一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)アルコールに起因する死亡と損失生存可能年数 ― 1・・・

MMWR抄訳

rss

2014/03/14Vol. 63 / No. 10

MMWR63(10):213-216
Alcohol-Attributable Deaths and Years of Potential Life Lost — 11 States, 2006–2010

アルコールに起因する死亡と損失生存可能年数 ― 11州、2006~2010年

過剰なアルコール摂取はアメリカで予防可能な死因の第4位であり、2006~2010年には毎年約88,000件の死亡と250万年分の損失生存可能年数(YPLL)、2006年には推定2,235億ドルの損失となった。州別のアルコールに起因する死亡(AAD)およびYPLLを評価するため、カリフォルニア、フロリダ、ミシガン、ネブラスカ、ニューメキシコ、ノースカロライナ、ノースダコタ、サウスダコタ、ユタ、バージニアおよびウィスコンシンの計11州における2006~2010年の間の最新データを用い、CDCのAlcohol-Related Disease Impactアプリケーションで分析した。年齢補正AAD率の中央値は10万人当たり28.5 (ニューメキシコ州: 50.9~ユタ州: 22.4)で、年齢に従い高くなり65歳以上(10万人当たり60.3)で最も高くなった。男性のAAD率は10万人当たり42.4と女性(同15.8)の2倍以上であった。年齢補正YPLL率の中央値は10万人当たり823 (ニューメキシコ州: 1,534~ユタ州: 634)で、35~49歳(10万人当たり1,183)で最も高く、男性(同1,215)が女性(同456)の2倍以上であった。AADの70%、YPLLの82%が生産年齢成人(20~64歳)における損失であった。人種/民族による差異が認められ、AADはノースダコタ州およびサウスダコタ州のアメリカインディアン/アラスカ原住民(AI/AN)で高く、他の州では黒人が高かった。YPLL率はAI/ANで高く、サウスダコタ州(10万人当たり4,195)~バージニア州(同200)と幅があった。AADを含むアルコールに起因する健康上の転帰およびYPLLを州別にモニタリングすることにより、自治体における予防策の策定と実施に役立つ。酒類の販売価格を高く設定する、販売店の出店制限、未成年者や泥酔者への販売による損害は販売者に法的責任を負わせる(酒場法)などにより、過剰なアルコール摂取による損失の低減が可能である。

References

  • Mokdad AH, Marks JS, Stroup DF, et al. Actual causes of death in the United States, 2000. JAMA 2004;291:1238–45.
  • Bouchery EE, Harwood H, Sacks JJ, Simon CJ, Brewer RD. Economic costs of excessive alcohol consumption in the U.S., 2006. Am J Prev Med 2011;41:516–24.
  • Community Preventive Services Task Force. Preventing excessive alcohol consumption. In: The guide to community preventive services. New York, NY: Oxford University Press; 2005. Available at <http://www.thecommunityguide.org/alcohol/index.html>.
  • CDC. Alcohol-attributable deaths and years of potential life lost—United States, 2001. MMWR 2004;53:866–70.
  • Sutocky JW, Shultz JM, Kizer KW. Alcohol-related mortality in California, 1980 to 1989. Am J Public Health 1993;83:817–23.
  • CDC. Alcohol-attributable deaths and years of potential life lost among American Indians and Alaska Natives—United States, 2001–2005. MMWR 2008;57:938–41.
  • CDC. Binge drinking—United States, 2011. MMWR 2013;62(Suppl 3):77–80.
  • Naimi TS, Blanchette J, Nelson TF, et al. A new scale of the U.S. alcohol policy environment and its relationship to binge drinking. Am J Prev Med 2014;46:10–6.
  • Branas CC, MacKenzie EJ, Williams JC, et al. Access to trauma centers in the United States. JAMA 2005;293:2626–33.
  • Stockwell T, Donath S, Cooper-Stanbury M, et al. Under-reporting of alcohol consumption in household surveys: a comparison of quantity-frequency, graduate-frequency and recent recall. Addiction 2004;99:1024–33.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ