一般財団法人 国際医学情報センター 信頼できる医学・薬学・医療情報を適切に提供することによって健康社会に貢献します。

一般財団法人 国際医学情報センター

IMICライブラリ IMIC Library

ホームIMICライブラリMMWR抄訳2014年(Vol.63)2013~2014年の季節性インフルエンザワクチン・・・

MMWR抄訳

rss

2014/02/21Vol. 63 / No. 7

MMWR63(7):137-142
Interim Estimates of 2013–14 Seasonal Influenza Vaccine Effectiveness — United States, February 2014

2013~2014年の季節性インフルエンザワクチン有効性の中間評価 ― アメリカ、2014年2月

アメリカでは、生後6カ月以降のすべての人に季節性インフルエンザに対する毎年のワクチン接種を推奨している。インフルエンザに関連した急性呼吸器疾患(ARI)の予防に対する季節性インフルエンザワクチンの暫定的な有効性を評価するために、2013年12月2日~2014年1月23日の間のU.S. Influenza Vaccine Effectiveness(Flu VE)Networkのデータを使用した。疾患発症7日以内およびインフルエンザ抗ウイルス薬が未投与で、咳を伴うARIのために外来を受診した生後6カ月以降の小児および成人患者2,319例を対象とした。各患者の呼吸器検体を採取し、CDCのリアルタイム(r)RT-PCRプロトコールを使用してU.S. Flu VE Network検査室で検査した。2,319例のうち、784例(34%)はrRT-PCR法によるインフルエンザウイルス陽性で、内訳は、インフルエンザA型:778例(99%)、B型:6例(1%)であった。Aウイルスのサブタイピングを実施した755例中、742例(98%)がpH1N1であった。患者の割合は施設の場所、年齢、人種/民族、発症から登録までの間隔により異なり、5カ所の研究施設(ミシガン州、ペンシルバニア州、テキサス州、ワシントン州、ウィスコンシン州)間でのワクチン接種率は38~48%であった。2013~2014年の季節性インフルエンザのワクチン接種率は、症例間では29%であったのに対し、インフルエンザ陰性の対照間では50%であった。研究施設の場所、年齢、性別、人種/民族、自己評価した健康状態、発症から登録までの日数による調整後では、医療機関を受診したインフルエンザに起因するARIに対するワクチン有効性は61%であった。pH1N1ウイルス感染が原因のARIに対しては、すべての年齢における調整されたワクチン有効性は62%で、世代間で同様(56~67%)あった。2013~2014年の季節性インフルエンザワクチンは、今シーズン優勢であるpH1N1インフルエンザウイルスに対し相当な予防効果があることが示された。生後6カ月以降で今シーズンのワクチンが未接種の人は、予防接種を実施すべきである。また、抗ウイルス薬はインフルエンザ疾患治療のための重要なセカンドラインであり、重症または進行性疾患(例、入院患者)でインフルエンザが疑われる患者、およびインフルエンザからの合併症のリスクが高い患者に対しては、早期の抗ウイルス薬治療が推奨される。

References

  • CDC. Prevention and control of influenza with vaccines: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP)—United States, 2012–13 influenza season. MMWR 2012;61:613–8.
  • CDC. Update: influenza activity—United States, September 29, 2013–February 8, 2014. MMWR 2014;63:148–54.
  • CDC. Antiviral agents for the treatment and chemoprophylaxis of influenza: recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices (ACIP). MMWR 2011;60(No. RR-1).
  • Ohmit SE, Thompson MG, Petrie JG, et al. Influenza vaccine effectiveness in the 2011–2012 season: protection against each circulating virus and the effect of prior vaccination on estimates. Clin Infect Dis 2014;58:319–27.
  • Griffin MR, Monto AS, Belongia EA, et al. Effectiveness of non-adjuvanted pandemic influenza A vaccines for preventing pandemic influenza acute respiratory illness visits in 4 U.S. communities. PLoS One 2011;6:e23085.
  • Bateman AC, Kieke BA, Irving SA, Meece JK, Shay DK, Belongia EA. Effectiveness of monovalent 2009 pandemic influenza A virus subtype H1N1 and 2010–2011 trivalent inactivated influenza vaccines in Wisconsin during the 2010–2011 influenza season. J Infect Dis 2013;207:1262–9.
  • Treanor JJ, Talbot HK, Ohmit SE, et al. Effectiveness of seasonal influenza vaccines in the United States during a season with circulation of all three vaccine strains. Clin Infect Dis 2012;55:951–9.
  • Skowronski DM, Chambers C, Sabaiduc S, et al. Interim estimates of 2013/14 vaccine effectiveness against influenza A (H1N1)pdm09 from Canada’s sentinel surveillance network, January 2014. Euro Surveill 2014;19(5).
  • 9. Thompson MG, Li DK, Shifflett P, et al. Effectiveness of seasonal trivalent influenza vaccine for preventing influenza virus illness among pregnant women: a population-based case-control study during the 2010–2011 and 2011–2012 influenza seasons. Clin Infect Dis 2014;58:449–57.
  • De Serres G, Skowronski DM, Wu XW, Ambrose CS. The test-negative design: validity, accuracy and precision of vaccine efficacy estimates compared to the gold standard of randomised placebo-controlled clinical trials. Euro Surveill 2013;18:20585.

このコンテンツに「いいね」する

ページトップへ

一般財団法人 国際医学情報センター

〒160-0016 
東京都新宿区信濃町35番地 信濃町煉瓦館
TEL:03-5361-7080 (総務課)

WEBからのお問い合わせ

財団や各種サービスについてのお問い合わせ、お見積もりのご依頼、
サービスへのお申し込みはこちらをご覧ください。

お問い合わせ