一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)長距離の障害物アドベンチャーレースに関係するカンピ・・・

MMWR抄訳

rss

2014/05/02Vol. 63 / No. 17

MMWR63(17):375-378
Outbreak of Campylobacteriosis Associated with a Long-Distance Obstacle Adventure Race — Nevada, October 2012

長距離の障害物アドベンチャーレースに関係するカンピロバクター感染症のアウトブレイク ― ネバダ州、2012年10月

ネバダ州ラスベガスに近いネリス空軍基地の現役軍人3名が2012年10月10~12日にかけて発熱、嘔吐、出血性下痢を来し、12日に救急外来を受診した。問診によると、これらの患者は6~7日、州内ビーティの牧場地で行われた長距離障害物アドベンチャーレースに参加し、競技中に転倒して泥地に顔が着いたり、頭ごと水中に入ったりしていた。Nellis Public Healthの調査によりさらに19例(計22例、確診例:4、疑い例:18)にて下痢(24時間以内に3回以上)、出血性下痢または他の胃腸疾患症状(腹部疝痛、悪心、嘔吐など)の症状を認めた。確診例では便の検体からCampylobacter coliが分離された。症状の発現までは3.3(1~9)日、最も多い症状は下痢(18/19例)であり、次いで疝痛(14/18例)、発熱(10/18例)、悪心(10/17例)と続いた。入院した患者は1例(対症療法と抗生物質投与)であり、22例全例が回復した。症例対照研究では、「競技中に泥水をうっかり飲んでしまった」こととカンピロバクター感染とに有意な相関を認め、「競技主催団体から提供された飲食物の摂取」「全身が水中に浸かった」「水や泥が目や口に入った」こととは相関を認めなかった。便検体の培養検査では、全例、O157大腸菌、サルモネラ、赤痢菌、志賀毒素、寄生虫およびその卵にすべて陰性を示した。アメリカでは障害物アドベンチャーレースの人気が高まっているが、このようなイベントでは泥水などの汚染水への接触(特に摂取)を極力避け、手をしっかり洗うことが感染予防に重要であり、これらの周知を参加者に徹底し、また、アウトブレイクの調査では、最初の結果が陰性であったとしても、患者の便検体を収集、培養検査、血清検査などを続けて行うことが重要である。

References

  • CDC. Campylobacter. How do people get infected with this germ? Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2013. Available at <http://www.cdc.gov/nczved/divisions/dfbmd/diseases/campylobacter/#how_infect>.
  • Keneally S. Playing dirty. Outside [magazine]. November 2012. Available at <http://www.outsideonline.com/outdoor-adventure/multisport/playing-dirty-november-2012.html>.
  • Scallan E, Hoekstra RM, Angulo FJ, et al. Foodborne illness acquired in the United States—major pathogens. Emerg Infect Dis 2011;17:7–15.
  • Saeed AM, Harris NV, DiGiacomo RF. The role of exposure to animals in the etiology of Campylobacter jejuni/coli enteritis. Am J Epidemiol 1993;137:108–14.
  • Rosef O, Gondrosen B, Kapperud G, Underdal B. Isolation and characterization of Campylobacter jejuni and Campylobacter coli from domestic and wild mammals in Norway. Appl Environ Microbiol 1983;46:855–9.
  • Pearson AD, Greenwood MH, Donaldson J, et al. Continuous source outbreak of campylobacteriosis traced to chicken. J Food Prot 2000;63:309–14.
  • Kemp R, Leatherbarrow AJ, Williams NJ, et al. Prevalence and genetic diversity of Campylobacter spp. in environmental water samples from a 100-square-kilometer predominantly dairy farming area. Appl Environ Microbiol 2005;71:1876–82.
  • Kapperud G, Lomo OM, Styrmo K, Gregusson S, Melby K, Vardund T. Two outbreaks of Campylobacter infection after bicycle races—dirty water splash from the wheels identified as a likely source of infection [in Norwegian]. MSIS-rapport 2000;28. Available at <http://www.fhi.no/davx/nyhetsbrev/msis/2000/8/msis.pdf>.
  • National Public Health Service for Wales. The investigation of an outbreak of diarrhoeal illness in participants of the Builth Wells Mountain Bike Marathon: final report. Available at <http://www.wales.nhs.uk/sitesplus/888/document/149181>.
  • Stuart TL, Sandhu J, Stirling R, et al. Campylobacteriosis outbreak associated with ingestion of mud during a mountain bike race. Epidemiol Infect 2010;138:1695–703.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ