一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)食品を媒介した病原菌による感染症の発症率と傾向 ―・・・

MMWR抄訳

rss

2014/04/18Vol. 63 / No. 15

MMWR63(15):328-332
Incidence and Trends of Infection with Pathogens Transmitted Commonly Through Food — Foodborne Diseases Active Surveillance Network, 10 U.S. Sites, 2006–2013

食品を媒介した病原菌による感染症の発症率と傾向 ― Foodborne Diseases Active Surveillance Network、アメリカ10州、2006~2013年

Foodborne Diseases Active Surveillance Network (FoodNet)により、国内10カ所(全人口の約15%)を対象とした主に食品を媒介して伝染する9つの病原菌(CampylobacterCryptosporidiumCyclosporaLysteriaSalmonella、志賀毒素産生大腸菌(STEC)O157およびnon-O157、赤痢菌、VibrioおよびYersinia)による研究室確診感染症の発症率モニタリング調査結果を報告する。2013年、これらの菌による感染症患者は19,056例、うち4,200例が入院し、80例が死亡した。病原菌別の発症数(人口10万人あたりの発症率)は、Salmonella:7,277例(15.19)、Campylobacter:6,621例(13.82)、赤痢菌:2,309例(4.82)、Cryptosporidium:1,186例(2.48)、STEC non-O157:561例(1.17)、STEC O157:552例(1.15)、Vibrio:242例(0.51)、Yersinia:171例(0.36)、Lysteria:123例(0.26)、Cyclospora:14例(0.03)であり、65歳以上ではCyclosporaLysteriaVibrio、5歳未満ではその他の病原菌による感染例が多く認められた。2010~2012年と比較した場合、有意な変動はSalmonella (9%減少)、Vibrio: (32%増加)にて認め、2006~2008年との比較ではCampylobacterおよびVibrioがいずれも増加していた。Salmonella 6,520検体の血清型分析ではEnteritidisが最も多く(1,237、19%)、Typhimurium(917、14%)、Newport(674、10%)と続いた。2010~2012年との比較ではEnteritidisおよびNewportが有意に減少(それぞれ14%、32%)、2006~2008年との比較ではTyphimuriumが有意に減少していた(20%)。2012年、下痢後溶血性尿毒症(HUS)を来した18歳未満の小児は、2012年にて62例(10万人あたり0.56)、うち5歳未満は38例(同1.27)であり、2006~2008年に比べ有意に減少していた(18歳未満:31%、5歳未満:36%)。また、CIDT検査にて陽性であった1,487検体は培養検査にて陰性であり、CIDTによる診断例の増加は、発症率のモニタリングを難しくしている。これらの感染症の発症率はHealthy People 2020の目標値を上回っており、今後も感染の予防が重要である。

References

  • Food and Drug Administration. FDA Food Safety Modernization Act. Washington, DC: US Department of Health and Human Services, Food and Drug Administration; 2011. Available at <http://www.fda.gov/food/guidanceregulation/fsma/ucm247548.htm>.
  • Henao OL, Scallan E, Mahon B, Hoekstra RM. Methods for monitoring trends in the incidence of foodborne diseases: Foodborne Diseases Active Surveillance Network 1996–2008. Foodborne Pathog Dis 2010;7:1421–6.
  • Henao OL, Crim SM, Hoekstra RM. Calculating a measure of overall change in the incidence of selected laboratory-confirmed infections with pathogens transmitted commonly through food, Foodborne Diseases Active Surveillance Network (FoodNet), 1996–2010. Clin Infect Dis 2012;54(Suppl 5):S418–20.
  • Shapiro RL, Altekruse S, Hutwagner L, et al. The role of Gulf Coast oysters harvested in warmer months in Vibrio vulnificus infections in the United States, 1988–1996. J Infect Dis 1998;178:752–9.
  • CDC. National enteric disease surveillance: COVIS annual summary, 2011. Atlanta, Georgia: US Department of Health and Human Services, CDC; 2013. Available at <http://www.cdc.gov/ncezid/dfwed/pdfs/covis-annual-report-2011-508c.pdf>.
  • Vugia DJ, Tabnak F, Newton AE, et al. Impact of 2003 state regulation on raw oyster-associated Vibrio vulnificus illnesses and deaths, California, USA. Emerg Infect Dis 2013;19:1276–80.
  • Dechet AM, Yu PA, Koram N, Painter J. Nonfoodborne Vibrio infections: an important cause of morbidity and mortality in the United States, 1997–2006. Clin Infect Dis 2008;46:970–6.
  • Cronquist AB, Mody RK, Atkinson R, et al. Impacts of culture-independent diagnostic practices on public health surveillance for bacterial enteric pathogens. Clin Infect Dis 2012;54(S5):S432–9.
  • US Department of Agriculture, Food Safety and Inspection Service. The Nationwide Microbiological Baseline Data Collection Program: Raw Chicken Parts Survey, January 2012–August 2012. Washington, DC: US Department of Agriculture, Food Safety and Inspection Service; 2013. Available at <http://www.fsis.usda.gov/wps/wcm/connect/a9837fc8-0109-4041-bd0c-729924a79201/baseline_data_raw_chicken_parts.pdf?mod=ajperes>.
  • US Department of Agriculture, Food Safety and Inspection Service. Strategic Performance Working Group Salmonella action plan. Washington, DC: US Department of Agriculture, Food Safety and Inspection Service; 2013. Available at <http://www.fsis.usda.gov/wps/wcm/connect/aae911af-f918-4fe1-bc42-7b957b2e942a/sap-120413.pdf?mod=ajperes>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ