一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)5歳以下の幼児における血中鉛濃度の評価 ― ナイジ・・・

MMWR抄訳

rss

2014/04/18Vol. 63 / No. 15

MMWR63(15):325-327
Assessment of Blood Lead Levels Among Children Aged ≤5 Years — Zamfara State, Nigeria, June–July 2012

5歳以下の幼児における血中鉛濃度の評価 ― ナイジェリア、ザムファラ州、2012年6~7月

2010年、ナイジェリアのザムファラ州にて鉛を含有する金鉱の製造により鉛中毒のアウトブレイクが発生し、幼児に重度の神経疾患と死亡をもたらした。金鉱を製造する工程のうち、乾燥する段階の技術が低く、金鉱から細かい粒子が発生し、水や食用作物が汚染され、それを乳幼児が吸入または摂取したと考えられ、鉛は吸入または摂取した場合、血中鉛濃度(BLL)が5μg/dLの低濃度でも認知機能障害、行動障害、聴力障害、成長障害を来し、75μg/dL以上では昏睡、痙攣および死をもたらす。幼児において安全を保証するBLLは定まっていない。このアウトブレイクを受け、鉛に関する教育、リスクの高い村での調査、BLLの検査、医学的治療、環境的浄化が行われ、2012年6~7月、ザムファラ州保健省、Nigerian Field Epidemiology and Laboratory Training ProgramおよびCDCは州の5歳以下の幼児を対象にBLLの幾何学的平均値(GM)を推定するための調査を行い、その成果を評価した。調査対象は州内14郡から選択した112村と隔絶されたまたは安全ではない10村を合わせた122村の幼児392名(平均月齢:35カ月齢)とした。BLLは誘導結合プラズマ質量分析法(検出下限:0.25μg/dL)にて分析した。血液検体は383名(97.7%)から採取、GM BLLは6.9(1.6~61.0)μg/dLであり、10μg/dL以上の幼児は88名(23.0%)、45μg/dL以上の幼児は4名(1.0%)であった。また、粉塵を発生する鉱石処理工程が行われている村の幼児(108名)では8.5μg/dL、行われていない村の幼児(195名)では6.4μg/dL、鉱石処理が行われていない村の幼児(91名)では3.4μg/dLと有意差を認めた。また、水銀を利用した金アマルガムにて金を採取している村の幼児では11.2μg/dL、過剰の水銀にて鉱石を焼いて金を採取している村では13.1μg/dLと非常に高値であったが、全体では医学的治療を必要とする幼児は激減し、BLLも低下したことから、環境的浄化や危険な鉱石製造工程への曝露の阻止による効果が認められた。

References

  • Abdelaziz S. Aid groups say lead poisoning has killed 400 children in Nigeria. CNNWorld. October 5, 2010. <Available at http://www.cnn.com/2010/WORLD/africa/10/05/nigeria.lead.poisoning>.
  • Dooyema CA, Neri A, Lo YC, et al. Outbreak of fatal childhood lead poisoning related to artisanal gold mining in northwestern Nigeria, 2010. Environ Health Perspect 2012;120:601–7.
  • Agency for Toxic Substances and Disease Registry. Toxicological profile for lead. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, Agency for Toxic Substances and Disease Registry; 2007. Available at <http://www.atsdr.cdc.gov/toxprofiles/tp13.pdf>.
  • Lanphear BP, Hornung R, Khoury J, et al. Low-level environmental lead exposure and children’s intellectual function: an international pooled analysis. Environ Health Perspect 2005;113:894–9.
  • Oak Ridge National Laboratory. Geographic information science and technology: LandScan. US Department of Energy, UT-Battelle. Available at <http://www.ornl.gov/sci/landscan/index.shtml>.
  • CDC Blood cadmium and lead using ICPMS. NHANES 2009–2010. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2009. Available at <http://www.cdc.gov/nchs/data/nhanes/nhanes_09_10/pbcd_f_met.pdf>.
  • CDC. Managing elevated blood lead levels among young children: recommendations from the Advisory Committee on Childhood Lead Poisoning Prevention. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2002. Available at <http://www.cdc.gov/nceh/lead/casemanagement/casemanage_main.htm>.
  • Lo YC , Dooyema C, Neri A, et al. Childhood lead poisoning associated with gold ore processing: a village-level investigation—Zamfara State, Nigeria, October–November 2010. Environ Health Perspect 2012;120:1450–5.
  • Medecins Sans Frontieres. Time is running out: Zamfara State lead poi­soning crisis. New York, NY: Medecins Sans Frontieres; 2012. Available at <http://www.doctorswithoutborders.org/article/time-running-out-zamfara-state-lead-poisoning-crisis>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ