一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)室内射撃場と血中鉛濃度の上昇 ― アメリカ、200・・・

MMWR抄訳

rss

2014/04/25Vol. 63 / No. 16

MMWR63(16):347-351
Indoor Firing Ranges and Elevated Blood Lead Levels — United States, 2002–2013

室内射撃場と血中鉛濃度の上昇 ― アメリカ、2002~2013年

室内射撃場は、従業員やその家族および顧客の血中鉛濃度(BLL)上昇の曝露源である。アメリカ国内16,000~18,000カ所の室内射撃場には数万人の従業員が雇用されており、また約100万人の警官が室内射撃場で訓練を行っている。成人の鉛曝露について評価するため、CDCの労働安全衛生研究所(NIOSH)が監督するAdult Blood Lead Epidemiology and Surveillance(ABLES)プログラムのデータから、鉛曝露源の調査を行った。2012年には41州がABLESプログラムに参加している。2002~2012年の間、室内射撃場関連職の計2,056名にBLL上昇(10 μg/dL以上)が認められ、631名(31%)が警護職、1,425名(69%)が娯楽産業の従業員であった。さらに2,673名にBLL上昇が認められ、非職業的射撃による鉛曝露と考えられた。2012年10月、ある室内射撃場従業員2名のBLL上昇がABLESプログラムに報告された。ワシントン州労働安全衛生局(WaDOSH)が査察を行った結果、空調設備、鉛曝露に対する個人的防御、生物学的モニタリング、室内清掃、防塵マスクの医学的清浄と装着性試験の未実施等の労働衛生基準違反が指摘された。また、9月からの改装工事期間中、建設作業員117名と従業員42名が現場におり、そのうち98名がBLL検査を受けた結果、46名(47%)にBLL上昇(建設作業員26名: 10~153μg/dL、従業員20名: 14~58μg/dL)が認められた。WaDOSHは州内の全室内射撃場に対し鉛曝露のモニタリングと従業員の安全教育を含む標準的査察を実施した。2013年12月、カリフォルニア州の銃火器店併設室内射撃場の従業員からNIOSHに調査依頼があり、査察の結果、空調設備に不備があり、空気中鉛濃度の一時的な上昇や室内表面の鉛汚染が認められた。従業員のBLLは19.9~40.7μg/dLであった。公衆衛生担当者および医療関係者は、BLL上昇を認めた場合には職業や趣味について鉛曝露の可能性があるか質問するべきである。また、鉛曝露を低減するために、無鉛弾の使用、空調設備の改善、適切な清掃作業などの教育と介入が必要である。

References

  • CDC. Preventing occupational exposure to lead and noise at indoor firing ranges. NIOSH alert 2009. Cincinnati, OH: US Department of Health and Human Services, CDC, National Institute for Occupational Safety and Health; 2009. Available at <http://www.cdc.gov/niosh/docs/2009-136/pdfs/2009-136.pdf>.
  • CDC. Adult Blood Lead Epidemiology and Surveillance (ABLES). Cincinnati, OH: US Department of Health and Human Services, CDC, National Institute for Occupational Safety and Health; 2013. Available at <http://www.cdc.gov/niosh/topics/ables/description.html>.
  • Occupational Safety and Health Administration. Lead standards: general industry (29 CFR 1910.1025) and construction industry (29 CFR 1926.62). Washington, DC: US Department of Labor, Occupational Safety and Health Administration; 1978. Available at <https://www.osha.gov/sltc/lead>.
  • National Research Council of the National Academies. Report from the Committee on Potential Health Risks from Recurrent Lead Exposure of DOD Firing Range Personnel. Washington, DC: National Academies Press; 2013.
  • Occupational Safety and Health Administration. Permissible exposure limits—annotated tables. Washington, DC: US Department of Labor, Occupational Safety Administration; 2014. Available at <https://www.osha.gov/dsg/annotated-pels/index.html>.
  • Chen I. Overlooked: thousands of Americans exposed to dangerous levels of lead in their jobs. Scientific American, August 20, 2013. Available at <http://www.scientificamerican.com/article/overlooked-thousands-of-american-exposed-to-dangerous-levels-of-lead-in-their-jobs/?page=1>.
  • National Toxicology Program. Health effects of low-level lead evaluation. Research Triangle Park, NC: US Department of Health and Human Services, National Toxicology Program; 2013. Available at <http://ntp.niehs.nih.gov/go/36443>.
  • Billingsley KJ. Letter of September 30, 2013, from K. J. Billingsley, California Department of Public Health, to Juliann Sum, Division of Occupational Safety and Health (Cal/OSHA), California Department of Industrial Relations. Re: Health-based permissible exposure limit for lead. Available at <http://www.cdph.ca.gov/programs/olppp/documents/leadstdpelrec.pdf>.
  • Kosnett MJ, Wedeen, RP, Rothenberg SJ, et al. Recommendations for medical management of adult lead exposure. Environ Health Perspect 2007;115:463–71.
  • National Shooting Sports Foundation. The shooting sports, 2014. Newtown, CT: National Shooting Sports Foundation; 2014. Available at <http://www.nssf.org/shooting/sports>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ