一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)州の規制変更後の薬物過剰摂取による死亡数の減少 ―・・・

MMWR抄訳

rss

2014/07/04Vol. 63 / No. 26

MMWR63(26):569-574
Decline in Drug Overdose Deaths After State Policy Changes — Florida, 2010–2012

州の規制変更後の薬物過剰摂取による死亡数の減少 ― フロリダ州、2010~2012年

2003~2009年、フロリダ州における薬物の過剰摂取による死亡数は1,804例から2,905例と61.0%増加した。フロリダ州では2007年以降、大量の鎮痛薬を処方するペインクリニックが急増し、オピオイド鎮痛薬やベンゾジアゼピン、筋弛緩剤の依存者や転売者に利用されてきた。2010年には全米で100件ある高用量オキシコドンを直接処方する医院のうち98件がフロリダ州にあった。この状況を受け、フロリダ州議会は規制薬物を処方するペインクリニックに対し2010年1月4日までの登録を義務付け、同2月には麻薬取締局および複数のフロリダ州法執行機関が共同でOperation Pill Nationの実行を開始した。2011年2月に州全域で行った一斉捜査により多数の逮捕者と資産差し押さえの結果、複数のペインクリニックが閉鎖した。6月、フロリダ州公衆衛生局長官による緊急事態宣言と同時に州議会は医療者によるスケジュールⅡまたはⅢに該当する規制薬物の直接処方を禁止し、9月には悪質な処方者を通告する新たな処方薬物監視プログラムが開始された。さらに2012年、州議会は薬物の卸業者を対象に規制を拡大した。規制実施後の処方薬物および違法薬物の過剰摂取による死亡数の変化をフロリダ州監察医委員会のデータから分析した。薬物の過剰摂取による死亡数は2010年3,201例から2012年2,666例と16.7%減少し、10万当たり死亡率は17.0から14.0へ17.7%低下した。処方薬物による死亡率は10万人当たり14.5から11.1と23.2%低下し、2007年以降最も低い率となった。オピオイド鎮痛薬の過剰摂取による死亡数は2,560例から1,892例へ27.0%減少し、中でもオキシコドンによる死亡率は52.1%の低下となった。ベンゾジアゼピンの過剰摂取による死亡率は28.4%低下した。違法薬物の過剰摂取による死亡率に有意な変化はなかったが、ヘロインの過剰摂取による死亡率は10万人当たり0.3から0.6へ122.4%上昇した。アルコールの過剰摂取による死亡率に変化はなかった。フロリダ州の報告によれば、2013年までに250件のペインクリニックが閉鎖した。高用量オキシコドンを処方する医院数は2013年に0件となり、薬物の違法転売率も低下した。以上、州議会と執行機関による規制の実施により、処方薬物の過剰摂取による死亡率が実質的に低減された。フロリダ州の例は同様の死亡を防止する有望な介入の実例となろう。

References

  • CDC. Drug overdose deaths—Florida, 2003–2009. MMWR 2011;60:869–72.
  • Florida Office of the Attorney General. Statewide Task Force on Prescription Drug Abuse and Newborns, 2014 progress report. Tallahassee, FL: Florida Office of the Attorney General; 2014. Available at <http://www.myfloridalegal.com/webfiles.nsf/wf/jmee-9gus2x/$file/progressreportonline.pdf>.
  • Santos A. Combating pharmaceutical diversion: targeting “rogue pain clinics” and “pill mills”. Presented at the 2013 Prescription Drug Awareness Conference; Detroit, MI; May 4–5, 2013. Available at <http://www.deadiversion.usdoj.gov/mtgs/pharm_awareness/conf_2013/may_2013/santosII.pdf>.
  • Florida Department of Law Enforcement. Drugs identified in deceased persons by Florida medical examiners, 2012 report. Tallahassee, FL: Florida Department of Law Enforcement; 2012. Available at <www.fdle.state.fl.us/content/getdoc/79241c67-253b-45eb-a238-1a07cf4a2a0c/2012-drug-report_final.aspx>.
  • IMS Institute for Healthcare Informatics. National Prescription Audit. Collegeville, PA: IMS Health; 2013. Available at <http://www.imshealth.com/deployedfiles/ims/global/content/insights/researchers/npa_data_brief.pdf>.
  • Surratt H, O’Grady C, Kurtz S, et al. Reductions in prescription opioid diversion following recent legislative interventions in Florida. Pharmacoepidemiol Drug Saf 2014;23:314–20.
  • Severtson S, Bartelson B, Davis J, et al. Difference in rates of abuse following reformulation of extended release oxycodone using data from the RADARS System Poison Center Program. Ann Emerg Med 2012;60:S34.
  • Slavova S, Bunn T, Lambert J. Drug overdose deaths, hospitalizations, and emergency department visits in Kentucky, 2000–2012. Lexington, KY: Kentucky Injury Prevention and Research Center; 2014. Available at <http://www.mc.uky.edu/kiprc/pdf/drug-overdose-report.pdf>.
  • Paulozzi LJ, Ibrahimova A, Rudd R, Goldberger B, Thogmartin J, Shelton K. A comparison of Florida medical examiners’ reports and death certificates for specific drug related overdose deaths. Acad Foren Path 2012;2:a–b.
  • CDC. Prevention status reports (PSRs): prescription drug overdose PSR, 2013. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2013. Available at <http://www.cdc.gov/stltpublichealth/psr/prescriptiondrug/index.html>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ