一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)関節炎を有する成人における転倒および転倒による外傷・・・

MMWR抄訳

rss

2014/05/02Vol. 63 / No. 17

MMWR63(17):379-383
Falls and Fall Injuries Among Adults with Arthritis — United States, 2012

関節炎を有する成人における転倒および転倒による外傷 ― アメリカ、2012年

転倒は高齢者の外傷による疾病率および死亡率の主因であり、毎年、高齢者の約1/3以上が転倒し、直接医療費は300億ドル近くに達する。転倒による転帰として股関節骨折、脳障害、機能的能力の低下、社会的および身体的活動の低下などを来たす。CDCは2012年のBehavioral Risk Factor Surveillance Systemデータより、45歳以上の成人における過去12カ月以内の転倒および転倒による外傷について分析を行った。分析対象は50州、ワシントンDC、プエルトリコおよびグアムにおける45歳以上の338,734名(回答率27.7~60.4%、中央値:45.2%)であり、うち関節炎患者は40.1%(31.0~51.9%)であった。年齢補正前の1回以上の転倒は45~64歳にて25.5%、65歳以上にて27.0%で、同等であった。全体における過去12カ月以内の1回の転倒は13.8(8.8~16.7)%、2回以上の転倒は13.3(6.1~21.0)%、転倒による外傷は9.9(4.5~13.3)%に認められた。年齢補正後の分析では、関節炎患者ではそれぞれ15.5%(10.7%:ウィスコンシン州~20.1%:ワシントン州)、21.3%(10.0%:ウィスコンシン州~30.6:アラスカ州)、16.2%(8.5%:ウィスコンシン州~22.1%:オクラホマ州)、関節炎患者以外ではそれぞれ12.1%(7.7%:ウィスコンシン州~15.1%:ワイオミング州およびワシントンDC)、9.0%(4.1%:ウィスコンシン州~14.6%:アラスカ州)、6.5%(2.7%:ウィスコンシン州~9.0%:アラスカ州)であった。グアムを除き、2回以上の転倒および転倒による外傷は関節炎患者にて多く認められ、年齢補正による1回の転倒、1回以上の転倒、2回以上の転倒、転倒による外傷を来した症例は関節炎患者にて関節炎患者以外に比べそれぞれ28%、79%、137%、149%多く認められた。関節炎患者は2030年まで徐々に増加すると予測されており、関節炎患者に対する転倒の予防対策を進める必要性が示唆される。

References

  • Stevens JA, Corso PS, Finkelstein EA, Miller TR. The costs of fatal and non-fatal falls among older adults. Inj Prev 2006;12:290–5.
  • Rubenstein LZ, Josephson KR. Falls and their prevention in elderly people: what does the evidence show? Med Clin North Am 2006;90:807–24.
  • Talbot LA, Musiol RJ, Witham EK, Metter EJ. Falls in young, middle-aged and older community dwelling adults: perceived cause, environmental factors and injury. BMC Public Health 2005;5:86.
  • CDC. Prevalence of doctor-diagnosed arthritis and arthritis-attributable activity limitation—United States, 2010–2012. MMWR 2013;62:869–73.
  • CDC. Prevalence and most common causes of disability among adults—United States, 2005. MMWR 2009;58:421–6.
  • Hootman JM, Helmick CG. Projections of US prevalence of arthritis and associated activity limitations. Arthritis Rheum 2006;54:226–9.
  • Gillespie LD, Robertson MC, Gillespie WJ, et al. Interventions for preventing falls in older people living in the community. Cochrane Database Syst Rev 2009;2(CD007146).
  • Sherrington C, Tiedemann A, Fairhall N, Close JC, Lord SR. Exercise to prevent falls in older adults: an updated meta-analysis and best practice recommendations. N S W Public Health Bull 2011;22:78–83.
  • Jahnke R, Larkey L, Rogers C, Etnier J, Lin F. A comprehensive review of health benefits of qigong and tai chi. Am J Health Promot 2010;24:e1–25.
  • Sacks JJ, Harrold LR, Helmick CG, Gurwitz JH, Emani S, Yood RA. Validation of a surveillance case definition for arthritis. J Rheumatol 2005;32:340–7.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ