一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)55歳未満の労働者における冠動脈性心疾患または脳卒・・・

MMWR抄訳

rss

2014/08/01Vol. 63 / No. 30

MMWR63(30):645-649
Prevalence of Coronary Heart Disease or Stroke Among Workers Aged <55 Years — United States, 2008–2012

55歳未満の労働者における冠動脈性心疾患または脳卒中の有病率 ― アメリカ、2008~2012年

心血管系疾患はアメリカにおける三大死因の1つであり、そのほとんどを冠動脈性心疾患(CHD)と脳卒中が占める。U.S. Department of Health and Human Servicesは、2017年までに100万件の心臓発作および脳卒中を予防することを目的にMillion Hearts initiativeを立ち上げた。そのうち、職業上の安全と健康保護、健康増進についてまとめたTotal Worker Health programの実効性を評価するため、CDCはNational Health Interview Surveyのデータから、CHDまたは脳卒中(CHD/stroke)の有病率を解析した。2008~2012年、55歳未満の全成人におけるCHD/stroke歴の割合は2.8%と推計され、そのうちCHDは2.0%、脳卒中は1.0%であった。就業者におけるCHD/stroke有病率は1.9%であり、失業者では2.5%、非労働人口 (求職しない成人無職者、専業主婦/夫、学生、退職者、障害者)では6.3%と高かった。就業者のうち男性および喫煙経験者は、女性および喫煙経験のない者に比べCHD/stroke歴の割合が有意に高かった。有病率は年齢に伴って上昇し、教育レベルの低い就業者に比較し、大卒資格を有する就業者においてCHD/stroke歴の割合が低かった。性別および年齢補正後では、職業別では、事務職に比べサービス業従事者および肉体労働者にて、よりCHD/stroke歴の割合が高い傾向にあった。業種別では、管理・支援・廃棄物処理・修理サービス業と宿泊・飲食サービス業にて有意に高かった。前者は仕事上の危険性が有意に高く、宿泊・飲食サービス業の従業者は多様なシフトで就労し、喫煙率が有意に高いことが、CHD/stroke有病率と関連していると考えられる。これらの職業に従事する就業者は、Total Worker Health programによりCHD/strokeのリスクを低減できる。CDCは雇用者がこのプログラムを職場に導入する際に役立つ手順を開発しており、また、これらの情報は医療者が労働者のCHD/strokeを治療・予防する際にも有益と考える。

References

  • Go AS, Mozaffarian D, Roger VL, et al; American Heart Association Statistics Committee and Stroke Statistics Subcommittee. Heart disease and stroke statistics—2014 update: a report from the American Heart Association. Circulation 2014;129:e28–292.
  • Glozier N, Tofler GH, Colquhoun DM, et al. Psychosocial risk factors for coronary heart disease. Med J Aust 2013;199:179–80.
  • Fang SC, Cassidy A, Christiani DC. A systematic review of occupational exposure to particulate matter and cardiovascular disease. Int J Environ Res Public Health 2010;7:1773–806.
  • Virkkunen H, Kauppinen T, Tenkanen L. Long-term effect of occupational noise on the risk of coronary heart disease. Scand J Work Environ Health 2005;31:291–9.
  • US Department of Health and Human Services. The health consequences of involuntary exposure to tobacco smoke: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2006. Available at <http://www.surgeongeneral.gov/library/secondhandsmoke/report/fullreport.pdf>.
  • MacDonald LA, Cohen A, Baron S, Burchfiel CM. Occupation as socioeconomic status or environmental exposure? A survey of practice among population-based cardiovascular studies in the United States. Am J Epidemiol 2009;169:1411–21.
  • Alterman T, Luckhaupt SE, Dahlhamer JM, Ward BW, Calvert GM. Job insecurity, work-family imbalance, and hostile work environment: prevalence data from the 2010 National Health Interview Survey. Am J Ind Med 2013;56:660–9.
  • Alterman T, Luckhaupt SE, Dahlhamer JM, Ward BW, Calvert GM. Prevalence rates of work organization exposures among workers in the U.S.: Data from the 2010 National Health Interview Survey. Am J Ind Med 2013;56:647–59.
  • CDC. Current cigarette smoking prevalence among working adults—United States, 2004–2010. MMWR 2011;60:1305–9.
  • National Institute for Occupational Safety and Health. Research compendium. The NIOSH Total Worker Health Program: seminal research papers 2012. Washington, DC: US Department of Health and Human Services, CDC, National Institute for Occupational Safety and Health; 2012. Available at <http://www.cdc.gov/niosh/docs/2012-146>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ