一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)思春期におけるヒトパピローマウイルスワクチン接種率・・・

MMWR抄訳

rss

2014/07/25Vol. 63 / No. 29

MMWR63(29):620-624
Human Papillomavirus Vaccination Coverage Among Adolescents, 2007–2013, and Postlicensure Vaccine Safety Monitoring, 2006–2014 — United States

思春期におけるヒトパピローマウイルスワクチン接種率、2007~2013年および認可後ワクチン安全性モニタリング、2006~2014年 ― アメリカ

ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンは2006年に認可され、Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP)は11歳または12歳の女児に対し、定期接種を推奨している。HPVワクチンは2価(HPV16および18型)のHPV2と4価(HPV16、18、6および11型)のHPV4の2種類があり、ACIPは2011年、11歳または12歳の男児に対し、HPV4の接種を推奨している。今回、CDCは2007~2013年のNational Immunization Survey-Teen(NIS-Teen)および認可後のワクチンの安全性に関する全国データを分析し、13~17歳の思春期齢におけるワクチン接種率およびワクチンによる有害事象について調査を行った。その結果、13歳までにHPVワクチンを1回以上接種した女児は毎年平均5.9%増加し、2000年生まれの女児では46.8%であった。各年の1回以上接種率は2007年:25.1%から増加し、2013年:57.3%となり、男児では2011年:8.3%から2013年:34.6%となった。HPVワクチンの安全性に関しては、2006年6月~2014年3月にてVaccine Adverse Event Reporting System(VAERS)に25,176件の有害事象が報告され、うち99%はHPV4によるものであり(女児:22,867件、男児:2,196件)、また、92.4%は重篤な有害事象ではないと判断された。報告された症状は注射部位反応、めまい、失神、悪心および頭痛が多かった。

References

  • CDC. Quadrivalent human papillomavirus vaccine: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR 2007;56(No. RR-2).
  • CDC. FDA licensure of bivalent human papillomavirus vaccine (HPV2, Cervarix) for use in females and updated HPV vaccination recommendations from the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR 2010;59:626–9.
  • CDC. Recommendations on the use of quadrivalent human papillomavirus vaccine in males—Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP), 2011. MMWR 2011;60:1705–8.
  • CDC. General recommendations on immunization: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices. MMWR 2011;60(No. RR-2).
  • CDC, National Opinion Research Center at the University of Chicago. National Immunization Survey-Teen: a user’s guide for the 2012 public-use data file. Chicago, IL: National Opinion Research Center; 2014. Available at <ftp://ftp.cdc.gov/pub/health_statistics/nchs/dataset_documentation/nis/nisteenpuf12_dug.pdf>.
  • CDC. Human papillomavirus vaccination coverage among adolescent girls, 2007–2012, and postlicensure vaccine safety monitoring, 2006–2013—United States. MMWR 2013;62:591–5.
  • Slade BA, Leidel L, Vellozzi C, et al. Postlicensure safety surveillance for quadrivalent human papillomavirus recombinant vaccine. JAMA 2009;302:750–7.
  • CDC. National and state vaccination coverage among adolescents aged 13–17 years—United States, 2012. MMWR 2013;62:685–93.
  • Elam-Evans LD, Yankey D, Jeyarajah J, et al. National, regional, state, and selected local area vaccination coverage among adolescents aged 13–17 years—United States, 2013. MMWR 2014;63:625–33.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ