一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)C型肝炎ウイルス感染症のエビデンスに基づく治療例を・・・

MMWR抄訳

rss

2014/05/09Vol. 63 / No. 18

MMWR63(18):393-398
Expanding Primary Care Capacity to Treat Hepatitis C Virus Infection Through an Evidence-Based Care Model — Arizona and Utah, 2012–2014

C型肝炎ウイルス感染症のエビデンスに基づく治療例を介した一次医療機関における治療能力の向上 ― アリゾナ州およびユタ州、2012~2014年

C型肝炎ウイルス(HCV)感染症は肝移植や肝細胞癌の主な原因である。アメリカではHCV感染者300万人のうち38%が医療機関の紹介を受け、11%が治療中で、6%が治癒したと推計される一方で、未だ多くの人が感染に気付いておらず、また必要な治療を受けていない。低治療率の原因として、地方の医療機関におけるHCV感染症専門家の不在が挙げられている。CDCはHCV感染症の検査治療機会の拡大を目的に、ユタ州およびアリゾナ州におけるExtension for Community Healthcare Outcomes(ECHO)プロジェクトに資金提供し、その効果を検証した。ECHOプロジェクトでは、teleECHOと呼ばれるビデオ会議で一次医療機関の医療者が症例を提示し、専門家がアドバイスや指導を行う。患者にエビデンスに基づく適切な医療管理を提供し、同時に一次医療機関の治療能力向上を図る。2012年9月30日~2014年2月28日の間、2州において計90名の医療者がteleECHOに参加した。66名(73%)は地域の一次医療機関の医療者で、そのほとんど(93.9%)がHCV感染症の治療管理経験がなかった。teleECHOで280例の新規HCV慢性感染症例が提示された。症例の大多数がHCV感染リスクの高い1945~1965年にアメリカで出生した非ヒスパニック系白人で、116例(41.4%)に注射薬物使用歴があり、メディケイド受給者(61.8%)が多かった。遺伝子型1型HCVが最も多く(62.9%)、243例のうち100例(41%)は血液検査にて進行性肝線維症あるいは肝硬変が示唆された。129例(46.1%)が治療を開始し、そのうち91例(70.5%)はインターフェロン療法、34例(26.4%)は2013年12月に承認された新薬ソホスブビルを主体とする治療を受けた。既報では、アメリカにおけるHCV感染者の治療開始率は14~22%とされており、本プロジェクトにおける治療開始率はその2倍以上となった。以上の結果から、ECHOプロジェクトが特に地方の一次医療機関の医療者の能力向上と住民の治療に有効であることが示された。

References

  • El-Serag HB. Epidemiology of viral hepatitis and hepatocellular carcinoma. Gastroenterology 2012;142:1264–73.
  • Freeman RB Jr, Steffick DE, Guidinger MK, Farmer DG, Berg CL, Merion RM. Liver and intestine transplantation in the United States, 1997–2006. Am J Transplant 2008;8:958–76.
  • Holmberg SD, Spradling PR, Moorman AC, Denniston MM. Hepatitis C in the United States. N Engl J Med 2013;368:1859–61.
  • Morrill JA, Shrestha M, Grant RW. Barriers to the treatment of hepatitis C: patient, provider, and system factors. J Gen Intern Med 2005;20:754–8.
  • McGowan CE, Monis A, Bacon BR, et al. A global view of hepatitis C: physician knowledge, opinions, and perceived barriers to care. Hepatology 2013;57:1325–32.
  • Arora S, Thornton K, Murata G, et al. Outcomes of treatment for hepatitis C virus infection by primary care providers. N Engl J Med 2011;364:2199–207.
  • Arora S, Kalishman S, Thornton K, et al. Expanding access to hepatitis C virus treatment—Extension for Community Healthcare Outcomes (ECHO) project: disruptive innovation in specialty care. Hepatology 2010;52:1124–33.
  • CDC. Recommendations for the identification of chronic hepatitis C virus infection among persons born during 1945–1965. MMWR 2012;61(No. RR-4).
  • Rein DB, Smith BD, Wittenborn JS, et al. The cost-effectiveness of birth-cohort screening for hepatitis C antibody in U.S. primary care settings. Ann Intern Med 2012;156:263–70.
  • Brew IF, Butt C, Wright N. Can antiviral treatment for hepatitis C be safely and effectively delivered in primary care?: a narrative systematic review of the evidence base. Br J Gen Pract 2013;63:e842–51.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ