一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)13~17歳の思春期齢における全国、地域別、州別お・・・

MMWR抄訳

rss

2014/07/25Vol. 63 / No. 29

MMWR63(29):625-633
National, Regional, State, and Selected Local Area Vaccination Coverage Among Adolescents Aged 13–17 Years — United States, 2013

13~17歳の思春期齢における全国、地域別、州別および選択ローカルエリア別のワクチン接種率 ― アメリカ、2013年

Advisory Committee on Immunization Practices(ACIP)は、思春期齢にて破傷風トキソイド・弱毒化ジフテリア・無細胞性百日咳(Tdap)ワクチン1回、髄膜炎菌結合型(MenACWY)ワクチン2回、ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチン3回の接種を推奨しており、さらに麻疹・おたふく風邪・風疹(MMR)、B型肝炎(HepB)、水痘などの6カ月齢以上にて接種されるワクチンのキャッチアップ接種、年1回のインフルエンザワクチン接種を推奨している。ここでは2006~2013年のNational Immunization Survey-Teen(NIS-Teen)データから、13~17歳の思春期齢におけるワクチン接種率について報告する。全国的には2006~2013年にて、TdapおよびMenACWYワクチンの1回以上接種率は年々増加し、Tdapワクチンは年平均10.4%、MenACWYワクチンは8.9%の増加であった。HPVワクチンの1回以上接種率は、女児では2007~2013年にて年平均4.5%、男児では2010~2013年にて年平均9.9%の増加であり、2013年の接種率は女児:57.3%、男児:34.6%であった。MMR ワクチン(2回以上)、HepB ワクチン(3回以上)の接種率は2012~2013年にて変化は認めず、風疹ワクチン(2回以上)接種率は74.9%から78.5%に増加していた。また、HPVおよび風疹ワクチン接種率は男児に比べ女児にて高く、2013年におけるHPVワクチン3回接種率は女児では白人およびヒスパニック系に比べ黒人にて低く、男児では人種/民族別の相違は認めなかったが、貧困水準以下では水準以上に比べ接種率が低かった。州別の接種率は、Tdapワクチン(1回以上)は60.2%(ミシシッピ州)~95.5%(ロードアイランド州)、MenACWYワクチン(1回以上)は40.4%(アーカンソー州)~93.7%(ノースダコタ州)、HPVワクチン(1回以上)は女児では39.9%(カンザス州)~76.6%(ロードアイランド州)、男児では11.0%(ユタ州)~69.3%(ロードアイランド州)、HPVワクチン(3回以上)は女児では20.5%(ユタ州)~56.5%(ロードアイランド州)、男児では7.3%(ネバダ州)~43.2%(ロードアイランド州)であった。Healthy People 2020の目標ワクチン接種率(13~15歳)はTdapワクチン(1回以上)、MenACWYワクチン(1回以上)、HPVワクチン(3回以上)が女児で80.0%、水痘ワクチン(2回以上)が90.0%であるが、2013年における接種率はそれぞれ87.5%、78.1%、32.7%、80.7%であり、目標値に達した州はそれぞれ42州、18州、0州、11州であった。

References

  • Akinsanya-Beysolow I, Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP), ACIP Child/Adolescent Immunization Work Group. Advisory Committee on Immunization Practices recommended immunization schedules for persons aged 0 through 18 years—United States, 2014. MMWR 2014;63:108–9.
  • CDC. Recommendations on the use of quadrivalent human papillomavirus vaccine in males—Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP), 2011. MMWR 2011;60:1705–8.
  • CDC. General recommendations on immunization: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR 2011;60(No. RR-2).
  • US Department of Health and Human Services. Healthy People 2020. Washington, DC: US Department of Health and Human Services; 2012. Available at <http://www.healthypeople.gov/2020/topicsobjectives2020/objectiveslist.aspx?topicId-23>.
  • Community Preventive Services Task Force. Increasing appropriate vaccination. Atlanta, GA: Community Preventive Services Task Force; 2014. Available at <http://www.thecommunityguide.org/vaccines/index.html>.
  • CDC. Updated recommendations for use of meningococcal conjugate vaccines—Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP), 2010. MMWR 2011;60:72–6.
  • CDC. National and state vaccination coverage among adolescents aged 13–17 years—United States, 2012. MMWR 2013;62:685–93.
  • Holmon DM, Bernard V, Roland KB, Watson M, Liddon N, Stokley S. Barriers to human papillomavirus vaccination among U.S. adolescents: a systematic review of the literature. JAMA Pediatr 2014;168:76–82.
  • Stokley S, Jeyarajah J, Yankey D, et al. Human papillomavirus vaccination coverage among adolescents, 2007–2013, and postlicensure vaccine safety monitoring, 2006–2014—United States. MMWR 2014;63:620–4.
  • CDC. National, state, and local area vaccination coverage among children aged 19–35 months—United States, 2012. MMWR 2013;62:733–40.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ