一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)居眠り運転とリスク行動 ― 10州およびプエルトリ・・・

MMWR抄訳

rss

2014/07/04Vol. 63 / No. 26

MMWR63(26):557-562
Drowsy Driving and Risk Behaviors — 10 States and Puerto Rico, 2011–2012

居眠り運転とリスク行動 ― 10州およびプエルトリコ、2011~2012年

居眠り運転は、アメリカでの毎年7500件(およそ25%)もの致死的な自動車事故の要因であることが示唆されており、CDCは2009~2010年に19州およびワシントンDCの成人の回答者の4.2%が、過去30日間に1回以上、運転中に眠りに落ちたことを報告している。CDCは、2011~2012年のBehavioral Risk Factor Surveillance Systemサーベイで睡眠パターンの調査をした10州(アラスカ州、カリフォルニア州、カンザス州、メイン州、マサチューセッツ州、ミネソタ州、ネブラスカ州、ネバダ州、オレゴン州、テネシー州)およびプエルトリコにおいて、居眠り運転に関するデータを分析した。92,102人の回答者のうち、過去30日間に運転中に眠りに落ちた報告は4.0%であった。居眠り運転は年齢とともに減少し、18歳から24歳では5.9%であったのに対し、65歳以上では1.8%であった。全体で、年齢で調整した居眠り運転の割合は男性で女性よりも有意に高く(5.0% vs 3.0%)、18~34歳の男性では6.9%であったのに対し、同年代の女性では3.5%であった。居眠り運転の割合は、非ヒスパニック系の白人では他の人種/民族よりも低く、教育レベルは関係しなかった。居眠り運転の割合は、1日の睡眠時間が5時間以下では6時間または7時間以上と比べ増加し(9.1% vs 5.2%および2.7%)、いびきをかく人はかかない人よりも増加した(5.6% vs 2.9%)。さらに、居眠り運転の割合は、大量飲酒者では非大量飲酒者または非飲酒者よりも増加し(5.2% vs 3.7%および3.6%)、シートベルトを時々装着またはいつも非装着の人では常に装着している人よりも増加した(6.6% vs 3.9%)。喫煙状態の影響はなかった。大量飲酒および飲酒運転の減少、シートベルト着用の強制の強化、適切な睡眠および睡眠障害の治療の奨励のためにデザインされた介入は、居眠り運転事故および関連する損害の減少に寄与する可能性がある。

References

  • Klauer SG, Dingus TA, Neale VL, Sudweeks JD, Ramsey DJ. The impact of driver inattention on near-crash/crash risk: an analysis using the 100-Car Naturalistic Study Data 2006. Report no. DOT HS 810 594. Washington, DC: US Department of Transportation, National Highway Traffic Safety Administration; 2006.
  • Tefft BC. Prevalence of motor vehicle crashes involving drowsy drivers, United States, 1999–2008. Accid Anal Prev 2012;45:180–6.
  • CDC. Drowsy driving—19 states and the District of Columbia, 2009–2010. MMWR 2013;61:1033–7.
  • National Highway Traffic Safety Administration. Traffic safety facts: research note. 2012 motor vehicle crashes: overview. Report No. DOT HS 811 856. Washington, DC: US Department of Transportation, National Highway Traffic Safety Administration; 2013.
  • Jackson ML, Croft RJ, Kennedy GA, Owens K, Howard ME. Cognitive components of simulated driving performance: sleep loss effects and predictors. Accid Anal Prev 2013;50:438–44.
  • Pack AI, Pack AM, Rodgman E, Cucchiara A, Dinges DF, Schwab CW. Characteristics of crashes attributed to the driver having fallen asleep. Accid Anal Prev 1995;27:769–75.
  • May JF, Baldwin CL. Driver fatigue: the importance of identifying causal factors of fatigue when considering detection and countermeasure technologies. Transportation Research Part F: Traffic Psychology and Behaviour 2009;12:218–24.
  • Blower D. Assessment of the effectiveness of advanced collision avoidance technologies. Ann Arbor, MI: The University of Michigan Transportation Research Institute; 2014. Available at <http://deepblue.lib.umich.edu/handle/2027.42/102534>.
  • Bonnet MH, Moore SE. The threshold of sleep: perception of sleep as a function of time asleep and auditory threshold. Sleep 1982;5:267–76.
  • Howard ME, Jackson ML, Kennedy GA, Swann P, Barnes M, Pierce RJ. The interactive effects of extended wakefulness and low-dose alcohol on simulated driving and vigilance. Sleep 2007;30:1334–40.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ