一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)アメリカへの移民および難民に対する新しいTBスクリ・・・

MMWR抄訳

rss

2014/03/21Vol. 63 / No. 11

MMWR63(11):234-236
Implementation of New TB Screening Requirements for U.S.-Bound Immigrants and Refugees — 2007–2014

アメリカへの移民および難民に対する新しいTBスクリーニング検査実施の要求 ― 2007~2014年

アメリカ全体における結核(TB)症例数は20年以上にわたって減少し続けているが、他国を出生地とする症例は増加しており、2013年では64.6%が外国生まれの症例であった。また、アメリカには毎年約45万人の移民と5~7万人の難民が入国しており、CDCはこれらの移民および難民のTB感染の確認および治療法を開発した。1991年より、TBの診断は15歳以上を対象に胸部レントゲン検査にて行われ、TBが疑われる場合は喀痰塗抹標本の検査が行われていたが、2007年、CDCは診断方法として喀痰培養検査を採用し、陽性の場合は直接監視下療法(DOT)を行うこととした(CDOT TB TI)。CDCのDivision of Global Migration and Quarantine(DGMQ)によるこのプログラムは各国の指定医と連携して実施され、指定医の育成と指導により2007年4月9日にタイ(モンおよびビルマの難民)の難民スクリーニングプログラム、10月1日にメキシコおよびフィリピンの移民スクリーニングプログラムが実施された。その後、2011年には51カ国にて実施されるようになり、アメリカへの移民の70%がスクリーニング検査を受けた。2012年には指定医により約 1,100例がTBと診断され、症例の約60%が塗抹標本検査は陰性で培養検査にて陽性であった。また、14例が多剤耐性TBと診断された。以上、CDOT TB TIによりアメリカへの移民および難民における潜在的TB陽性例の診断および治療が可能となり、アメリカへの入国後1年以内のTB発症リスクが低下した。

References

  • CDC. Trends in tuberculosis—United States, 2013. MMWR 2014;63:229–33.
  • CDC. Decrease in reported tuberculosis cases—United States, 2009. MMWR 2010;59:289–94.
  • Liu Y, Weinberg MS, Ortega LS, Painter JA, Maloney SA. Overseas screening for tuberculosis in U.S.-bound immigrants and refugees. N Engl J Med 2009;360:2406–15.
  • Lowenthal P, Westenhouse J, Moore M, Posey DL, Watt JP, Flood J. Reduced importation of tuberculosis after the implementation of an enhanced pre-immigration screening protocol. Int J Tuberc Lung Dis 2011;15:761–6.
  • Schwartzman K, Oxlade O, Barr RG, et al. Domestic returns from investment in the control of tuberculosis in other countries. N Engl J Med 2005;353:1008–20.
  • Contreras AB, Brossa A, Mejia-Biaggi, Duarte O, Marcelino B, Leon P. Public-private partnership for immigration screening in the Dominican Republic. Int J Tuberc Lung Dis 2012;16(Suppl 1).
  • Maloney SA, Fielding KL, Laserson KF, et al. Assessing the performance of overseas tuberculosis screening programs: a study among US-bound immigrants in Vietnam. Arch Intern Med 2006;166:234–40.
  • Liu Y, Painter JA, Posey DL, et al. Estimating the impact of newly arrived foreign-born persons on tuberculosis in the United States. PLoS One 2012;7:e32158.
  • Hill AN, Becerra J, Castro KG. Modelling tuberculosis trends in the USA. Epidemiol Infect 2012;140:1862–72.
  • Lee D, Philen R, Wang Z, et al. Disease surveillance among newly arriving refugees and immigrants—Electronic Disease Notification System, United States, 2009. MMWR 2013;62(No. SS-7).

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ