一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)29歳以下における非意図的な溺死の人種/民族間格差・・・

MMWR抄訳

rss

2014/05/16Vol. 63 / No. 19

MMWR63(19):421-426
Racial/Ethnic Disparities in Fatal Unintentional Drowning Among Persons Aged ≤29 Years — United States, 1999–2010

29歳以下における非意図的な溺死の人種/民族間格差 ― アメリカ、1999~2010年

アメリカでは毎年約4,000人が溺死しており、溺水は29歳以下における非意図的傷害による死因の上位3位内に入る。CDCはNational Vital Statistics Systemの1999~2010年における29歳以下の死亡データより、人種/民族別に溺死に関する分析を行った。この期間の溺死者は20,912例であり、全体での死亡率は10万人あたり1.43、人種/民族別ではアメリカインディアン/アラスカ原住民にて2.57と最も高く、黒人:1.90、ヒスパニック系:1.37、白人:1.32、アジア/太平洋諸国(A/PI):1.18と続いた。溺死場所は1歳未満の乳児では浴槽が最も多く(435/696例、62.5%)、1~4歳および5~9歳はスイミングプール[1~4歳:2,852/5,547例(51.4%)、5~9歳:616/1,818例(33.9%)]、10歳以上では自然の水場が多かった。人種および年齢別の非意図的な溺死率は、いずれも1歳にて最も高く(10万人あたり白人:5.22、ヒスパニック系:4.14、黒人:2.98)、その後5歳まで大きく低下(白人:83%、ヒスパニック系:85%、黒人:43%)し、5~18歳では黒人にて白人、ヒスパニック系に比べ有意に高値を維持した。スイミングプールでの溺死率は1~2歳で白人:2.53、ヒスパニック系:1.85、黒人:1.59と最も高く、5歳以降では黒人にて高くなり、また、自然の水場における溺死率は黒人にて7歳から18歳まで白人に比べ有意に高く、5歳から16歳まではヒスパニック系に比べ高い傾向、ピーク値はヒスパニック系、19~20歳にて10万人あたり1.35であった。溺死はフェンスなどバリアの設置、ライフジャケットの着用、ライフガードの配置、水泳の基本的技術の習得、現場に居合わせた人による心肺蘇生術などにより阻止し得るものであり、とくに水泳の基本的技術を身につけることが重要であると思われる。

References

  • Xu JQ. Unintentional drowning deaths in the United States, 1999–2010. NCHS data brief no. 149. Hyattsville, MD: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2014. Available at <http://www.cdc.gov/nchs/data/databriefs/db149.htm>.
  • CDC. Web-Based Injury Statistics Query and Reporting System (WISQARS). Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2014. Available at <http://www.cdc.gov/injury/wisqars/index.html>.
  • Saluja G, Brenner RA, Trumble AC, Smith GS, Schroeder T, Cox C. Swimming pool drownings among US residents aged 5–24 years: understanding racial/ethnic disparities. Am J Public Health 2006;96:728–33.
  • CDC. Drowning—United States, 2005–2009. MMWR 2012;61:344–7.
  • Brenner RA, Taneja GS, Haynie DL, et al. Association between swimming lessons and drowning in childhood: a case-control study. Arch Pediatr Adolesc Med 2009;163:203–10.
  • Rahman F, Bose S, Linnan M, et al. Cost-effectiveness of an injury and drowning prevention program in Bangladesh. Pediatrics 2012;130:e1621–8.
  • Irwin CC, Irwin RL, Ryan TD, Drayer J. Urban minority youth swimming (in)ability in the United States and associated demographic characteristics: toward a drowning prevention plan. Inj Prev 2011;15:234–9.
  • Gilchrist J, Sacks JJ, Branche CM. Self-reported swimming ability in US adults, 1994. Public Health Rep 2000;115:110–1.
  • Howland J, Hingson R, Mangione TW, Bell N, Bak S. Why are most drowning victims men? Sex differences in aquatic skills and behaviors. Am J Public Health 1996;86:93–6.
  • CDC. Fatal injuries among children by race and ethnicity—United States, 1999–2002. MMWR 2007;56(No. SS–5).

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ