一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)Million Hearts:主要な心血管系疾患リ・・・

MMWR抄訳

rss

2014/05/30Vol. 63 / No. 21

MMWR63(21):462-467
Million Hearts: Prevalence of Leading Cardiovascular Disease Risk Factors — United States, 2005–2012

Million Hearts:主要な心血管系疾患リスク因子の保有率-アメリカ、2005~2012年

アメリカでは毎年約150万人の成人が心臓発作または脳卒中を起こしており、1時間あたり約30人が死亡、生存した場合も長期的な機能障害を来す。心臓発作または脳卒中からの生存例は約1,400万人と推定されている。2011年、U.S. Department of Health and Human Servicesは2012~2016年の5年間に心血管疾患(CVD)リスク因子を抑制し、100万件の心臓発作および脳卒中を予防することを目的に非営利民間組織と共同してMillion Heartsを立ち上げた。ここでは2005~2006年、2007~2008年、2009~2010年、2011~2012年におけるMillion Heartsによる「ABCS (アスピリン、血圧、コレステロール、喫煙)」の分析結果について報告する。二次予防のためのアスピリンの使用は2009~2010年にて53.8%(男性58.5%、女性:48.0%)が行っており、人種/民族別では白人:55.7%、黒人:50.4%、ヒスパニック系:43.6%、その他:52.5%であった。血圧コントロールは2005~2006年:43.4%、2011~2012年:51.9%(男性:48.9%、女性:54.6%)にて行われ、年齢別では45~64歳にて56.3%と高かった。コレステロール管理は2009~2010年:33.0%から2011~2012年:42.8%(男性:40.9%、女性:44.8%)と増加、20~44歳では11.6%と低いが、45~64歳は44.1%、65~74歳では59.6%と高かった。また、喫煙に関する評価と治療(禁煙薬またはカウンセリング)は2009~2010年にて22.2%(男性:21.1%、女性:23.2%)に対し行われ、45~64歳にて25.3%と高かった。2011~2012年の喫煙率(紙巻たばこ、葉巻、パイプ)は25.1%(男性:30.3%、女性:20.4%)と2005~2006年の28.2%から低下している。また、1日のナトリウム平均摂取量は2005~2006年:3,691mg、2009~2010年:3,594mg (男性:4,225 mg、女性:2,976mg)であった。以上、CVDのリスクとなるこれらの因子の抑制が進んでいるが、2017年までにMillion Heartsの目標を達成するためにはさらに低下させる必要がある。

References

  • Go AS, Mozaffarian D, Roger VL, et al. Heart disease and stroke statistics—2014 update: a report from the American Heart Association. Circulation 2014;129:e28–292.
  • Frieden TR, Berwick DM. The “Million Hearts” initiative—preventing heart attacks and strokes. N Engl J Med 2011;365:e27.
  • CDC. CDC Grand Rounds: the Million Hearts initiative. MMWR 2012;61:1017–21.
  • Vesper HW, Kuiper HC, Mirel LB, Johnson CL, Pirkle JL. Levels of plasma trans-fatty acids in non-Hispanic white adults in the United States in 2000 and 2009. JAMA 2012;307:562–3.
  • Lloyd-Jones DM, Hong Y, Labarthe D, et al. Defining and setting national goals for cardiovascular health promotion and disease reduction: the American Heart Association’s strategic impact goal through 2020 and beyond. Circulation 2010;121:586–613.
  • Stone NJ, Robinson JG, Lichtenstein AH, et al. 2013 ACC/AHA guideline on the treatment of blood cholesterol to reduce atherosclerotic cardiovascular risk in adults: a report of the American College of Cardiology/American Heart Association Task Force on Practice Guidelines. Circulation 2013. Available at <http://circ.ahajournals.org/content/early/2013/11/11/01.cir.0000437738.63853.7a.citation>.
  • Wright JT Jr, Fine LJ, Lackland DT, Ogedegbe O, Dennison Himmelfarb CR. Evidence supporting a systolic blood pressure goal of less than 150 mm Hg in patients aged 60 years or older: the minority view. Ann Intern Med 2014;160:499–503.
  • CDC. Million Hearts: strategies to reduce the prevalence of leading cardiovascular disease risk factors—United States, 2011. MMWR 2011;60:1248–51.
  • Frieden TR, King SM, Wright JS. Protocol-based treatment of hypertension: a critical step on the pathway to progress. JAMA 2014;311:21–2.
  • Patel MM, Datu B, Roman D, et al. Progress of health plans toward meeting the Million Hearts clinical target for high blood pressure control—United States, 2010–2012. MMWR 2014;63:127–30.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ