一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)HIVと診断された乳児の追跡 ― 早期乳児診断プロ・・・

MMWR抄訳

rss

2014/02/21Vol. 63 / No. 7

MMWR63(7):158-160
Follow-Up of Infants Diagnosed with HIV — Early Infant Diagnosis Program, Francistown, Botswana, 2005–2012

HIVと診断された乳児の追跡 ― 早期乳児診断プログラム、フラシスタウン、ボツワナ、2005~2012年

2005年6月、HIVに感染した母親から生まれた乳児に対し、生後6週目にPCR法を用いたHIV検査が開始され[Early Infant Diagnosis(EID)プログラム]、2005~2012年の間、ボツワナ、フランシスタウンの13の産後ケア施設にてHIV感染症と診断されたすべての乳児の追跡調査が実施された。HIV感染症の母親から生まれた乳児10,923例うち、7,772例(71%)にHIV検査が行われ、202例(2.6%)がHIV感染症と診断された。うち153例(75%)の母親がHIV検査後カウンセリングを受け、123例(60%)の乳児が抗レトロウイルス療法(ART)を受けた。出生からEIDによる検査までの期間は9(6~23)週間、乾燥血液スポット検体採取から検査後カウンセリングまでの期間は4(3~7)週間、検査後カウンセリングからART開始までの期間は3(1~9)週間であり、出生からART開始までの期間は23(15~48)週間であった。2013年9月までに82例(41%)が生存し、ARTを受けており、79例(39%)が死亡(ART開始前:56、開始後:23)、202例のHIV感染新生児の全死亡率は12.7/100例・年(ART実施例:4.6、ART未実施例:75.2/100例・年)であった。死亡したHIV感染児の死因は50例にて明らかであり、肺炎(25例)が最も多く、胃腸炎(9例)、敗血症(3例)と続き、また、追跡不能例は24例(12%)、調査対象地域外への転出が16例(8%)、家族によるART実施拒否が1例(0.5%)であった。以上、HIV感染症の母親から出生した新生児へのHIV検査による早期診断はARTの実施および治療の継続を促進し、死亡率の低下をもたらすことが示唆された。

References

  • Creek T, Tanuri A, Smith M, et al. Early diagnosis of human immunodeficiency virus in infants using polymerase chain reaction on dried blood spots in Botswana’s national program for prevention of mother-to-child transmission. Pediatr Infect Dis J 2008;27:22–6.
  • Violari A, Cotton MF, Gibb DM, et al. Early antiretroviral therapy and mortality among HIV-infected infants. N Engl J Med. 2008;359:2233–44.
  • Becquet R, Marston M, Dabis F, et al. Children who acquire HIV infection perinatally are at higher risk of early death than those acquiring infection through breastmilk: a meta-analysis. PloS One 2012;7:e28510.
  • Boender TS, Sigaloff KC, Kayiwa J, et al. Barriers to initiation of pediatric HIV treatment in Uganda: a mixed-method study. AIDS Res Treat 2012;817506.
  • Ciaranello AL, Park JE, Ramirez-Avila L, Freedberg KA, Walensky RP, Leroy V. Early infant HIV-1 diagnosis programs in resource-limited settings: opportunities for improved outcomes and more cost-effective interventions. BMC Med 2011;9:59.
  • Chiduo MG, Mmbando BP, Theilgaard ZP, et al. Early infant diagnosis of HIV in three regions in Tanzania; successes and challenges. BMC Public Health 2013;13:910.
  • Lilian RR, Kalk E, Technau KG, Sherman GG. Birth diagnosis of HIV infection in infants to reduce infant mortality and monitor for elimination of mother-to-child transmission. Pediatr Infect Dis J 2013;32:1080–5.
  • Seidenberg P, Nicholson S, Schaefer M, et al. Early infant diagnosis of HIV infection in Zambia through mobile phone texting of blood test results. Bull World Health Organ 2012;90:348–56.
  • World Health Organization. Consolidated guidelines on the use of antiretroviral drugs for treating and preventing HIV infection. Recommendations for a public health approach 2013. Geneva, Switzerland: World Health Organization; 2013. Available at: <http://www.who.int/hiv/pub/guidelines/arv2013/download/en/index.html>.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ