一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)CDC Grand Round:児童虐待防止による・・・

MMWR抄訳

rss

2014/03/28Vol. 63 / No. 12

MMWR63(12):260-263
CDC Grand Rounds: Creating a Healthier Future Through Prevention of Child Maltreatment

CDC Grand Round:児童虐待防止による健康的な未来の構築

児童虐待は回避可能な悲劇であり、防止可能な公衆衛生上の問題である。2012年、アメリカでは身体的、性的、精神的およびネグレクトを含む児童虐待により1,593名の児童が死亡した。児童保護局への報告件数は推計340万件に達し、調査により70万人が虐待を受けたと確定されたが、潜在的な虐待件数はさらに多いと考えられる。2011年の児童および保護者を対象とした調査データから、毎年13.8%の児童が虐待され、25.6%が幼少期に何らかの虐待を経験することが示唆された。虐待は、児童に直接的な身体的および精神的脅威を与えるだけでなく、リスク行動につながる社会的、情緒的、認知的障害を与え、その結果、病気、外傷、身体障害、短命と生涯にわたって影響を及ぼす。成人17,000人以上を対象にした調査から、小児期の逆境的経験はその後の人生における負の転帰(うつ、自殺企図、アルコールまたは違法薬物乱用、喫煙、望まない妊娠、胎児死亡、性感染症、肥満、癌、糖尿病、虚血性心疾患、早死)の傾向増大に関連することが明らかになった。CDCの推計では、2008年の新規児童虐待による生涯経済損失は12,400万ドルに上り、その69.2%が生涯にわたる生産性低下、20.2%が医療保健、3.7%が特殊教育、3.6%が児童福祉、3.2%が刑事裁判に係る費用であった。児童虐待は発生前の防止が重要であり、児童の健全な発達と公衆衛生の促進に向けた対策の実施が必要である。CDCは、児童虐待防止に関する調査研究、活動のサポートや、Positive Parenting Program(Triple P)といった非営利法人活動の広報への資金協力を通じ、効果的な防止策の実施に寄与している。Triple Pはコミュニティ全体を対象とした広報や、多様な機会を利用したコンサルテーションに加え、実際に問題に直面している家庭に対してはより具体的な支援やカウンセリングを実施する教育および支援プログラムであり、実質的な成果を上げている。また、CDCが諮問するHealth Resources and Services Administrationの家庭訪問プログラムでは、児童の発達や養育に関する支援および養育者指導と訪問実施者の教育を行っている。家庭訪問は伝統的な保健衛生の範疇であり、費用対効果の高さも評価されている。州レベルでの児童虐待対策は未だ確立途上であるが、児童保護、刑事司法、教育などの各部局と公衆衛生の連携により、個人およびコミュニティを対象としたエビデンスに基づく児童虐待防止策の開発と発信が可能となる。こういった努力が児童を虐待から守り、発達に重要な時期における安全かつ安定的な養育関係構築の促進を可能とするであろう。

References

  • Leeb RT, Paulozzi L, Melanson C, Simon T, Arias I. Child maltreatment surveillance: uniform definitions for public health and recommended data elements, version 1.0. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2008. Available at <http://www.cdc.gov/violenceprevention/pdf/cm_surveillance-a.pdf>.
  • Administration on Children, Youth, and Families, Children’s Bureau. Child maltreatment 2012. Washington, DC: US Department of Health and Human Services, Administration for Children and Families; 2013. Available at <http://www.acf.hhs.gov/programs/cb/resource/child-maltreatment-2012>.
  • Sedlak AJ, Mettenburg J, Basena M, et al. Fourth national incidence study of child abuse and neglect (NIS-4): report to Congress. Washington, DC: US Department of Health and Human Services, Administration for Children and Families; 2010. Available from <http://www.acf.hhs.gov/programs/opre/abuse_neglect/natl_incid/index.html>.
  • Finkelhor D, Turner HA, Shattuck A, Hamby SL. Violence, crime, and abuse exposure in a national sample of children and youth. JAMA Pediatr 2013;167:614–21.
  • Algood CL, Hong JS, Gourdine RM, Williams AB. Maltreatment of children with developmental disabilities: an ecological systems analysis. Child Youth Serv Rev 2011;33:1142–8.
  • Stith SM, Liu TL, Davies LC, et al. Risk factors in child maltreatment: a meta-analytic review of the literature. Aggress Violent Behav 2009;14:13–29.
  • Coulton CJ, Crampton DS, Irwin M, Spilsbury JC, Korbin JE. How neighborhoods influence child maltreatment: a review of the literature and alternative pathways. Child Abuse Negl 2007;31:1117–42.
  • Freisthler B, Merritt DH, LaScala EA. Understanding the ecology of child maltreatment: a review of the literature and directions for future research. Child Maltreat 2006;11:263–80.
  • Middlebrooks JS, Audage NC. The effects of childhood stress on health across the lifespan. Atlanta, GA: US Department of Health and Human Services, CDC; 2008. Available at <http://www.cdc.gov/ncipc/pub-res/pdf/childhood_stress.pdf>.
  • Felitti VJ, Anda RF, Nordenberg D, et al. Relationship of childhood abuse and household dysfunction to many of the leading causes of death in adults: the Adverse Childhood Experiences (ACE) Study. Am J Prev Med 1998;14:245–58.
  • Brown DW, Anda RF, Tiemeier H, et al. Adverse childhood experiences and the risk of premature mortality. Am J Prev Med 2009;37:389–96.
  • Fang X, Brown D, Florence C, Mercy J. The economic burden of child maltreatment in the United States and implications for prevention. Child Abuse Negl 2012;36:156–65.
  • MacMillan HL, Wathan CN, Barlow J, Fergusson DM, Leventhal JM, Tausig HN. Interventions to prevent child maltreatment and associated impairment. Lancet 2009;373:250–66.
  • Prinz RJ, Sanders MR, Shapiro CJ, Whitaker DJ, Lutzker JR. Population-based prevention of child maltreatment: the U.S. Triple P system population trial. Prev Sci 2009;10:1–12.
  • Foster EM, Prinz RJ, Sanders MR, Shapiro CJ. The costs of a public health infrastructure for delivering parenting and family support. Child Youth Serv Rev 2008;30:493–501.
  • Task Force on Community Preventive Services. Recommendations to reduce violence through early childhood home visitation, therapeutic foster care, and firearms laws. Am J Prev Med 2005;28(2 Suppl 1):6–10.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ