事に就いた初日、または離職から復帰した初日に死亡しており、3例は2日目、2例は3日目、4名は長期従業員であった。熱中症の予防には水分補給、日陰の涼しい場所での休憩など、労働現場での予防プログラムが適切に実施されるべきである。

References

  • Section 5(a)(1) of the Occupational Safety and Health Act of 1970 (29 U.S.C.654) and 29 CFR 1960.8(a) for federal agencies. Available at <https://www.osha.gov/pls/oshaweb/owadisp.show_document?p_id=3359&p_table=oshact>.
  • American Conference of Governmental Industrial Hygienists. TLVs and BEIs: threshold limit values for chemical substances and physical agents of biological exposure indices. Heat stress and strain. Cincinnati, OH: American Conference of Governmental Industrial Hygienists; 2007.
  • Occupational Safety and Health Administration. Campaign to prevent heat illness in outdoor workers. Washington, DC: US Department of Labor, Occupational Safety and Health Administration; 2014. Available at <https://www.osha.gov/SLTC/heatillness>.
  • National Oceanic and Atmospheric Administration. Heat: a major killer. Silver Spring, MD: National Oceanic and Atmospheric Administration; 2014. Available at <http://www.nws.noaa.gov/os/heat/index.shtml>.
  • Rhea S, Ising A, Fleischauer AT, Deyneka L, Vaughan-Batten H, Waller A. Using near real-time morbidity data to identify heat-related illness prevention strategies in North Carolina. J Community Health 2012; 37:495–500.
  • Petitti DB, Harlan SL, Chowell-Puente G, Ruddell D. Occupation and environmental heat-associated deaths in Maricopa County, Arizona: a case-control study. PLoS One 2013;8(5).
  • CDC. Heat-related deaths among crop workers—United States, 1992–2006. MMWR 2008;57:649–53.
  • Leigh JP, Du J, McCurdy SA. An estimate of the U.S. government’s undercount of nonfatal occupational injuries and illnesses in agriculture. Ann Epidemiol 2014;24:254–9.
  • CDC. Criteria for a recommended standard: occupational exposure to hot environments (revised criteria 1986). Cincinnati, OH: US Department of Health and Human Services, CDC, National Institute for Occupational Safety and Health; 1986. DHHS (NIOSH) publication no. 86-113. Available at <http://www.cdc.gov/niosh/docs/86-113>.
  • CDC. OSHA-NIOSH infosheet: protecting workers from heat illness. Cincinnati, OH: US Department of Health and Human Services, CDC, National Institute for Occupational Safety and Health; 2011. DHHS (NIOSH) publication no. 2011-174. Available at <http://www.cdc.gov/niosh/docs/2011-174>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ