一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)バイタルサイン:ティーンエイジャー15~17歳にお・・・

MMWR抄訳

rss

2014/04/11Vol. 63 / No. 14

MMWR63(14):312-318
Vital Signs: Births to Teens Aged 15–17 Years — United States, 1991–2012

バイタルサイン:ティーンエイジャー15~17歳における出産 ― アメリカ、1991~2012年

アメリカにおけるティーンエイジャーの出産は減少しているものの、特に15~17歳の若年層の出産は医学的、社会的、経済的に不良な転帰となるリスクが高く、精査が必要である。CDCは1991~2012年のNational Vital Statistics Systemのデータから、15~19歳の出産に占める15~17歳の出産の割合と傾向を分析した。また、2006~2010年のNational Survey of Family Growth(NSFG)のデータから、性経験、性教育、避妊法について分析した。1991~2012年の間、15~17歳の母親1,000人当たりの出産率は38.6から14.1と63%低下し、年齢別では15歳:17.9から5.4、16歳:36.9から12.9、17歳:60.6から23.7となった。2012年の人種/民族ごとの出産率はヒスパニック系(25.5)、非ヒスパニック系黒人(21.9)、アメリカインディアン/アラスカ原住民(17.0)が、非ヒスパニック系白人(8.4)およびアジア/太平洋諸国系(4.1)に比べて高かった。州ごとの出産率はワシントンDC (29.0)が高く、ニューハンプシャー州(6.2)が最も低かった。2012年の15~17歳の出産数は86,423名で15~19歳の出産の28%となり、1991年の36%から22%低下した。2006~2010年のNSFGのデータからは、15~17歳の非婚女性のうち27%に性経験があり、15歳で14.6%、16歳で28.5%、17歳で38.6%が性交を経験していた。15~17歳女性の91%が学校で性教育(避妊または性交の拒否)を受けたにも関わらず、24%はいずれの方法についても両親と話題にしたことがなく、83%は最初の性交以前には受けていなかった。最初の性交の際に22.7%は避妊しておらず、62.0%は効果の低い避妊法を、15.3%は中程度~高効果の避妊法を行っていた。調査3カ月以内に性交をした女性のうち、58%はカウンセリング、医学的検査、避妊薬の処方等の医学的妊娠コントロールを受けており、92%は最後の性交時に避妊していたが、最も効果的な可逆的避妊法であるホルモンインプラントまたは子宮内避妊器具の使用は1%のみであった。以上の結果から、性交開始の遅延や最も効果的な避妊法の導入を促進するティーンエイジャーの若年層を対象とした介入の必要性が明らかとなり、性交開始前のエビデンスに基づく教育、両親が会話に使用できる性交/避妊に関する資料の提供、妊娠関連医療サービスの提供が必要である。

References

  • Martin JA, Hamilton BE, Osterman JK, Curtin SC, Matthews TJ. Births: final data for 2012. Natl Vital Stat Rep 2013;62(9).
  • United Nations. Demographic yearbook 2009. New York, NY: United Nations; 2010. Available at <http://unstats.un.org/unsd/demographic/products/dyb/dyb2.htm>.
  • Klein JD. Adolescent pregnancy: current trends and issues. Pediatrics 2005;116:281–6.
  • Insurance Institute for Highway Safety. Licensing ages and graduated licensing systems. Arlington, VA: Insurance Institute for Highway Safety; 2014. Available at <http://www.iihs.org/iihs/topics/laws/graduatedlicenseintro?topicname=teenagers>.
  • US Department of Labor. State labor laws. Washington, DC: US Department of Labor; 2014. Available at <http://www.dol.gov/whd/state/certification.htm>.
  • Perper K, Peterson K, Manlove J. Diploma attainment among teen mothers. Fact sheet. Washington, DC: Child Trends; 2010. Available at <http://childtrends.org/?publications=diploma-attainment-among-teen-mothers>.
  • CDC. VitalStats. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC, National Center for Health Statistics; 2010. Available at <http:www.cdc.gov/nchs/vitalstats.htm>.
  • Lepkowski J, Mosher W, Groves R, West B, Wagner J, Gu H. Responsive design, weighting, and variance estimation in the 2006–2010 National Survey of Family Growth. Vital Health Stat 2013;2:2–52.
  • Trussell J. Contraceptive efficacy. In: Hatcher RA, Trussell J, Nelson AL, Cates W, Kowal D, Policar M, eds. Contraceptive technology. 20th ed. New York, NY: Ardent Media; 2011.
  • Santelli JS, Lindberg LD, Finer LB, Singh S. Explaining recent declines in adolescent pregnancy in the United States: the contribution of abstinence and improved contraceptive use. Am J Public Health 2007;97:150–6.
  • Suellentrop K. What works 2011–2012: curriculum-based programs that help prevent teen pregnancy. Washington, DC: National Campaign to Prevent Teen and Unplanned Pregnancy; 2011. Available at <http://thenationalcampaign.org/resource/what-works>.
  • Sutton MY, Lasswell SM, Lanier Y, Miller KS. Impact of parent-child communication interventions on sex behaviors and cognitive outcomes for black/African American and Hispanic/Latino youth: a systematic review, 1988–2012. J Adolesc Health 2013 [Epub ahead of print].
  • Markham CM, Lormand D, Gloppen KM, et al. Connectedness as a predictor of sexual and reproductive health outcomes for youth. J Adolesc Health 2010;46:S23–S41.
  • Li X, Feigelman S, Stanton B. Perceived parental monitoring and health risk behaviors among urban low-income African-American children and adolescents. J Adolesc Health 2000;27:43–8.
  • CDC. U.S. medical eligibility criteria for contraceptive use, 2010. MMWR 2010;59(No. RR-04).
  • Winner B, Peipert JF, Zhao Q, et al. Effectiveness of long-acting reversible contraception. N Engl J Med 2012;366:1998–2007.
  • Dodson NA, Gray SH, Burke PJ. Teen pregnancy prevention on LARC: an update on long-acting reversible contraception for the primary care provider. Curr Opin Pediatr 2012;24:439–45.
  • Franzini L, Marks E, Cromwell PF, et al. Projected economic costs due to health consequences of teenagers’ loss of confidentiality in obtaining reproductive health care services in Texas. Arch Pediatr Adolesc Med 2004;158:1140–6.
  • American Academy of Family Physicians. Adolescents, protecting: ensuring access to care and reporting sexual activity and abuse (position paper). Leawood, KS: American Academy of Family Physicians; 2004. Available at <http://www.aafp.org/about/policies/all/adolescent-protecting.html>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ