一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)住民、旅行者およびホームレスの歩行者の交通事故死 ・・・

MMWR抄訳

rss

2014/07/18Vol. 63 / No. 28

MMWR63(28):597-602
Pedestrian Traffic Deaths Among Residents, Visitors, and Homeless Persons — Clark County, Nevada, 2008–2011

住民、旅行者およびホームレスの歩行者の交通事故死 ― ネバダ州クラーク郡、2008~2011年

自動車事故はネバダ州住民の死因の第1位であり、2010年には5~34歳における外傷死の原因の14%を占めた。2008~2011年、同州における歩行者の自動車事故死者数は計173名で、自動車関連死の16%に上った。クラーク郡はラスベガス市を有し、ネバダ州住民の約75%にあたる200万人が居住する。クラーク郡における歩行者の自動車事故死について、Southern Nevada Health Districtは郡検死報告書および死亡証明書のデータを用い、死亡者の人種/民族、年齢、事故の状況(場所、時間)および血中アルコール濃度(BAC)について分析した。2008~2011年、クラーク郡において計140名の歩行者が自動車事故により死亡し、その内訳は住民107名、旅行者19名、ホームレス14名であった。胎児1名を除いた死亡者の年齢中央値は50歳(範囲:6~93歳)で、71%(100名)が男性であった。住民、旅行者、ホームレスの死亡率(10万人当たり/年)はそれぞれ1.4、1.1、30.7であった。住民における人種/民族別死亡率は、黒人(2.8)、白人(1.4)、太平洋諸島系(1.0)、ヒスパニック系(0.9)の順で高かった。事故発生場所は、住民では郡全域で発生、旅行者は「The Strip」とよばれるラスベガス大通りの観光地周辺と州間高速道路15号線沿いに、ホームレスはラスベガス北東部に集中していた。事故発生時刻は、住民(41.1%)とホームレス(78.6%)は午後6時~11時59分の間に集中し、旅行者は一定の時刻には集中しないが深夜~午前5時59分にピーク(36.8%)があった。16歳以上でBACの記録がある122名のうち、32%は酒酔いとされる0.08 g/dLを上回っていた。ホームレスの64.3%が酒酔い状態で、住民の26.4%と比較し有意に高かった。ホームレスの78.6%は保護施設の門限である午後6時以降に事故にあっていた。ネバダ州のホームレスの約60%が保護施設に収容されておらず、この比率は他州や全米の約2倍にあたる。ホームレスにはアルコールや薬物依存者、精神疾患患者が多く、多くの時間を道端で過ごすことから事故にあう確率が高いと考えられ、対策が必要である。また、事故に遭った歩行者の32%が酒酔い状態であったことから、酒酔い歩行の危険性に関する広報に加え、公共の場における酩酊の規制といった介入も必要であろう。

References

  • CDC. Web-Based Injury Statistics Query and Reporting System (WISQARS). Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2010. Available at <http://www.cdc.gov/injury/wisqars/index.html>.
  • National Highway Traffic Safety Administration. Traffic safety facts, Nevada, 2008–2012. Washington, DC: National Highway Traffic Safety Administration; 2012. Available at <http://www-nrd.nhtsa.dot.gov/departments/nrd-30/ncsa/stsi/32_NV/2012/32_NV_2012.PDF>.
  • Applied Survey Research. 2011 Southern Nevada homeless census and survey: comprehensive report. Watsonville, CA: Applied Survey Research; 2011. Available at <http://www.helphopehome.org/2011_Southern_Nevada_Homeless_Report_FINALv2.pdf>.
  • National Highway Traffic Safety Administration. Traffic safety facts, 2008 data: pedestrians. Washington, DC: National Highway Traffic Safety Administration; 2009. Available at <http://www-nrd.nhtsa.dot.gov/pubs/811163.pdf>.
  • CDC. Motor vehicle traffic-related pedestrian deaths—United States, 2001–2010. MMWR 2013;62:277–82.
  • CDC. Motor-vehicle–related deaths involving intoxicated pedestrians—United States, 1982–1992. MMWR 1994;43:249–53.
  • Lee C, Abdel-Aty M. Comprehensive analysis of vehicle-pedestrian crashes at intersections in Florida. Accid Anal Prev 2005;37:775–86.
  • Zegeer CV, Sandt L, Scully M. How to develop a pedestrian safety action plan. Final report prepared for: the Federal Highway Administration Washington, DC: National Highway Traffic Safety Administration, Federal Highway Administration; 2006. Available at <http://safety.fhwa.dot.gov/ped_bike/ped_focus/docs/fhwasa0512.pdf>.
  • Community Preventive Services Task Force. Preventing excessive alcohol consumption: electronic screening and brief intervention (e-SBI). Atlanta, GA: Guide to Community Preventive Services; 2014. Available at <http://www.thecommunityguide.org/alcohol/eSBI.html>.
  • World Health Organization. Pedestrian safety: a road safety manual for decision-makers and practitioners. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2013. Available at <http://apps.who.int/iris/bitstream/10665/79753/1/9789241505352_eng.pdf>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ