一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)2つのヘルスケア施設における定期的なHIVスクリー・・・

MMWR抄訳

rss

2014/06/27Vol. 63 / No. 25

MMWR63(25):537-541
Routine HIV Screening in Two Health-Care Settings — New York City and New Orleans, 2011–2013

2つのヘルスケア施設における定期的なHIVスクリーニング ― ニューヨーク市およびニューオーリンズ、2011~2013年

アメリカではHIV感染生存者110万人(推定)のうち、約16%が感染を認識しておらず、CDCは2006年以降、医療関係者に対し13~64歳の患者全員にHIVスクリーニング検査を行うよう勧告している。今回、Urban Health Plan(UHP)(ニューヨーク市のヘルスセンター)およびInterim Louisiana Hospital(ILH)(ニューオーリンズ)の新しいHIVスクリーニングプログラム(Frontlines of Communities in the United States:FOCUS)について報告する。UHPにおいてHIV検査を受けた患者の割合は2010年:8%から2011年1月~2013年9月:56%に増加、月平均のスクリーニング検査人数は2007~2010年:188例から2011年1月~2013年9月:986例となった。2010年に検査を受けた3,358例のうち19例(0.57%)がHIV陽性であり、3例(16%)が新規診断例であった。2011年1月~2013年9月に検査を受けた32,534例では148例(0.45%)が陽性であり、うち43例(29%)が新規診断例であった。HIV感染症の新規診断率は男性:0.25%、女性:0.08%、非ヒスパニック系:0.23%、ヒスパニック系:0.12%、31歳以上:0.18~0.19%、30歳以下:0.08%であった。HIV陽性であった148例は全例、治療歴がなく、120例(81%)が治療を開始した。また、ILHにおいてHIVスクリーニング検査プログラムを受けた患者の割合は、2012年、救急科(ED)にて17%、救急外来(UCC)にて3%であったが、2013年3月中旬~12月はED:26%、UCC:17%に増加、月平均の検査人数は2010~2012年:821例から2013年:1,323例となった。2012年に検査を受けた11,257例のうち106例(0.94%)がHIV陽性であり、54例(51%)が新規診断例であった。2013年3月中旬~12月に検査を受けた12,568例では102例(0.81%)が陽性であり、うち77例(75%)が新規診断例、また5例(7%)は急性HIV感染症であった。新規診断率は、男性:0.89%、女性:0.28%、黒人:0.63%、白人:0.49%、ラテン系:1.00%、非ラテン系:0.60%、23~30歳:0.92%、23歳未満:0.68%、30歳以上:0.32~0.71%であった。HIV陽性であった102例のうち91例(89%)は治療歴がなく、67例(74%)が治療を開始した。以上、FOCUSプログラムによるHIVスクリーニング率が増加し、適切なHIV治療の実施が可能となった。

References

  • CDC. Monitoring selected national HIV prevention and care objectives by using HIV surveillance data: United States and 6 U.S. dependent areas—2011. HIV surveillance supplemental report, 2013. Vol. 18, No. 5. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2013. Available at <http://www.cdc.gov/hiv/library/reports/surveillance>.
  • Cohen MS, Chen YQ, McCauley M. Prevention of HIV-1 infection with early antiretroviral therapy. N Engl J Med 2011;365:493–505.
  • CDC. Revised recommendations for HIV testing of adults, adolescents, and pregnant women in health-care settings. MMWR 2006;55(No. RR-14).
  • Pilcher CD, Tien HC, Eron JJ, et al. Brief but efficient: acute HIV infection and the sexual transmission of HIV. J Infect Dis 2004;189:1785–92.
  • Goetz MB, Hoang T, Knapp H. Central implementation strategies outperform local ones in improving HIV testing in Veterans Healthcare Administration facilities. J Gen Intern Med 2013;28:1311–7.
  • Hoxhaj S, Davila JA, Modi P. Using nonrapid HIV technology for routine, opt-out HIV screening in a high-volume urban emergency department. Ann Emerg Med 2011;58(1 Suppl 1):S79–84.
  • Farnham PG, Hutchinson AB, Sansom SL, Branson BM. Comparing the costs of HIV screening strategies and technologies in health-care settings. Public Health Rep 2008;123(Suppl 3):51–62.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ