一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)バイタルサイン:食品を媒介したノロウイルスのアウト・・・

MMWR抄訳

rss

2014/06/06Vol. 63 / No. 22

MMWR63(22):491-495
Vital Signs: Foodborne Norovirus Outbreaks — United States, 2009–2012

バイタルサイン:食品を媒介したノロウイルスのアウトブレイク ― アメリカ、2009~2012年

アメリカではノロウイルスは急性胃腸炎および食品媒介疾患の主な原因であり、幼児および高齢者を中心に、毎年、アメリカ居住者の15人に1人が罹患し、56,000~71,000例が入院および570~800例が死亡していると推定される。ノロウイルスは人と人との接触により広まる一方で、食品経由の感染は広範囲の曝露の原因となり、感染を予防する重要な機会である。CDCは、食品媒介ノロウイルスの疫学的特徴を得るために、National Outbreak Reporting System(NORS)を通して州、支部、地域の保健所により報告されたノロウイルスのアウトブレイクの2009~2012年のデータを分析した。アウトブレイクは、一般的な曝露(例えば状況または食品)に疫学的に関連した同様の疾患が2例以上発生した場合と定義した。2009~2012年のノロウイルスアウトブレイクは合計4,318件で、161,253例の罹患、2,512例の入院、304例の死亡が生じた。うち食品媒介のアウトブレイクは1,008件(23%)で、4年間の単独原因による食品媒介アウトブレイクの48%を占めた。ノロウイルスのアウトブレイクは主に冬で、55%が12月~2月に発生した。4,318件のアウトブレイクのうち、検査室で確認されたのは69%で、31%は臨床または疫学的所見によりノロウイルスが原因と推定された。確認されたノロウイルスの遺伝子型はGⅡ:2,341件、GⅠ:374件、GⅠ/GⅡ:13件、GⅣ:1件であった。アウトブレイクは43州で報告され、州間の1,000,000人/年あたりのアウトブレイク数の中央値は0.6であった。食品媒介アウトブレイクのうち、食品調理の設定は904例(90%)報告され、このうちレストラン(574件、64%)およびケータリングまたは宴会施設(151件、17%)の頻度が高かった。食品汚染の要因が報告された520件中、364件(70%)で食品を扱う従業員が汚染源として関与していた。調理済み食品の素手による接触は、これらのアウトブレイクの196件(54%)で認められた。特定の食品が関連した324件では、調理中(92%) の食品汚染と生の食品摂取(75%)が主な原因であった。67件では単独の食品カテゴリーに起因すると考えられ、最も頻度が高かったのは列で収穫する野菜 (レタスなどの葉物):30%、果物:21%、軟体動物:19%であった。以上より、ノロウイルスは食品媒介性疾患アウトブレイクの主な原因であり、多くの場合、レストランでの感染した従業員による調理中の食品の汚染と結び付いた。食品媒介ノロウイルス疾患の発生を減少させるために、適切な手の衛生の順守の改善、発症した従業員の業務からの除外(症状の消失後48時間以上経過するまで)、資格を持ったキッチン責任者による監視が推奨される。

References

  • Hall AJ, Wikswo ME, Manikonda K, Roberts VA, Yoder JS, Gould LH. Acute gastroenteritis surveillance through the National Outbreak Reporting System, United States. Emerg Infect Dis 2013;19:1305–9.
  • Hall AJ, Lopman BA, Payne DC, et al. Norovirus disease in the United States. Emerg Infect Dis 2013;19:1198–205.
  • CDC. Updated norovirus outbreak management and disease prevention guidelines. MMWR 2011;60(No. RR-3).
  • Vega E, Barclay L, Gregoricus N, Shirley SH, Lee D, Vinje J. Genotypic and epidemiologic trends of norovirus outbreaks in the United States, 2009 to 2013. J Clin Microbiol 2014;52:147–55.
  • Siebenga JJ, Vennema H, Zheng DP, et al. Norovirus illness is a global problem: emergence and spread of norovirus GII.4 variants, 2001–2007. J Infect Dis 2009;200:802–12.
  • Lopman B, Gastanaduy P, Park GW, Hall AJ, Parashar UD, Vinje J. Environmental transmission of norovirus gastroenteritis. Curr Opin Virol 2012;2:96–102.
  • Teunis PF, Moe CL, Liu P, et al. Norwalk virus: how infectious is it? J Med Virol 2008;80:1468–76.
  • MacCannell T, Umscheid CA, Agarwal RK, Lee I, Kuntz G, Stevenson KB. Guideline for the prevention and control of norovirus gastroenteritis outbreaks in healthcare settings. Infect Control Hosp Epidemiol 2011;32:939–69.
  • Scallan E, Hoekstra RM, Angulo FJ, et al. Foodborne illness acquired in the United States—major pathogens. Emerg Infect Dis 2011;17:7–15.
  • Hall AJ, Eisenbart VG, Etingue AL, Gould LH, Lopman BA, Parashar UD. Epidemiology of foodborne norovirus outbreaks, United States, 2001–2008. Emerg Infect Dis 2012;18:1566–73.
  • Food and Drug Administration. FDA Food Code. Silver Spring, MD: US Department of Health and Human Services, Food and Drug Administration; 2013. Available at <http://www.fda.gov/foodcode>.
  • Green LR, Selman CA, Radke V, et al. Food worker hand washing practices: an observation study. J Food Prot 2006;69:2417–23.
  • Carpenter LR, Green AL, Norton DM, et al. Food worker experiences with and beliefs about working while ill. J Food Prot 2013 Dec;76:2146–54.
  • Hedberg CW, Smith SJ, Kirkland E, Radke V, Jones TF, Selman CA. Systematic environmental evaluations to identify food safety differences between outbreak and nonoutbreak restaurants. J Food Prot 2006;69:2697–702.
  • CDC. Food safety epidemiology capacity in state health departments—United States, 2010. MMWR 2011;60:1701–4.
  • Leshem E, Wikswo M, Barclay L, et al. Effects and clinical significance of GII.4 Sydney norovirus, United States, 2012–2013. Emerg Infect Dis 2013;19:1231–8.
  • Atmar RL, Bernstein DI, Harro CD, et al. Norovirus vaccine against experimental human Norwalk virus illness. New England Journal of Medicine 2011;365:2178–87.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ