一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)成人におけるたばこ製品の使用 ― アメリカ、201・・・

MMWR抄訳

rss

2014/06/27Vol. 63 / No. 25

MMWR63(25):542-547
Tobacco Product Use Among Adults — United States, 2012–2013

成人におけるたばこ製品の使用 ― アメリカ、2012~2013年

アメリカ成人における紙巻たばこの喫煙率は過去50年間で有意に低下しているが、他のたばこ製品(葉巻、無煙たばこなど)の使用率は変動しておらず、最近では電子たばこなどの使用率が増加している。ここでは2012~2013年のNational Adult Tobacco Survey(NATS)データより、18歳以上の成人におけるたばこ製品の使用率について報告する。たばこ製品の使用について、紙巻たばこは100回以上、葉巻類やパイプは50回以上、噛みたばこ・嗅ぎたばこ・ディップは20回以上、水タバコ、電子たばこ、スヌース、可溶性たばこは各1回以上の使用で「使用」とし、使用頻度については「毎日」、「時々」、「稀に」、「全くない」とした。その結果、回答率は44.9%であり、各たばこ製品の使用率(現使用者および前使用者)は紙巻たばこ:43.1%、葉巻類:12.6%、パイプ:5.0%、水たばこ:12.3%、電子たばこ:14.1%、噛みたばこ・嗅ぎたばこ・ディップ:9.6%、可溶性たばこ:0.4%、スヌース:5.4%であり、いずれかの製品を毎日または時々使用するとの回答は21.3%(うち73.4%は毎日使用)、可燃性製品(紙巻たばこ、葉巻類、パイプ、水たばこ)の使用率は19.2%(うち72.1%は毎日)であり、製品別では紙巻たばこ:18.0%、葉巻類:2.0%、パイプ:0.3%、水たばこ:0.5%、電子たばこ:1.9%、無煙たばこ(噛みたばこ・嗅ぎたばこ・ディップ、スヌース、可溶性たばこ):2.6%であった。現および前使用者が毎日使用している製品は、紙巻たばこ:30.9%、葉巻類:5.8%、パイプ:2.2%、水たばこ:0.4%、電子たばこ:5.3%、噛みたばこ・嗅ぎたばこ・ディップ:17.1%、可溶性たばこ:3.1%、スヌース:1.8%、また、現使用者のうち、毎日の使用者はそれぞれ74.2%、12.8%、12.6%、1.2%、17.9%、48.1%、16.8%、11.3%であった。また、毎日または時々の使用率は男性26.2%、女性:15.4%であり、年齢別では25~44歳にて最も高く(25.2%)、65歳以上で最も低かった(9.5%)。人種別ではその他、非ヒスパニック系にて最も高く(33.0%)、非ヒスパニック系アジアが最も低かった(8.8%)。地域別では中西部:23.9%、南部:22.9%、北東部:19.7%、西部:19.0%であり、低い学歴および低所得層にて高かった。

References

  • US Department of Health and Human Services. The health consequences of smoking–50 years of progress: a report of the Surgeon General. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. Available at <http://www.surgeongeneral.gov/library/reports/50-years-of-progress/index.html>.
  • Substance Abuse and Mental Health Services Administration. Tobacco use [Chapter 4]. In: Results from the 2012 National Survey on Drug Use and Health: summary of national findings. Washington, DC: US Department of Health and Human Services, Substance Abuse and Mental Health Services Administration; 2013. Available at <http://www.samhsa.gov/data/nsduh/2012summnatfinddettables/nationalfindings/nsduhresults2012.htm#ch4>.
  • King BA, Alam S, Promoff G, Arrazola R, Dube SR. Awareness and ever-use of electronic cigarettes among U.S. adults, 2010–2011. Nicotine Tob Res 2013;15:1623–7.
  • CDC. Best practices for comprehensive tobacco control programs—2014. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. Available at <http://www.cdc.gov/tobacco/stateandcommunity/best_practices/index.htm?source=govdelivery>.
  • World Health Organization. WHO report on the global tobacco epidemic, 2008—the MPOWER package. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2008. Available at <http://www.who.int/tobacco/mpower/mpower_report_full_2008.pdf>.
  • King BA, Dube SR, Tynan MA. Current tobacco use among adults in the United States: findings from the National Adult Tobacco Survey. Am J Public Health 2012;102:e93–100.
  • Caraballo RS, Giovino GA, Pechacek TF, Mowery PD. Factors associated with discrepancies between self-reports on cigarette smoking and measured serum cotinine levels among person aged 17 years or older: third National Health and Nutrition Examination Survey, 1988–1994. Am J Epidemiol 2001;153:807–14.
  • Agaku IT, King BA, Dube SR. Current cigarette smoking among adults—United States, 2005–2012. MMWR 2014;63:29–34.
  • Ryan H, Trosclair A, Gfroerer J. Adult current smoking: differences in definitions and prevalence estimates—NHIS and NSDUH, 2008. J Environ Public Health 2012:918368.
  • Substance Abuse and Mental Health Services Administration, 2013. 2010–2011 National Survey on Drug Use and Health: guide to state tables and summary of small area estimation methodology. Section A: overview of NSDUH and model-based state estimates. Available at <http://www.samhsa.gov/data/nsduh/2k11state/nsduhsaemethodology2011.htm>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ