一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)B型肝炎およびC型肝炎ウイルス感染症の輸血感染防止・・・

MMWR抄訳

rss

2014/07/25Vol. 63 / No. 29

MMWR63(29):613-619
Progress Toward Prevention of Transfusion-Transmitted Hepatitis B and Hepatitis C Infection — Sub-Saharan Africa, 2000–2011

B型肝炎およびC型肝炎ウイルス感染症の輸血感染防止への進歩 ―サハラ以南のアフリカ、2000~2011年

WHOのGlobal Database on Blood Safety(GDBS)のB型肝炎ウイルス(HBV)、C型肝炎ウイルス(HCV)に関するサーベイランスより、サハラ以南のアフリカ38カ国における2000/2004年と2010/2011年のデータを分析、年間の献血数とHBV、HCVのスクリーングの実施状況について調査が行われた。年間の献血数は2000/2004年:31,368単位(36カ国、IQR:12,987~80,629)、2010/2011年:86,328単位(38カ国、IQR:30,319~139,207)と増加、95%以上の検体に対しB型肝炎表面抗原(HBsAg)検査を実施する国は29/38カ国(76%)から33/35カ国(95%)、HCV抗体検査を実施する国は13/38カ国(34%)から30/35カ国(86%)に増加した。また、HBVマーカー反応陽性を示す検体は2000/2004年:7.1%(36カ国、IQR:4.1~11.1%)、2010/2011年:4.4%(36カ国、IQR:2.2~7.4%)、HCVマーカー反応陽性を示す検体はそれぞれ1.4%(31カ国、IQR:0.6~3.1%)、0.9%(36カ国、IQR:0.5~1.7%)であった。この期間において、HBsAgマーカー反応性を示す検体は28/34カ国(82%)、抗HCVマーカー反応性は14/29カ国(48%)にて有意に減少し、全体でHBsAg反応性を示す検体は37%、抗HCV反応性を示す検体は51%の減少であり、サハラ以南のアフリカにおいて血液製剤の安全性の改善が示唆された。

References

  • Te H, Jensen D. Epidemiology of hepatitis B and C viruses: a global overview. Clin Liver Dis 2010;14:1–21.
  • Alter HJ, Purcell RH, Shih JW, et al. Detection of antibody to hepatitis C virus in prospectively followed transfusion recipients with acute and chronic non-A, non-B hepatitis. N Engl J Med 1989;321:1494–500.
  • Jayaraman S, Chalabi Z, Perel P, et al. The risk of transfusion-transmitted infections in sub-Saharan Africa. Transfusion 2010;50:433–42.
  • World Health Organization. Global Database on Blood Safety. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2013. Available at <http://www.who.int/bloodsafety/global_database>.
  • CDC. Progress toward strengthening national blood transfusion services—14 countries, 2008–2010. MMWR 2011;60:1578–82.
  • World Health Organization. Blood safety and availability. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2013. Available at <http://www.who.int/mediacentre/factsheets/fs279/en/index.html>.
  • CDC. Progress toward strengthening blood transfusion services—14 countries, 2003–2007. MMWR 2008;57:1273–7.
  • Hyams K. Risks of chronicity following acute hepatitis B virus infection: a review. Clin Infect Dis 1995;20:992–1000.
  • Shepard C, Finelli, L, Alter M. Global epidemiology of hepatitis c virus infection. Lancet 2005;5:558–67.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ