一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)5つの主な死因を予防する可能性 ― アメリカ、20・・・

MMWR抄訳

rss

2014/05/02Vol. 63 / No. 17

MMWR63(17):369-374
Potentially Preventable Deaths from the Five Leading Causes of Death — United States, 2008–2010

5つの主な死因を予防する可能性 ― アメリカ、2008~2010年

2010年、アメリカにおける死因の上位5つは1)心臓病、2)癌、3)慢性下部呼吸器疾患、4)脳血管疾患(脳卒中)、5)非意図的な外傷であり、CDCはNational Vital Statistics Systemの死亡率データ(2008~2010年)からこれらの死因について予防しうる可能性を分析した。この期間において、80歳未満の上位5つの死因による死亡者は895,317名(心臓病:272,688名、癌:400,949名、慢性下部呼吸器疾患:74,458名、脳血管疾患:52,360名、非意図的外傷:94,862名)であり、全死因の約66%を占めていた。このうち、予防が可能であった例数[全死亡数から予想死亡数(下位3州の平均年齢別死亡率×年齢別州人口)を引いた数]は心臓病:91,757名、癌:84,443名、慢性下部呼吸器疾患:28,831名、脳血管疾患(脳卒中):16,973名、非意図的外傷:36,836名であり、アメリカ合衆国保健福祉省の定める10地域では、地域4(南東部:アラバマ州、フロリダ州、ジョージア州、ケンタッキー州、ミシシッピ州、ノースおよびサウスカロライナ州、テネシー州)にて最も多く認められた。この分析結果は各地域においてこれらの死因による死亡者数を抑制するための目標を示すものであり、州または地域による対策の一助となると思われる。

References

  • Hoyert DL, Xu JQ. Deaths: preliminary data for 2011. Natl Vital Stat Rep 2012;61(6).
  • Murphy SL, Xu JQ, Kochanek KD. Deaths: final data for 2010. Natl Vital Stat Rep 2013;61(4).
  • National Heart Lung and Blood Institute. What are the risk factors for heart disease? Washington, DC: National Institutes of Health; 2012. Available at <http://www.nhlbi.nih.gov/educational/hearttruth/lower-risk/risk-factors.htm>.
  • National Cancer Institute. Prevention, genetics, causes. Washington, DC: National Institutes of Health; 2013. Available at <http://www.cancer.gov/cancertopics/prevention-genetics-causes>.
  • World Health Organization. Risk factors for chronic respiratory diseases. In: Global surveillance, prevention and control of chronic respiratory diseases: a comprehensive approach. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2007:37–55. Available at <http://www.who.int/gard/publications/GARD%20Book%202007.pdf>.
  • CDC. Stroke risk factors. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2010. Available at <http://www.cdc.gov/stroke/risk_factors.htm>.
  • Doll LS, Bonzo SE, Mercy JA, Sleet DA, eds. Handbook of injury and violence prevention. New York, NY: Springer; 2007.
  • CDC. CDC health disparities and inequalities report—United States, 2013. MMWR 2013;62(Suppl No. 3).
  • US Department of Health and Human Services. Healthy people 2020. Washington, DC: US Department of Health and Human Service; 2013. Available at <http://www.healthypeople.gov/2020>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ