一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)7歳児における2回接種水痘ワクチンの接種率 ― 6・・・

MMWR抄訳

rss

2014/02/28Vol. 63 / No. 8

MMWR63(8):174-177
Two-Dose Varicella Vaccination Coverage Among Children Aged 7 years — Six Sentinel Sites, United States, 2006–2012

7歳児における2回接種水痘ワクチンの接種率 ― 6定点、アメリカ、2006~2012年

2007年、Advisory Committee for Immunization Practices (ACIP)は水痘ワクチンの定期接種を12~15カ月の1回に加え、4~6歳に2回目の2回接種とする勧告を行った。ワクチン接種率を向上させる方法として、接種を入学要件とすることが有効である。2012年の定期接種実施状況の評価のため、水痘ワクチンの2回接種を小学校入学要件とする州の数を2007年と比較した。また、7歳児における2回接種率について予防接種情報システム(IIS)の6定点(ミシガン、ミネソタ、ノースダコタ、ウィスコンシン、オレゴンの5州およびニューヨーク市)のデータを解析した。2回接種を小学校入学要件とする4定点(ミシガン、ミネソタ、ノースダコタおよびウィスコンシン州)では、IISにおける6歳児の2回接種率を、連邦の予防接種事業として評価している幼稚園児の2回接種率と比較した。2回接種を小学校入学要件とする州は2007年の4州に対し、2012年には36州に増加した。6定点における7歳児の2回接種率は2006年に3.6%~8.9%であったが、2009年には平均72.4%、2012年には79.9%~92.0%に上昇し、同様に2回接種を定期接種とする麻疹・おたふく風邪・風疹(MMR)ワクチンの接種率81.9%~94.0%に近接する値となった。IISにおける6歳児の2回接種率は幼稚園児の接種率とほぼ同程度であり、入学要件が1回接種であるニューヨーク市に比較し統計的有意差はないものの、若干高い接種率であった。以上の結果は2007年のACIP勧告から6年間の実質的な進歩を表しており、医療関係者の甚大な接種推進努力が伺える。接種を入学要件とすることで、幼稚園児の水痘ワクチン2回接種率を95%とするHealthy People 2020の目標達成により近づくと考えられる。

References

  • CDC. Prevention of varicella: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR 2007;56(No. RR-4).
  • CDC. Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). General recommendations on immunization: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR 2006;55(No. RR-15).
  • Community Preventive Services Task Force. Universally recommended vaccinations: immunization information systems. In: Guide to community preventive services. Atlanta, GA: Community Preventive Services Task Force; 2010. Available at <http://www.thecommunityguide.org/vaccines/imminfosystems.html>.
  • Williams W, Lowery NE, Lyalin D, et al. Development and utilization of best practice operational guidelines for immunization information systems. J Public Health Manag Pract 2011;17:449–56.
  • US Census Bureau. State single year of age and sex population estimates: April 1, 2010 to July 1, 2012—resident. Washington, DC: US Census Bureau; 2012. Available at <http://www.census.gov/popest/data/state/asrh/2012/index.html>.
  • CDC. Vaccination coverage among children in kindergarten—United States, 2012–13 school year. MMWR 2013;62:607–12.
  • Guris D, Jumaan AO, Mascola L, et al. Changing varicella epidemiology in active surveillance sites—United States, 1995–2005. J Infect Dis 2008;197:S71–5.
  • Marin M, Zhang JX, Seward JF. Near elimination of varicella deaths in the US after implementation of the varicella vaccination program. Pediatrics 2011;128:214–20.
  • Lopez AS, Zhang J, Brown C, Bialek S. Varicella-related hospitalizations in the United States, 2000–2006: the 1-dose varicella vaccination era. Pediatrics 2011;127:238–45.
  • Bialek SR, Perella D, Zhang J, et al. Impact of a routine 2-dose varicella vaccination program on varicella epidemiology. Pediatrics 2013;132:e1134–40.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ