一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)世界的なポリオ撲滅に向けた進捗を記録するサーベイラ・・・

MMWR抄訳

rss

2014/04/25Vol. 63 / No. 16

MMWR63(16):356-361
Surveillance Systems to Track Progress Toward Global Polio Eradication — Worldwide, 2012–2013

世界的なポリオ撲滅に向けた進捗を記録するサーベイランスシステム ― 全世界、2012~2013年

ポリオ症例は、急性弛緩性麻痺(AFP)サーベイランスで摘発された患者の便検体中のポリオウイルス(PV)がGlobal Polio Laboratory Network (GPLN)のWHO認定検査機関により確定された症例である。AFPサーベイランスの精度指標として、ポリオフリー国は15歳未満人口10万人当たり1例以上の非ポリオ性AFP検出率、それ以外の国は2例以上の検出率を達成することが求められる。また便検体収集基準として、AFP発症14日以内に24時間以上離して採取した2検体を適切にGPLNの検査室に届ける必要がある。2009~2013年に野生型ポリオウイルス(WPV)またはワクチン由来PV (VDPV)症例を経験したWHOアフリカ地域(AFR)および東地中海地域(EMR) 30カ国のうち、全国的AFPサーベイランス基準および適切な便検体収集基準を達成した国は、2012年の27カ国(90%)から2013年の22カ国(73%)へ減少した。また人口の80%以上が居住する地域が両基準を達成した国は、2012年の17カ国(57%)から2013年の13カ国(43%)に減少した。下水中のPV検査を行う環境サーベイランスは、WPV常在国、非常在国にて実施されている。AFPの発症がなくとも検出されており、一時的なPV伝播が発生していることの証左となっている。GPLNは146のWHO認定検査機関から成り、PVの分離同定、3血清型の判定、WPVとVDPVの判別およびゲノムシークエンス解析を行う。GPLNは2012年、AFP患者から採取した便検体計215,629検体、2013年は197,658検体の検査を行った。2012年には395株、2013年に723株のWPVを検出した(83%増)。またVDPVは2012年に125株、2013年に65株を検出した(52%減)。PVのゲノムシークエンス解析は、PV伝播経路のモニタリングに役立つ。2012年にはAFRにてWPV 1型西アフリカ(WEAF)遺伝子型-B1、B2およびWPV 3型、EMRにてWPV 1型南アジア(SOAS)遺伝子型および3型SOASが検出された。2013年には1型WEAF-B1およびSOASのみが検出されている。ポリオ根絶の達成とPV伝播遮断を確立のためには、地域レベルでのさらなるAFPサーベイランスの強化と維持が重要である。

References

  • World Health Assembly. Poliomyelitis: intensification of the global eradication initiative. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2012. Available at <http://apps.who.int/gb/ebwha/pdf_files/wha65/a65_r5-en.pdf>.
  • CDC. Evaluating surveillance indicators supporting the Global Polio Eradication Initiative, 2011–2012. MMWR 2013;62:270–4.
  • CDC. Update on vaccine-derived polioviruses—worldwide, July 2012–December 2013. MMWR 2013;63:242–8.
  • Tulchinsky TH, Ramlawi A, Abdeen Z, Grotto I, Flahault A. Polio lessons 2013: Israel, the West Bank, and Gaza. Lancet 2013;382:1611–2.
  • Manor Y, Shulman LM, Kaliner E, et al. Intensified environmental surveillance supporting the response to wild poliovirus type 1 silent circulation in Israel, 2013. Eurosurveillance 2014;19:1–10. Available at <http://www.eurosurveillance.org/ViewArticle.aspx?ArticleId=20708>.
  • Mohammadi D. Middle Eastern countries scramble to stop spread of polio. Lancet 2013;382:1621–2.
  • Global Polio Eradication Initiative. Polio this week. Geneva, Switzerland: Global Polio Eradication Initiative, World Health Organization; 2014. Available at <http://www.polioeradication.org/dataandmonitoring/poliothisweek.aspx>.
  • Kilpatrick DR, Yang CF, Ching K, et al. Rapid group-, serotype-, and vaccine strain-specific identification of poliovirus isolates by real-time reverse transcription–PCR using degenerate primers and probes containing deoxyinosine residues. J Clin Microbiol 2009;47:1939–41.
  • Global Polio Eradication Initiative. Polio eradication and endgame strategic plan (2013–2018). Geneva, Switzerland: World Health Organization, Global Polio Eradication Initiative; 2013. Available at <http://www.polioeradication.org/portals/0/document/resources/strategywork/endgamestratplan_20130414_eng.pdf>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ