一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)バイタルサイン:オピオイド鎮痛薬およびベンゾジアゼ・・・

MMWR抄訳

rss

2014/07/04Vol. 63 / No. 26

MMWR63(26):563-568
Vital Signs: Variation Among States in Prescribing of Opioid Pain Relievers and Benzodiazepines — United States, 2012

バイタルサイン:オピオイド鎮痛薬およびベンゾジアゼピン系薬剤の処方の州による相違 ― アメリカ、2012年

オピオイド鎮痛薬(OPR)の過剰摂取は死亡を含む様々な健康上の有害な転帰をもたらす。アメリカのOPR使用量は他国に突出して多く、2011年、OPRの過剰摂取による死亡は16,917例に上り、その31%はベンゾジアゼピン系鎮静薬を併用していた。OPRの処方率は州によって相違があることが報告されており、OPRや他の単独で依存性のある鎮静薬の処方状況が改善可能であるか評価するため、CDCは2012年のIMS Health’s National Prescription Auditのデータから、OPRおよび長時間作用型/徐放性(LA/ER)OPR、高用量OPRおよびベンゾジアゼピンの州による処方の差について分析した。2012年、患者100人当たりOPRが82.5回分、ベンゾジアゼピンが37.6回分処方された。OPRは国内で2億5,890万回分処方され、そのうちLA/ER OPRが12.5%、高用量OPRが5.1%を占めた。州による処方率の差はOPRで2.7倍(アラバマ州 vs ハワイ州)、高用量OPRで4.6倍(デラウェア州 vs テキサス州)、LA/ER OPRで5.3倍(メイン州 vs テキサス州)、ベンゾジアゼピンで3.7倍(ウエストバージニア州 vs ハワイ州)の相違があった。OPRおよびベンゾジアゼピンともに南部地域で処方率が高く、アラバマ州、テネシー州、ウエストバージニア州の3州で処方率が高かった。高用量OPRおよびLA/ER OPRの処方率は北東地域で高く、OPRの17.8%がLA/ER OPRであった。南部地域におけるOPRおよびベンゾジアゼピンの高処方率は、他の抗生剤、小児の刺激薬、高齢者にリスクの高い薬剤の処方状況と類似していた。これらの薬剤の州による処方率の差は、住民の健康状態と関連がないことが報告されている。州による相違は、慢性の非癌原性疼痛に対するOPRの処方に関し、医療者間のコンセンサスが欠けている状況を示しているとも考えられる。高処方率の州はその要因を追及し、改善すべきである。いくつかの州では、処方薬物監視プログラムの利用や法整備により、医療者および患者双方から多重処方の監視と防止を行い、実質的な成果を上げている。患者の疼痛緩和と生命の安全のバランスのため、ガイドライン、医療保険、法整備など多方面からの介入とその評価が必要と考える。

References

  • International Narcotics Control Board. Report of the International Narcotics Control Board on the availability of internationally controlled drugs: enduring adequate access for medical and scientific purposes. Vienna, Austria: International Narcotics Control Board; 2010. Available at <http://www.incb.org/documents/Publications/AnnualReports/AR2010/Supplement-AR10_availability_English.pdf>.
  • Ballantyne J. “Safe and effective when used as directed”: the case of chronic use of opioid analgesics. J Med Tox 2012;8:417–23.
  • Paulozzi LJ, Ryan GW. Opioid analgesics and rates of fatal drug poisoning in the United States. Am J Prev Med 2006;31:506–11.
  • Cicero T, Surratt H, Inciardi J, Munoz A. Relationship between therapeutic use and abuse of opioid analgesics in rural, suburban, and urban locations in the United States. Pharmacoepidemiol Drug Safety 2007;16:827–40.
  • McDonald D, Carlson K, Izrael D. Geographic variation in opioid prescribing in the U.S. J Pain 2012;13:988–96.
  • Jones JD, Mogali S, Comer SD. Polydrug abuse: a review of opioid and benzodiazepine combination use. Drug Alcohol Depend 2012;125:8–18.
  • Zhang Y, Steinman M, Kaplan C. Geographic variations in outpatient antibiotic prescribing in older adults. Arch Intern Med 2012;172:1465–71.
  • Cox E, Motheral B, Henderson R, Mager D. Geographic variation in the prevalence of stimulant medication use among children 5 to 14 years old: results from a commercially insured US sample. Pediatrics 2003;111:237–43.
  • Munson J, Morden N, Goodman D, Valle L, Wennberg J. The Dartmouth atlas of Medicare prescription drug use 2013. Hanover, NH: Dartmouth Institute for Health Policy and Clinical Practice, Center for Health Policy Research; 2013. Available at <http://www.dartmouthatlas.org/downloads/reports/prescription_drug_atlas_101513.pdf>.
  • Weinstein J, Lurie J, Olson P, Bronner K, Fisher E. United States’ trends and regional variations in lumbar spine surgery: 1992–2003. Spine 2006;31:2707–14.
  • Fisher E, Wennberg D, Stukel T, Gottlieb D, Lucas F, Pinder E. The implications of regional variation in Medicare spending. Part 2: health outcomes and satisfaction with care. Ann Int Med 2003;138:288–98.
  • Yasaitis L, Fisher E, Skinner J, Chandra A. Hospital quality and intensity of spending: is there an association. Health Affairs 2009;28:w566–72.
  • Baumblatt J, Wiedeman C, Dunn J, Schaffner W, Paulozzi L, Jones T. High-risk use by patients prescribed opioids for pain and its role in overdose deaths. JAMA Int Med 2014;174:796–801.
  • Sauber-Schatz E, Mack K, Diekman S, Paulozzi L. Associations between pain clinic density and distributions of opioid pain relievers, drug-related deaths, hospitalizations, emergency department visits, and neonatal abstinence syndrome in Florida. Drug Alcohol Depend 2013;133:161–6.
  • Modarai F, Mack K, Hicks P, et al. Relationship of opioid prescription sales and overdoses, North Carolina. Drug Alcohol Depend 2013;132:81–6.
  • Prescription Drug Monitoring Program Center of Excellence at Brandeis University. Mandating PDMP participation by medical providers: current status and experience in selected states. Waltham, MA: Heller School for Social Policy and Management, Prescription Drug Monitoring Program Center of Excellence at Brandeis; 2014. Available at <http://www.pdmpexcellence.org/sites/all/pdfs/COE%20briefing%20on%20mandates%20revised_a.pdf>.
  • Surratt H, O’Grady C, Kurtz S, et al. Reductions in prescription opioid diversion following recent legislative interventions in Florida. Pharmacoepidemiol Drug Safety 2014;23:314–20.
  • CDC. Decline in drug overdose deaths after state policy changes—Florida, 2010–2012. MMWR 2014;63(Early Release).

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ